トップに戻る

スポット情報 みやげ店 「複合商業施設」

棒二森屋(2019年1月閉店)

ぼうにもりや


※2019年1月閉店(JR函館駅から好アクセスの、1936(昭和11)年創業の百貨店。カールレイモン、ハセガワストア、ラッキーピエロなど、地元を代表する食が勢ぞろい)

※2019年1月閉店(下記は閉店前の記事です)

JR函館駅、市電「函館駅前」電停が目の前と、アクセスに便利な百貨店「棒二森屋」。2つの棟(本館・アネックス)があり、地元客はもちろん、観光客のかたも数多く利用しています。駅に近いアネックスの1F「スイーツみやげ処」は、函館や北海道の人気洋菓子店のスイーツなどを集めた、スイーツ好きにはたまらない空間。函館美鈴のコーヒーと一緒に購入してひと息つけて、幅広い世代に喜ばれています。
 
アネックス地階には、ソーセージの「カール・レイモン」、宝来町に本店がある老舗和菓子店「千秋庵総本家」のほか、十勝の菓子メーカー「柳月」のショップが入店。みやげ販売店「高砂屋」「HAKODATEおみやげ処」では、がごめ昆布を使った商品、五勝手屋羊羹五島軒のカレーコアップガラナ、水産加工品、ビールなど、函館エリアを代表するおみやげに加え、北海道のみやげ品も豊富に揃っています。地方発送も気軽に相談を。コインロッカーも完備されています。
 
本館地階には「やきとり弁当」でおなじみの「ハセガワストア」、本館1F、駐車場側出入り口には「ラッキーピエロ函館駅前店」が入っています。どちらもJR函館駅からもっとも近い支店で、テイクアウトを希望する客の行列が絶えません。
 
函館の歴史、観光スポット、グルメ情報を知りたいかたは、函館に関する書籍を多数揃えている「くまざわ書店(アネックス5F)」がおすすめ。ベビー・子供服コーナーの「赤ちゃん休憩室本館(6F)」も、覚えておくと便利です。紳士服・婦人服売り場もありますので、「函館に着いたら思ったより肌寒い」などとお困りのかたは、ぜひ立ち寄ってみてください。
 
1869(明治2)年に開業した「金森森屋洋物店」が、1936(昭和11)年に「棒二荻野呉服店」と合併して棒二森屋に。翌年、現在地に移転しました。スズランをモチーフとした包装紙は市民の間でおなじみです。

※編集室N 2017/12/5公開 2019/2 更新


棒二森屋(2019年1月閉店)
所在地 函館市若松町17-12
電話番号 024-521-5151(株式会社中合 営業・管理本部)
営業時間 閉店

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


JTB
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
はこだて亭
国際ホテル
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
竹葉
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
ホテルショコラ
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
函館タクシー
広告募集中