トップに戻る

スポット情報 観光スポット 「銅像・記念物」

新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

榎本武揚之像

えのもとたけあきのぞう


箱館戦争時、旧幕府脱走軍の総裁だった榎本武揚の功績を称え、榎本の号である梁川(りょうせん)にゆかりの梁川(やながわ)公園内に建立された銅像。

2012(平成24)年12月、函館にゆかりのある人物・榎本武揚の功績を称えて、梁川公園に「榎本武揚之像」が建立されました。像は、蝦夷地仮政権の総裁だった30代前半の姿をモデルに作られました。碑文にはプロフィールが書かれており、どのような人物であったのかが想像されます。

榎本武揚は、1867(慶応3)年の大政奉還後、旧幕府海軍の艦隊を率いて江戸を脱走。翌年10月に五稜郭を占領しますが、1869(明治2)年5月、新政府軍の攻撃により敗北。東京へ送られ、投獄されました。その後、日本の近代化に彼の能力が欠かせないと、黒田清隆等の助命嘆願によって赦され、1872(明治5)年に開拓使の職につきました。その後、特命全権公使としてロシアと樺太・千島交換条約の締結に尽力したほか、初代の逓信大臣、農商務・文部・外務の各大臣を歴任。さらに、電気学会・工業化学会・気象学会・地学協会などの会長職を通じて、日本の近代化に貢献しました。

これらの功績を知ってもらおうと、市民有志でつくる「榎本武揚を顕彰する会」が函館市に提案し、榎本の号である梁川(りょうせん)にゆかりの梁川(やながわ)公園内に銅像が建立されました。梁川公園は、桜の咲く公園として地域の人に親しまれており、特別史跡五稜郭跡からもほど近い場所にあります。


※記者TT 2013/4/4取材、4/17公開 2020/12 更新


新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります
榎本武揚之像
エリア 五稜郭エリア エリア区分について
所在地 函館市梁川町24-2  Googleマップで開く
問合せ先 函館市観光案内所
電話番号 0138-23-5440  ※カーナビ検索には使えません
アクセス 市電 「五稜郭公園前」電停 下車 徒歩8分
駐車場 なし
歴史好きに


カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タナベ食品
グルメ回転ずし 函太郎
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
竹葉
広告募集中