トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「景色(市外)」

白鳥台セバット

はくちょうだいセバット


大沼国定公園の一角で、冬でも湖面が凍結することなく、渡り鳥の休息場所になっており、オオハクチョウやカモなどの野鳥を間近に見ることができる。セバットは、狭まった場所の意。

あまり聞き慣れない「セバット」とう言葉。地元では「狭まった場所」を意味するそうです。大沼国定公園は、大沼と小沼と蓴菜沼(じゅんさいぬま)の3つの湖沼からなり、ここ白鳥台セバットは大沼と小沼がつながっている、まさに狭まった場所。冬は湖面のほとんどが凍結して氷の厚さは60cmほどにもなりますが、この付近だけは水の流れがあって冬でも凍結することなく、冬の渡り鳥の休息場所となっているのです。

オオハクチョウがセバットに集まるのは、毎年12月下旬から翌年3月上旬にかけて。道路から湖面に近い位置まで整備されているので、凍結していない湖面にゆったりとたたずむオオハクチョウやカモを間近に見ることができます。道路を挟んで向かい側には無料駐車場があり、この日も多くの観光客のかたが訪れていました。

場所は、JR大沼公園駅から1km弱。左手に小沼、右手に大沼、正面右手に駒ヶ岳の勇姿を眺めながら、ゆっくりと歩いて15分ほど。四季それぞれの美しさがある大沼。その冬の美しさを堪能してみませんか。

※現在は鳥インフルエンザ感染の懸念から、餌付け自粛となっています。


※記者I 2013/1/23取材、1/29公開 2019/7 更新


白鳥台セバット
エリア 函館近郊・大沼エリア エリア区分について
所在地 北海道亀田郡七飯町西大沼  Googleマップで開く
問合せ先 大沼国際交流プラザ
電話番号 0138-67-2170  ※カーナビ検索には使えません
開園時間 見学自由
料金 無料
アクセス JR 「大沼公園」駅 下車 徒歩15分
駐車場 あり(15台)
関連リンク 白鳥台セバット(大沼ップ)
関連リンク 七飯町
無料で入れる施設、深夜・早朝でも入れる施設、眺望がいい、自然が豊か、お子様歓迎、無料駐車場、英語看板

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。


男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
フォーポイントバイシェラトン
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
函館タナベ食品
函館山ロープウェイ
ホテルショコラ
竹葉
グルメ回転ずし 函太郎
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
函館タクシー
JTB
金森赤レンガ倉庫
国際ホテル
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
広告募集中