トップに戻る
スポット情報 グルメ 「ラーメン」
新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

ブルートレイン

→詳細情報
市電「湯の川温泉」で下車して五稜郭方面へ徒歩1分。青い貨車をそのまま店舗に利用しているのが特徴。あっさりと飽きない味を目指した「塩ラーメン」はオーナー自信の一品。
所在地 函館市湯川町1-26-22
営業時間 11:00~16:00(LO15:30)
定休日 火・水曜日
電話番号 0138-59-5051

ラーメン高橋屋

→詳細情報
10時間以上煮込んだこってり系スープと、鶏のうまみが凝縮されたあっさり系スープが、週ごとに入れ替わる。札幌系の味噌らーめんがおすすめ。
所在地 函館市大森町33-1
営業時間 11:00~15:00(土・日曜日は15:30まで)
定休日 水曜日
電話番号 0138-27-3313

麺屋いなせ

→詳細情報
自由市場内のラーメン店。味噌ラーメン、塩ラーメン、海鮮あんかけ焼きそばが人気。餃子をはじめ酒のつまみも充実。朝7時半より営業。自由市場で購入した刺身等の持ち込み可。
所在地 函館市新川町1-2 はこだて自由市場内
営業時間 7:30~LO16:30(スープがなくなり次第閉店)
定休日 日曜日、年末年始(自由市場の営業日に準ずる)
電話番号 0138-23-3677

らーめん屋 まつ笠

→詳細情報
国道5号線を大沼方面へ進み、七飯町に入ってすぐ。一番人気は「こってり味噌」だが、豚骨ベースでじっくり作ったスープの「こってり正油」も隠れた逸品。
所在地 北海道亀田郡七飯町大川1丁目2-10
営業時間 11:00~21:00(LO20:45)
定休日 12月31日、1月1日
電話番号 0138-65-0550

うみまち食堂 菜の花

→詳細情報
函館市郊外・恵山エリアの道の駅に隣接する食堂。縄文遺跡のある南茅部エリアからも車で約30分。海の幸を生かした多彩なメニューが味わえる。日曜日も営業。
所在地 函館市日ノ浜町35-1
営業時間 11:00~15:00(LO14:30)
定休日 木曜日、第1・3金曜日
電話番号 0138-85-2287

すし処 㐂川

→詳細情報
函館市東部の南茅部エリア、垣ノ島遺跡・縄文文化交流センターから車で数分、徒歩なら15分程度の寿司店。小上がりもあり、寿司のほか、ラーメンや定食などが食べられる。
所在地 函館市臼尻町194
営業時間 11:30~14:00、16:00~21:00
定休日 日曜日
電話番号 0138-25-5959

函館ベイ美食倶楽部

→詳細情報
ベイエリアの複合飲食施設。海鮮丼、塩ラーメン、ジンギスカン、スープカレーなど7店舗があり、北海道ならではの料理が味わえる。
所在地 函館市豊川町12-7
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-23-6111(ラビスタ函館ベイ)

函館朝市どんぶり横丁市場

→詳細情報
JR函館駅そばの函館朝市の一角にあり、新鮮な魚介類が味わえる食堂をはじめ、市内の有名ラーメン店、海産物を扱うみやげ店など、函館の味約20店が軒を連ねている。
所在地 函館市若松町9-15
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-22-6034(事務局)

函館ひかりの屋台 大門横丁

→詳細情報
函館駅前の繁華街、大門地区にある屋台村。居酒屋、焼鳥、ジンギスカン、ラーメンなど個性豊かな26店が集まっており、地元函館市民をはじめ、多くの観光客が訪れる。
所在地 函館市松風町7-5
営業時間 店舗によって異なる
定休日 店舗によって異なる
電話番号 0138-24-0033(はこだてティーエムオー) ※カーナビ検索には使えません

麺倶楽部 ASIAN 炙(2018年閉店)

→詳細情報
2018年閉店(多くの観光施設が集まるベイエリアにあるラーメン店。あっさり味のスープが特徴的な函館塩ラーメンや、店のこだわりが詰まった味噌ラーメンなどが人気)
所在地 函館市末広町13-21
営業時間 閉店


グルメ回転ずし 函太郎
Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
広告募集中