トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「和菓子店」

市中屋

いちなかや


谷地頭電停の目の前にある餅屋さん。地元で長く愛されてきたベこ餅は口コミで地方からの発送依頼も。白あんとしょうゆを混ぜて練ったあんを絡めた串団子も新鮮な味わい。

函館八幡宮から続く参道沿い、市電「谷地頭」電停の目の前にある餅屋さん。現在のお店は1935(昭和10)年からで、前年の函館大火による被害で、隣接する青柳町から移転したものだそう。4代目ご主人とお父様が先代から受け継がれる手法で作るべこ餅は、口コミによる人気で、北海道内の他地域や道外から発送の依頼もあるほどです。
 
もち米のみから作る、こしあん入りの豆大福と粒あん入りの草大福(各税込120円)は、重量感があり、豆の風味やよもぎの香りがしっかり。よもぎは5月末ごろ森町の駒ヶ岳で、餅に敷く笹は8月頃に函館近郊で毎年1年分をまとめて採り、冷凍保存して使っているそうです。ぷっくりした外見のベこ餅(税込120円)は、型を使わず1つ1つ手作り。しっかりとした歯ごたえに、やわらかい黒糖を食べているような気がするほど、黒糖の味が生きています。昔ながらの手作りの餅類は時間がたつと固くなりますが、オーブンで軽く焼くと柔らかさがよみがえります。
 
1日18個限定販売の黒糖蒸しパン(税込110円)は、子どもからお年寄りにまで人気。柔らかくもっちりと弾力のある生地に、甘さ控えめの黒糖味。小さな子どものおやつにもぴったりの優しい味わいです。串団子は、こしあん、しょうゆ、ごまの3種類(各税込120円)。しょうゆはみたらしではなく、白あんとしょうゆを混ぜて練ったあんが新鮮な味わいです。
 
谷地頭周辺は、歴史的な博物館やレトロな雰囲気のミニ遊園地「こどものくに」がある函館公園や、津軽海峡を一望できる立待岬にも近い、落ち着いた風情にあふれた地域。和のお菓子が、散策のお供によく似合います。

※記者C 2014/10/29取材、11/6公開 2018/10 更新


市中屋
エリア 元町・函館山エリア エリア区分について
所在地 函館市谷地頭町26-11  Googleマップで開く
電話番号 0138-23-3027
営業時間 9:00~18:00
定休日 毎週火曜日
アクセス 市電 「谷地頭」電停 下車 すぐ
駐車場 なし
朝10時前から営業、市電電停から徒歩5分以内、地元のみやげが買える

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中