月別観光ガイド「年間の主要イベント」

寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル

かんちゅうみそぎまつり&かんちゅうみそぎフェスティバル


下帯姿の若者が真冬の津軽海峡に飛び込み、豊漁豊作を祈願する江戸時代から続く祭り。迫力満点。会場は北海道新幹線木古内駅から徒歩10分。函館から車で約1時間。

函館近郊の木古内町で、1831(天保2)年から続く伝統神事。行修者(ぎょうしゅうしゃ)と呼ばれる若者4人が、豊漁豊作を祈願してご神体を抱き、真冬の津軽海峡へと飛び込む、勇ましい祭りです。

クライマックスはみそぎ浜で海中沐浴を行う1月15日ですが、行修者は1月13日から当日朝まで、木古内駅から徒歩15分の佐女川(さめがわ)神社にこもり、昼夜を問わず「水ごり」を繰り返します。突き刺すような寒さのなか、厳しい鍛錬に耐える行修者の姿を一目見ようと、1月14日夜の「水ごり」にも、大勢の観客が詰めかけます。締めくくりでは見物客に向かって水がまかれ、かかった人にはご利益があると言われています。

15日の会場のみそぎ浜近くでは、ステージイベントやグルメ物産コーナーを設けた「寒中みそぎフェスティバル」も同時開催。あたたかいフードメニューも並びます。

関連記事

※hakobura 2010/2/19公開 2017/2 更新


寒中みそぎ祭り&寒中みそぎフェスティバル
エリア みなみ北海道エリア
開催場所 佐女川神社、みそぎ浜、みそぎ公園
  北海道上磯郡木古内町木古内155-1ほか
問合せ先 産業経済課水産商工グループ(水産商工担当)
電話番号 01392-2-3131
開催時期 1月13~15日
アクセス JR 「木古内」駅 下車  徒歩5分
駐車場 有(無料駐車場あり)
料金 無料

関連リンク 寒中みそぎ祭り(木古内町)

関連リンク 寒中みそぎ祭り(木古内町観光協会)

GoogleMapで大きなマップを開く