トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

旧百十三銀行本店(SEC電算センタービル)

きゅうひゃくじゅうさんぎんこうほんてん(エスイーシーでんさんセンタービル)


1926(大正15)年に建てられた国立銀行の建物。豪快な全体像と繊細な装飾の取り合わせが独特な存在感を持つ。夜間はライトアップされている。市景観形成指定建築物。

末広町の電車通りを歩き、八幡坂にさしかかる角に凛と構えている建物があります。この建物を見て、「30年前に建てられたものですよ」と誰かに嘘を教えられたとしても、疑うこともなく信じてしまうほどの完成されたデザイン。それもそのはず、この建物は新築された1926(大正15)年当時の函館の経済・建築の力を結集した、象徴的なものだからなのです。

元々は国法銀行の初めての地場銀行として、1879(明治12)年に開業した第百十三国立銀行。1897(明治30)年に百十三銀行と改称。経営者変更や地場他行との合併などを経て現在の地に建てられた時には、頭取に小熊幸一郎氏(日魯漁業株式会社誕生の要人の一人であり、露領漁業の立役者)、副頭取に2代目相馬哲平氏(初代は函館屈指の豪商。旧函館区公会堂建築資金のほとんどを寄付したことで有名)が就任していました。

設計者は、函館に数々の名建築を残した建築士・関根要太郎、施工は日本初のコンクリート寺院・東本願寺函館別院や東京銀座の松屋を造った木田保造(木田組)が担当しています。まさに当時の函館が持っている「力」と「思い」を、ここに表現したものといえるでしょう。

建物は当時のドイツ建築様式を巧みに取り入れたもので、玄関周りの意匠、軒の三角形の連続、よく見ると楕円形になっている円柱、玄関上部の半円形の小窓のような装飾など、豪快で貫禄がある全体像とは対照的に、細部に独特の繊細なデザインを用いています。竣工当時は市内在住の建築士から酷評されたこともあったようですが、斬新すぎると反動的に批判が起きるという図式が当てはまるほど、当時の市民は驚きの目で見ていたのではないかと想像されます。

しかし、竣工直後に起きた金融恐慌により、銀行の再編が進み、わずか2年足らずで北海道銀行(現在の同名の銀行とは異なる)に吸収され、その後合併で北海道拓殖銀行となるなど、建築当時の地元の強い思いとは裏腹な現実が待っていました。

現在は地元のコンピュータ会社の所有となっていますが、時代の流れにも微動だにしない存在感と、見るものを惹きつける魅力は、「完成された美は時代を超越する」という陳腐な言葉しか思い浮かばないほどの説得力を持っています。この周辺には多くの旧銀行の建物がありますが、その中でも独特の異彩を放っているのが本建物です。

参考資料/関根要太郎研究室@はこだて


※記者J 2011/8/26公開 2020/12 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
旧百十三銀行本店(SEC電算センタービル)
エリア ベイエリア エリア区分について
所在地 函館市末広町18-16  Googleマップで開く
問合せ先 函館市観光案内所
電話番号 0138-23-5440  ※カーナビ検索には使えません
開館時間 外観のみ見学可
アクセス 市電 「末広町」電停 下車 徒歩1分
駐車場 周辺に有料駐車場あり
明治・大正の建物、指定文化財等、歴史好きに、市電から徒歩5分以内


グルメ回転ずし 函太郎
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
国際ホテル
竹葉
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館山ロープウェイ
函館タクシー
金森赤レンガ倉庫
広告募集中