トップに戻る
スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

函館漁港 船入澗防波堤

→詳細情報
函館港の改良の歴史を伝える、1896(明治29)年築造の石積み防波堤。弁天台場の解体石材を転用して、明治期の最新技術を取り入れた設計が施されている。土木学会選奨土木遺産。
所在地 函館市入舟町4-4
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

太刀川家住宅店舗

→詳細情報
明治34(1901)年、米穀商初代太刀川善吉が建築した土蔵造り2階建店舗。煉瓦造り漆喰塗りの不燃建築。国指定重要文化財。TACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISONは2018年10月で閉店。
所在地 函館市弁天町15-15
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧函館区公会堂

→詳細情報
1910(明治43)年築、工事費の大半が豪商相馬哲平の寄付による。基坂の真上にあり、バルコニーからの眺めは絶景。国指定重要文化財。大幅改修工事のため、2018年10月より休館。
所在地 函館市元町11-13
休館日 大幅改修工事のため、2018年10月から2021年4月ごろまで休館
電話番号 0138-22-1001

プレイリーハウス(旧佐田邸)

→詳細情報
昭和3年建築の住宅。F.L.ライトの弟子、田上義也の傑作。景観形成指定建築物。国登録有形文化財。カフェとして利用されていたこともあるが、現在は民間私有。
所在地 函館市元町32-10
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧函館博物館一号・二号

→詳細情報
開拓使が開場した、日本に現存する最古の博物館建築。道指定の有形文化財。函館公園内にあり、白いペンキ塗りの瀟洒な外観を見学できる。
所在地 函館市青柳町17-5・4
開館時間 外観の見学可
電話番号 0138-23-5480

旧松橋商店(港の庵)

→詳細情報
明治から時空を超えて甦った建物。煉瓦造、木造、土蔵の3種で構成された、函館の歴史の奥深さを知ることができる大変貴重なもの。第20回函館市都市景観賞受賞建築物。
所在地 函館市大町8-26
電話番号 090-3086-5984(遠藤)

旧開拓使函館支庁書籍庫

→詳細情報
元町公園内の旧支庁舎に隣接する赤レンガの書庫。1880(明治13)年築。明治40年大火でも類焼を免れた。使用されているレンガは函館近郊の茂辺地製。北海道指定有形文化財。
所在地 函館市元町12(元町公園内)
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

松原家住宅

→詳細情報
大きな切妻屋根が特徴の京風町家。明治時代の建築とは思えないほどの保存状態に、建物の質の高さと、当時の商人の隆盛ぶりが垣間見られる。景観形成指定建築物。外観のみ見学可。
所在地 函館市大町5-2
営業時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

石井家住宅

→詳細情報
元町の、まるで外界の喧騒を遮断したかのような目立たない場所にある、趣のある庭園を備えた純和風住宅。景観形成指定建築物。 一般民家のため、公道からの鑑賞に。
所在地 函館市元町14-16
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

相馬株式会社社屋

→詳細情報
1913(大正2)年築のルネサンス風事務所建屋。ぺディメント(西洋式切妻破風)など特異な意匠。基坂と電車通りの交差点に建ち、西部の街並みのランドマーク的存在。伝統的建造物。
所在地 函館市大町9-1
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。

1  2  3 
< 歴史的建造物(一般入場可) | 「観光スポット」トップページ | 史跡・碑(市内) >

竹葉
ホテルショコラ
フォーポイントバイシェラトン
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
国際ホテル
函館タクシー
函館山ロープウェイ
金森赤レンガ倉庫
近畿日本ツーリスト
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
函館タナベ食品
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
はこだて亭
グルメ回転ずし 函太郎
広告募集中