トップに戻る

スポット情報 体験 「体験観光」

HOMIE redbrick warehouse

ホーミー レッドブリック ウェアハウス


2015年7月にオープンしたボルダリングジム。古い倉庫を格好よくリノベーションした建物が印象的。子どもや初心者の体験から、上級者の本格的なトレーニングまで対応できる。

市電「函館どつく前」電停からすぐ近く、倉庫や水産会社が並ぶ海辺のエリアにオープンしたHOMIE。お洒落な赤レンガの外観が目を引きます。築90年の雰囲気のある建物は、もともと漁具の倉庫として使われていたそう。この天井の高い造りをいかして、二つの部屋に高さ4mほどのボルダリング用壁面が設えられています。
 
今回は、ボルダリング未体験の中学生にトライしてもらいました。登録料と専用シューズレンタル代、2時間の施設使用料がセットになったビギナーズパック(税込2000円、初回のみ利用可)で。2回目以降は、一般の場合、平日の14~18時(税込1300円)、平日終日(税込1500円)、土日祝終日(税込1800円)。シューズレンタルは税込300円です。体験する場合は、動きやすく、滑り止めのチョーク粉で多少汚れても良い服装で。更衣ブースが二つあるので、その場で着替えることもできます。
 
最初に軽く手足のストレッチを行った後、説明を受けます。壁面にたくさん並ぶカラフルな石「ホールド」は、色ごとに難易度の違うコースになっていて、S(スタート)から同じ色のホールドをたどってG(ゴール)を目指します。「ここをつかんで、次はここに足を移動して......」、体だけではなく、頭も使う様子。説明を受けたら、いざ挑戦です。アドバイスを受けながら、3回目のチャレンジで見事ゴールまで到達できました。「筋力だけではなく、体幹バランスやいろんな要素を使うので、ちょっとしたコツが分かると子どもや女性でも上まで行けるんですよ」と、オーナーの高野さん。
 
次々と利用者が訪れる中で、休憩を取りながら他の人が上る様子を見つめて待つという自然な流れが。誰かがゴールのホールドをしっかりつかんだ瞬間には、拍手が起こります。傾斜角100°以上の壁では、常連の人たちがトレーニングをしていました。急傾斜の壁に取り組む上級者を眺めているのも、ワクワクします。店名の「HOMIE」とは、家族のような気心の知れた仲間という意味。その名のとおり、大人も子どもも混ざり合ってボルダリングを楽しむことができる場所へ、ぜひ訪れてみてください。

※記者S 2015/9/5取材、9/10公開 2019/9 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間変更の場合があります
HOMIE redbrick warehouse
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市入舟町1-22  Googleマップで開く
電話番号 0138-86-6440
営業時間 平日14:00~22:30、土日祝12:00~20:00
定休日 水曜日
料金 ビギナーズパック2000円(登録料&レンタルシューズ&2時間利用)
アクセス 市電 「函館どつく前」電停 下車 徒歩1分
駐車場 無料駐車場あり(5台(左となり駐車場No20~24))
関連リンク HOMIE ホーミー
Facebook HOMIE redbrick warehouse
体験メニュー(予約不要)、雨や雪でも楽しめる、市電から徒歩5分以内、無料駐車場、入館できる古建築


金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
広告募集中