トップに戻る
スポット情報 体験 「公園」
新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

はこだて(大門)グリーンプラザ

→詳細情報
市民や観光客の憩いの場として整備された多目的スペース。春~秋に数多くのイベントが開催される。月光仮面の原作者、川内康範氏(函館出身)寄贈による像でも知られる。
所在地 函館市松風町2-23
電話番号 0138-24-0033 ※カーナビ検索には使えません

函館市熱帯植物園

→詳細情報
園内には300種の熱帯植物が生い茂り、冬には温泉に浸かるサルの姿も。湯の川温泉の源泉を、植物園を利用した入園者が自由に利用できる足湯の施設もあり。小中生向け各種イベントも多彩。
所在地 函館市湯川町3-1-15
開園時間 9:30~18:00(4~10月)、9:30~16:30(11~3月)
休園日 12月29~31日、1月1日
電話番号 0138-57-7833

湯川黒松林

→詳細情報
金森倉庫の創業者・初代渡辺熊四郎が私財を投じて1889(明治22)年から造林した、北海道最初の防風砂防林。湯の川温泉街の中に、900本余のクロマツの緑地が広がる。
所在地 函館市湯川町1-7-55
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

空港緑地 高松展望広場

→詳細情報
目の前を飛行機が行き交う、函館空港滑走路脇の小公園。夏は水遊びもできる。あずまや、ベンチ、休憩所、トイレ等を設置。湯の川温泉、函館空港から車で約5分。
所在地 函館市高松町435-78
開園時間 8:00~18:00(4~11月)、9:00~17:00(12~3月)
電話番号 0138-21-3431 ※カーナビ検索には使えません

根崎公園

→詳細情報
アーチェリー場、ラグビー場、少年運動広場があり、地元の人のスポーツの場として使われている。公園のすぐ上を飛行機が飛ぶので、飛行機好きの子どもたちにも人気。
所在地 函館市湯川町3-6
電話番号 0138-21-3431 ※カーナビ検索には使えません

笹流ダム(前庭広場)

→詳細情報
大正12年、日本で最初に建設されたバットレスダムで土木遺産に認定。前庭広場は芝生で覆われ、春は桜、秋は紅葉の名所として市民に親しまれている。
所在地 函館市赤川町313
開園時間 (4月第3土曜日~9月30日)9:00~17:00 (10月1日~11月23日)8:30~16:30
休園日 11月24日~4月第3土曜日の前日
電話番号 0138-46-3282 ※カーナビ検索には使えません

ダム公園

→詳細情報
新中野ダムの下流にある自然豊かな公園。北海道の代表的なダムの模型があり、楽しみながらダムのことが学べる。春は桜、夏は水遊び、秋は紅葉が楽しめる。
所在地 函館市亀田中野町363
開園時間 (4月第3土曜日~9月30日)9:00~17:00、(10月1日~11月23日)8:30~16:30
休園日 11月24日~4月第3土曜日の前日
電話番号 0138-46-3282 ※カーナビ検索には使えません

梁川交通公園

→詳細情報
交通事故防止のため、幼児・小・中学生を対象に交通知識や交通マナーを体得させることを目的として開園した施設。小中学生が利用できるゴーカートが人気(1周60円)。
所在地 函館市梁川町24-2
開園時間 9:00~17:00
休園日 月曜日(祝日の時は翌日休)、11~3月
電話番号 0138-52-1637

川汲公園

→詳細情報
函館市の南茅部エリアにある自然豊かな公園。「かっくみ」と読む。春はソメイヨシノ、八重桜、秋は紅葉の名所として賑わう。川が流れており、ニホンザリガニなどの貴重種も。
所在地 函館市川汲町
開園時間 5月上旬~11月下旬
休園日 12月~4月
電話番号 0138-25-5084

大沼国定公園

→詳細情報
公園には大小126もの小島が浮かび、そのいくつかは橋で結ばれ網の目のように道が続いて、島巡りの遊歩道となっている。サイクリングやボート、遊覧船などで楽しく遊べる。
所在地 北海道亀田郡七飯町
休園日 無休
電話番号 0138-65-2517 ※カーナビ検索には使えません


竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
函館タクシー
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
函館タナベ食品
広告募集中