トップに戻る
スポット情報 グルメ 「ラーメン」
新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

ラーメン高橋屋

→詳細情報
10時間以上煮込んだこってり系スープと、鶏のうまみが凝縮されたあっさり系スープが、週ごとに入れ替わる。札幌系の味噌らーめんがおすすめ。
所在地 函館市大森町33-1
営業時間 11:00~15:00(土・日曜日は15:30まで)
定休日 水曜日
電話番号 0138-27-3313

麺屋いなせ

→詳細情報
自由市場内のラーメン店。味噌ラーメン、塩ラーメン、海鮮あんかけ焼きそばが人気。餃子をはじめ酒のつまみも充実。朝7時半より営業。自由市場で購入した刺身等の持ち込み可。
所在地 函館市新川町1-2 はこだて自由市場内
営業時間 7:30~LO16:30(スープがなくなり次第閉店)
定休日 日曜日、年末年始(自由市場の営業日に準ずる)
電話番号 0138-23-3677

中華料理 大国屋

→詳細情報
函館山ふもとの西部地区、弁天町の大黒通り商店街に面した、1974(昭和49)年創業の中華料理店。店主がベトナム出身なので、中華のほかに本格ベトナム料理も味わえる。
所在地 函館市弁天町13-6
営業時間 11:00~19:00(18:00まで電話すれば延長可能)
定休日 第2・3月曜日
電話番号 0138-26-8848

らーめん屋 まつ笠

→詳細情報
国道5号線を大沼方面へ進み、七飯町に入ってすぐ。一番人気は「こってり味噌」だが、豚骨ベースでじっくり作ったスープの「こってり正油」も隠れた逸品。
所在地 北海道亀田郡七飯町大川1丁目2-10
営業時間 11:00~22:00(LO21:30)
定休日 12月31日、1月1日
電話番号 0138-65-0550

函館ベイ美食倶楽部

→詳細情報
ベイエリアの複合飲食施設。海鮮丼、塩ラーメン、ジンギスカン、スープカレーなど7店舗があり、北海道ならではの料理が味わえる。敷地内には天然温泉の足湯も(冬期除く)。
所在地 函館市豊川町12-7
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-23-6111(ラビスタ函館ベイ)

函館朝市どんぶり横丁市場

→詳細情報
JR函館駅そばの函館朝市の一角にあり、新鮮な魚介類が味わえる食堂をはじめ、市内の有名ラーメン店、海産物を扱うみやげ店など、函館の味約20店が軒を連ねている。
所在地 函館市若松町9-15
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-22-6034(事務局)

函館ひかりの屋台 大門横丁

→詳細情報
函館駅前の繁華街、大門地区にある屋台村。居酒屋、焼鳥、ジンギスカン、ラーメンなど個性豊かな26店が集まっており、地元函館市民をはじめ、多くの観光客が訪れる。
所在地 函館市松風町7-5
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-24-0033(はこだてティーエムオー) ※カーナビ検索には使えません

同楽舎(2017年6月から長期休業)

→詳細情報
谷地頭電停前に位置する担々麺のみで勝負している店。特注のストレート麺に、コクと後味の爽やかさを両立させたスープが絡む。辛みは調整可能。2017年6月から長期休業。
所在地 函館市谷地頭町25-15
定休日 長期休業中

星龍軒(2018年4月閉店)

→詳細情報
※2018年4月閉店(函館朝市近く。昔ながらの塩ラーメンが味わえる。函館ラーメンの基本である澄んだスープにストレート麺のシンプルさが特徴)
所在地 函館市若松町7-3
営業時間 閉店

昭和苑(閉店)

→詳細情報
※閉店(市内中心部から離れた立地ながら、地元ラーメン通が通う店として知られる。原材料が値上がりする中、いまだに塩ラーメン510円の価格を守り通している)
所在地 函館市昭和3丁目36-1 昭和ビル1階
営業時間 閉店


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中