トップに戻る

スポット情報 温泉 「日帰り入浴(宿泊施設)」

湯の浜ホテル

ゆのはまホテル


国道278号線沿い、津軽海峡に面したホテル。アクセスのよい場所にあり、多くの観光客が訪れる。大浴場と露天風呂とで異なる泉質のお湯が流れている。

湯の浜ホテルは、国道278号線・漁火通り沿いにある創業80年以上の老舗ホテル。函館空港から車で5分、JR函館駅からは車で20分と、アクセスのいい場所にあります。また、函館バス、空港シャトルバス、札幌からの高速バスの停留所そばにあるので、函館に到着後、また、函館を出発前にゆっくり温泉に浸かって、疲れをいやすのにも便利です。

温泉は、大浴場と露天風呂、それぞれ異なった泉質のお湯が流れています。大浴場には複数の浴槽があり、広々とした大浴槽をはじめ、野性味たっぷりの岩風呂、マッサージ効果があるバイブラバスなどで体も心もリラックス。眺望は海側と建物内側で男女入れ替え制となっており、日帰り入浴の時間帯は女性が海側です。一方、露天風呂は漁場の番屋風のつくりで、温泉からは津軽海峡を一望でき、お天気のいい日には対岸の下北半島も眺められます。じっくりとお湯に浸かっていると潮騒の音が聞こえ、ここが街なかにある温泉だということも忘れてしまいそうな雰囲気に。なお、露天風呂は大浴場から離れた場所にあり、一度着替えてからの移動となりますが、この眺望はぜひ味わってほしいものです。

大浴場にはシャンプー、ボディーソープが備えつけられ、フェイスタオルのレンタル(税込100円)、バスタオルのレンタル(税込200円)もあります。手ぶらで気軽に温泉入浴というときにもぴったりです。なお、Wi-Fiサービスはロビーのみで利用可能です。

※耐震補強等の工事のため、2019年5月12日~8月17日は大浴場の一部が利用できません。その期間、日帰り入浴の利用可能時間は15時~20時までとなります。


※記者TT 2013/5/23取材、5/29公開 2019/5 更新


泉質:大浴場…ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉、露天風呂…ナトリウム‐塩化物泉

泉温:大浴場…64.1℃、露天風呂…65.0℃

露天風呂:有

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじきなど(大浴場・露天風呂ともに)


湯の浜ホテル
エリア 湯の川エリア エリア区分について
所在地 函館市湯川町1-2-30  Googleマップで開く
電話番号 0138-59-2231
営業時間 日帰り入浴13:00~20:00(露天風呂は14:00~)
定休日 無休
料金 大人1000円、子供(小学生)700円
アクセス 「湯の川温泉」バス停 下車 徒歩1分
駐車場 あり(50台)
関連リンク 湯の浜ホテル
Facebook 函館・湯の川温泉 湯の浜ホテル
源泉かけ流し、眺望がいい、自然が豊か、露天風呂、無料シャンプー・ソープ、有料手ぶらアイテム、Wi‐Fi(その他)、クレジットカード(VISA)、クレジットカード(マスター)、クレジットカード(JCB)、クレジットカード(銀聯)

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
竹葉
はこだて亭
函館タナベ食品
函館タクシー
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
国際ホテル
広告募集中