トップに戻る

スポット情報 体験 「ビューティー」

ラビスタ函館ベイ・癒し処 夢語

ラビスタはこだてベイ・いやしどころ ゆめがたり


13階から見えるのは函館山と西部地区をはじめとする観光スポット。抜群の眺望と、旅の疲れを癒すアロママッサージなど様々なリラクゼーションコースが充実。

2008年4月、ベイエリアにオープンしたホテル・ラビスタ函館ベイは、 大正浪漫をコンセプトとした佇まい。JR函館駅、教会や坂のある西部地区にも近く、抜群のアクセスのよさに加え、眺望の素晴らしさも人気のひとつです。大浴場・露天風呂と同じ最上階(13階)にある「癒し処 夢語」は、天上の世界の魅力たっぷりのリラクゼーションサロン。宿泊者のみならず、一般のかたも利用できます(事前の電話予約が確実)。

エレベーターを降りると、受付の向こうの大きな窓が目にとびこんできます。函館を代表する観光スポット、函館山と西部地区が一望できるロケーションに、胸が高鳴ります。個室は、天井が高くゆったりとした空間。外壁全面がガラス窓でブラインドがかかっており、希望に応じてルーバーの角度を調節できます。取材時(7月下旬の19時~)は、うっすらと霧に覆われたベイエリアが美しく輝きはじめた時間帯。施術が終わる頃には、煌めく夜景が見事に浮かび上がって、思わず歓声をあげてしまいました。ここでしか味わえない贅沢なひととき。自分へのご褒美にぴったりです。

コースは幅広く、フェイシャルトリートメント(50分6000円+税~)、リンパドレナージュ(ボディ60分8800円+税~)、ボディケア(30分3700円+税~)、リフレクソロジー(30分3700円+税~)、ゲルマニウム温浴(20分1600円+税、2名同時の利用も可能)など。季節に合わせたオイルやクリームが用意されているのも嬉しいところです。なお、妊婦のかたや、医師による治療を受けているかたは、事前にご相談を。男性の利用も可能です。

関連記事
 ラビスタ函館ベイの「日本一の朝ごはん」
 シェリーズバー


※編集室N(撮影/編集室M) 2012/7/25取材、8/1公開 2018/11 更新


ラビスタ函館ベイ・癒し処 夢語
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市豊川町12-6  Googleマップで開く
問合せ先 ラビスタ函館ベイ
電話番号 0138-23-6111
営業時間 15:00~24:00(最終受付23:30。一部コースにより異なります)
定休日 無休
料金 リフレクソロジー3700円~、フェイシャル6000円~、ボディトリートメント8800円~。いずれも税別
アクセス 市電 「十字街」電停 下車 徒歩5分
駐車場 あり(ラビスタ函館ベイ駐車場、170台)
関連リンク リラクゼーション(LA VISTA 函館ベイ)
眺望がいい、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)、英語看板、中国語看板、韓国語看板、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
はこだて亭
JTB
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館山ロープウェイ
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
金森赤レンガ倉庫
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
近畿日本ツーリスト
函館タクシー
竹葉
国際ホテル
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
広告募集中