トップに戻る

スポット情報 体験 「体験観光」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

着てそぞろ(あつらえ庵)

きてそぞろ(あつらえあん)


着物をレンタルして着付けてもらうサービス「着てそぞろ」。函館の観光スポットに友達と和装で出かけたり、カップルで浴衣を着て花火を楽しんだりと、楽しみかたいろいろ。

旅先で着物のレンタルと着付けのサービスを受けられる「着てそぞろ」。
 
予約は、まず着付けのあつらゑ庵(090-5985-2000)に電話を。遅くとも当日朝まで受け付けてくれます(予約なしでも対応可能ですが、予約優先)。サービスが受けられるのは、着付けに必要な時間を含めて5時間です。電話で、希望日時、着る人の人数、着物や履物をレンタルする場合は身長・足の大きさを伝えます。借りる着物は「赤系で」「シックな感じ」といった具合におおまかな希望を伝えて。着る人の好み、着て行くシチュエーションなどを考慮して、着付けの先生がきめ細かく相談にのってくれます。

今回は、季節感のある色柄で3種類のバリエーションが用意され、その中から選びました。緊張しながら鏡の前に立つと、先生の見事な手さばきで、見る見るうちに着付けが進みます。窮屈さはなく、背筋が伸びて自然と体が引き締まる感覚。着付けにかかった所要時間は約15分ほど。気温に合わせて羽織やショールも借りることができ、今回は着物、帯、履物、小物類、合わせて8点をレンタルしました。レンタル料金は着物のグレードで決まり、カジュアル着物の場合、これだけ借りても2778円+税というリーズナブルさ。「着物を着て出かける楽しさを、気軽に味わってほしい」との価格設定だそうです。
 
着物を着て、いざハイカラな赤レンガ倉庫と港の風景が魅力的な街へ。和と洋。山と海。過去と未来。対極の要素が美しく馴染む函館の景色に、自分も溶け込んでいくようです。男性のレンタル・着付けもできるので、デートにもおすすめ。あなたも和風美人に変身して、函館の街を歩いてみませんか?

なお、当初本拠地にしていたベイエリアのカフェの閉店にともない、現在は、橋本着付教室(函館市青柳町24-17)での着付けになります。西部地区(十字街、末広町、元町近辺)への送迎もしてもらえますので、電話でご相談を。

※記者S 2015/4/9取材、4/24公開 2019/7 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
着てそぞろ(あつらえ庵)
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市青柳町24-17  Googleマップで開く
問合せ先 あつらえ庵(橋本着付教室)
電話番号 090-5985-2000  ※カーナビ検索には使えません
営業時間 平日13:00~17:00、土日祝10:00~17:00
定休日 月曜日
料金 浴衣・カジュアル着物2778円+税、着物3704円+税~(着付けのみの場合、浴衣1852円+税、着物2315円+税)
アクセス 市電 「宝来町」電停 下車 徒歩5分
駐車場 無料駐車場あり(4台)
体験メニュー(要予約)、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、無料Wi-Fi


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中