トップに戻る
スポット情報 観光スポット 「歴史的建造物(外観は見学可)」

遺愛学院(旧遺愛女学校)本館・旧宣教師館

→詳細情報
明治41年に建てられた、アメリカンスタイルの校舎と宣教師館(通称ホワイトハウス)。ともに国指定重要文化財。春、旧宣教師館前庭に咲くクロッカスが話題。
所在地 函館市杉並町23-11
開館時間 開門時は外観の見学可
電話番号 0138-51-0418

遺愛幼稚園

→詳細情報
1895(明治28)年に創立された北海道内初の幼稚園。現在の建物は1913(大正2)建築の瀟酒な洋館で、ピンクの板張りの外壁が可愛らしい。現役の幼稚園。外観のみ見学可。
所在地 函館市元町4-1
開園時間 外観は見学自由。園内は一般公開していない
電話番号 0138-22-0419

旧亀井邸

→詳細情報
函館の洋風建築を代表する大三坂の建物。文学者・亀井勝一郎が函館を旅立つ直前に建築され、五島軒を建築した実弟・勝次郎とともに過ごした実家。伝統的建造物。外観のみ見学可。
所在地 函館市元町15-28
営業時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧戸井線

→詳細情報
昭和12年着工、戦時中の18年に中断した、未完成の鉄道路線「戸井線」。現在、線路跡は道路や遊歩道となっているほか、トンネルやアーチ橋が現存する。
所在地 函館市汐首町
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧カール・レイモン居宅

→詳細情報
ハム・ソーセージの「函館カール・レイモン」を生み出した、カール・ワイデル・レイモンの旧居宅。信じる味を作り続けた姿がそのまま建物になったようなシンプルな家。伝統的建造物。
所在地 函館市元町30
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧安田銀行函館支店・旧ホテルニューハコダテ(ホテルHakoBA函館)

→詳細情報
角に丸みを持たせた優雅なフォルムと繊細な意匠が特徴の、旧安田銀行函館支店の建物。ホテルとして再利用されたのち閉館、2017年5月に新ホテルとして再生。市景観形成指定建築物。
所在地 函館市末広町23-9
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧百十三銀行本店(SEC電算センタービル)

→詳細情報
1926(大正15)年に建てられた国立銀行の建物。豪快な全体像と繊細な装飾の取り合わせが独特な存在感を持つ。夜間はライトアップされている。市景観形成指定建築物。
所在地 函館市末広町18-16
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

函館市立弥生小学校

→詳細情報
1882(明治15)年創建、昭和9年大火後鉄筋コンクリート造りの耐火建築で再建。老朽化のため2010年に解体、2012年に旧校舎の外壁を一部利用して新校舎に。
所在地 函館市弥生町4-16
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

函館海産商同業協同組合事務所

→詳細情報
1920(大正9)年に竣工した、アールヌーヴォー風の外観の建物。「海同会館」の愛称で親しまれている。設計は市内に多くの作品を残した関根要太郎。景観形成指定建築物。
所在地 函館市末広町15-3
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

旧ロシア領事館

→詳細情報
幸坂の最高地点付近に建つレンガ造りの和洋折衷の建物。日本最初のロシア領事館として現在地で1906(明治39)年竣工。現在の建物は大火後の1908(明治41)年再建。景観形成指定建築物。
所在地 函館市船見町17-3
開館時間 外観のみ見学可
電話番号 0138-27-3333 ※カーナビ検索には使えません

掲載内容は取材時・更新時のものです。最新情報のご確認は各施設までお願いします。

前の10件 1  2 
< 歴史的建造物(一般入場可) | 「観光スポット」トップページ | 史跡・碑(市内) >

笑
万惣
国際ホテル
ホテルショコラ
竹葉
フォーポイントバイシェラトン
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
金森赤レンガ倉庫
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
グルメ回転ずし 函太郎
男爵倶楽部ホテル&リゾーツ
函館タクシー
函館レンタカーの特集ページ「たびらい北海道」
近畿日本ツーリスト
函館タナベ食品