トップに戻る
スポット情報 グルメ 「ラーメン」

エビス軒

→詳細情報
市電「松風町」電停から徒歩2分。老舗ラーメン店のひとつ。人気の塩バターコーンラーメンは札幌風のコクのあるスープが特徴。「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店。
所在地 函館市松風町3-10
営業時間 17:00~25:00
定休日 日曜日、12月31日、1月1日
電話番号 0138-22-1262

らーめん&カレーぱんだ

→詳細情報
辛さが後を引く野菜たっぷりの「味噌カレーらーめん(税込830円)」と、昆布、かつお、アサリなど魚介のだしがきいた「塩らーめん(税込680円)」、どちらも個性的でおすすめ。
所在地 函館市若松町18-4
営業時間 11:30~14:00(LO14:00)、18:00~23:30(LO23:00)※日曜は~22:00
定休日 月曜日
電話番号 0138-27-2350

函館麺厨房あじさい 本店

→詳細情報
特別史跡五稜郭跡の近くにある老舗ラーメン店。地元の住民や観光客のかたが多く訪れている。シンプルであっさりとした「味彩塩拉麺」が人気。
所在地 函館市五稜郭町29-22
営業時間 11:00~20:30(ラストオーダー20:25)
定休日 第4水曜日(祝祭日の時は翌平日)
電話番号 0138-51-8373

キッチン中華 あじたか

→詳細情報
特別史跡五稜郭跡の近くにある創業50年以上の老舗ラーメン店。伝統の味を守り続けている「塩ラーメン」のほか、ピカソ、ゴッホなど有名画家シリーズの料理も人気。
所在地 函館市五稜郭町36-7
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休(月1~2回)
電話番号 0138-51-7515

ラーメンちゃんぽん 長崎家

→詳細情報
いちおしは長崎出身の店主が作る具だくさんの「長崎ちゃんぽん(税込750円)」。函館風にアレンジしたまっすぐな太麺が、だしのきいたスープをしっかり抱き込む。
所在地 函館市五稜郭町32-2 粂センタービル1F
営業時間 11:30~15:00、19:00~26:00
定休日 日曜日・祝日
電話番号 0138-55-3815

函館麺や一文字 総本店

→詳細情報
メニューが豊富で、鶏ガラによるあっさり系、豚骨のこってり系、どちらのスープも楽しめる人気店。「塩らーめん(719円+税)」は昆布とトビウオのだしで、上品な味わい。
所在地 函館市湯川町2-1-3
営業時間 11:00~25:00(LO24:30)
定休日 不定休
電話番号 0138-57-8934

らーめんのりんさん

→詳細情報
湯の川温泉近くにある創業60年以上の老舗ラーメン店。創業時からの味を守りつづけている「塩ラーメン」のほか、もちもち皮の手作りのギョウザも人気がある。
所在地 函館市湯川町1-9-13
営業時間 11:30~19:00
定休日 金曜日
電話番号 0138-57-7756

グリル塩豚

→詳細情報
塩ラーメン1杯が300円+税という破格の価格のラーメン店。塩ラーメンだけでなく、5日以上ねかせて熟成させた豚ロース、豚バラ肉も人気。その名のとおり、塩と豚にこだわった店。
所在地 函館市湯川町1-9-15
営業時間 11:00~21:00(LO20:30)
定休日 第1・2・3・5月曜日(月曜が祝日の場合は営業、火曜休み)
電話番号 0138-57-5240

函館元祖 バスラーメン

→詳細情報
小型バスを改良し、函館市内を移動しながら夫婦でラーメンを販売している。あっさりとした塩ラーメンが人気で、地元市民をはじめ旅行客にもファンが多い。
所在地 函館市湯川町2丁目4-21
営業時間 20:30~25:00
定休日 不定休
電話番号 090-2873-7173

ブルートレイン

→詳細情報
市電「湯の川温泉」で下車して五稜郭方面へ徒歩1分。青い貨車をそのまま店舗に利用しているのが特徴。あっさりと飽きない味を目指した「塩ラーメン」はオーナー自信の一品。
所在地 函館市湯川町1-26-22
営業時間 11:00~17:00(LO16:00)
定休日 火・水曜日
電話番号 0138-59-5051


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中