トップに戻る

スポット情報 温泉 「日帰り入浴(宿泊施設)」

ホテル雨宮館

ホテルあまみやかん


早朝から深夜まで、リーズナブルな料金で温泉入浴を楽しめる。市電沿線にあってアクセスがよく、ホテル周辺には市民会館や函館アリーナなどの施設もある。

「ホテル雨宮館」は湯の川温泉エリア、市電沿線にある温泉ホテルで、オレンジ色がポイントのタワー型の建物が特徴的。市電「函館アリーナ前(市民会館前)」電停から徒歩2分、札幌からの高速路線バス「高速はこだて号」のバス停留所からも近く、アクセスのいい場所にあります。ホテル前には、函館アリーナや函館市民会館があり、函館競馬場も徒歩圏内なので、コンサートやイベント、競馬観戦などの後にちょっと温泉へ.....という時にも便利です。

日帰り入浴は、朝6時から深夜11時まで長時間営業しており、地元の温泉好きな年配者などが訪れ、いつも賑わっています。大浴場に入ると、大きな岩に囲まれた浴槽に、洗い場には黄色い湯桶が置いてあり、なんとなく街の銭湯に入りに来たような感覚に。浴槽は、42~43℃のやや熱めと40℃の低温槽の2つに分けられており、どちらも源泉掛け流しの温泉となっています。お湯につかると肌がすべすべになり、保湿の効果も感じられます。露天風呂はありませんが、天然鉱石ブラックシリカを取り入れたサウナも併設されていて、疲れを癒すにはぴったりです。

入浴料には、備えつけのリンスインシャンプーやボディーソープが含まれ、タオル類はレンタルのバスタオル(税込200円)やフェイスタオル(税込100円)が用意されていますので、いつでも気軽に出かけられます。館内には無料の休憩所やコインランドリー、マッサージコーナー、ラーメン店があり、入浴後にくつろぐ方も多くいらっしゃいます。また、休憩所へは飲食物の持ち込みも可能です。


※記者TT 浴場内画像提供/ホテル雨宮館 2013/4/25取材、4/29公開 2018/5 更新


泉質:ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉

泉温:65.4℃

露天風呂:無

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、痔症慢性消化器病など


ホテル雨宮館
エリア 湯の川エリア エリア区分について
所在地 函館市湯川町1-26-18  Googleマップで開く
電話番号 0138-59-1515
営業時間 温泉6:00~23:00 マッサージ15:00~20:00(土日は22:00まで)
定休日 無休
料金 大人400円、小学生200円、幼児(1歳以上)100円
アクセス 市電 「函館アリーナ前(市民会館前)」電停 下車 徒歩2分
駐車場 あり(100台。温泉利用の場合3時間まで無料)
関連リンク ホテル雨宮館
源泉かけ流し、朝風呂(10時前)、サウナ、飲食施設、休憩所、大人450円以下、無料シャンプー・ソープ、有料手ぶらアイテム、市電から徒歩5分以内、Wi-Fi(フリースポット)、Wi‐Fi(Softbank)、Wi‐Fi(docomo)、Wi‐Fi(au)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品