トップに戻る
スポット情報 函館みやげ 「カジュアル菓子」

社長のいか塩辛煎餅

→詳細情報
珍味専門メーカー・布目の「社長」シリーズに、煎餅(せんべい)が仲間入り。人気の「社長のいか塩辛」を練り込んだ、じゃがバター風味。修学旅行のおみやげにも最適。
問合せ先 布目
電話番号 0138-43-9101

元祖 山親爺

→詳細情報
1860年創業、函館の老舗和菓子店・千秋庵総本家を代表する和洋折衷のせんべい。昭和の初めから変わらないクマの模様が人気。北海道産バターと函館近郊の牧場の牛乳を使用。
問合せ先 千秋庵総本家 営業企画部
電話番号 0138-85-6325

縄文クランチチョコレート

→詳細情報
縄文人も食べていたとされるクルミをチョコレートでコーティングした、ザクザクホロホロ食感のクランチチョコ。「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を応援。
問合せ先 キングベーク本店
電話番号 0138-45-0963

函館ラスク

→詳細情報
こだわりの北海道産小麦を使った食パンを使用して、工房でひとつひとつ手作り。一口サイズで食べやすく、みやげや旅のおともにぴったり。賞味期限150日。
問合せ先 キングベーク本社
電話番号 0138-43-1559

函館チョコレート最中 いか五郎商店

→詳細情報
函館市の魚、いかをモチーフにしたユニークなお菓子。いかの形の最中の皮に、チョコレートクリームとクッキーのかけらを詰め、クッキーでふたをして。食感が楽しい。
問合せ先 はこだて柳屋 本店
電話番号 0120-420-989

イカ伯爵の函館さきいかチョコレート

→詳細情報
函館の特産珍味、さきいか(函館こがね)をチョコレートでコーティング。甘辛味と絶妙なかみごたえが意外なほどマッチ。旅のおともにも最適。4種のフレーバーあり。
問合せ先 キングベーク本社
電話番号 0138-43-1559

ラング・ド・カラマール

→詳細情報
函館こがね(さきいか)を絶妙な配合で練り込んだラングドシャタイプの焼き菓子。サクサクの食感とほどよい塩けがアクセントとなり、食べはじめたら止まらない美味しさ。
問合せ先 函館洋菓子スナッフルス
電話番号 0120-89-0609

五島軒 欧風カレーおかき

→詳細情報
老舗レストラン・五島軒のこだわりカレーが、幅広い年齢層に好まれるサクサクのおかきに。コーンポタージュおかき、ビーフシチューおかきも人気。
問合せ先 北海道製菓株式会社
電話番号 0138-41-6575

JR北海道駅名標キャラメル(サイコロキャラメルシリーズ)

→詳細情報
函館ゆかりのサイコロキャラメルの新シリーズ。パッケージにJR北海道の駅名標をデザインし、旅情をかきたてる。在来線+新幹線の全410駅からの組み合わせ。2019年7月発売。
問合せ先 道南食品株式会社
電話番号 0138-51-7187

北海道キャラメル チョコキャラ村シリーズ

→詳細情報
北海道の素材にこだわったキャラメルシリーズ。バラエティーに富んだ北海道の恵みをモチーフにしたユニークなキャラクターが特徴。気軽なおみやげ菓子「タビノアカシオカシ」に。
問合せ先 道南食品株式会社
電話番号 0138-51-7187


金森赤レンガ倉庫
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
国際ホテル
竹葉
函館タクシー
広告募集中