トップに戻る
スポット情報 観光スポット 「神社・寺」
新型コロナウイルスの影響で休業・営業内容変更の場合があります

厳島神社

→詳細情報
市電・函館どつく前電停下車すぐ。古くから海の守護神として、海上の安全を祈願する漁業者や商人から信頼を得ている。函館山七福神の神社で「弁財天・恵比寿堂」がある。
所在地 函館市弁天町9-9
電話番号 0138-23-0713

湯倉神社

→詳細情報
湯の川電停下車すぐ。第9代松前藩主(幼名千勝丸)の重病が境内の温泉で快癒したとの伝承がある。境内下には湯の川温泉発祥の地碑も。
所在地 函館市湯川町2丁目28-1
電話番号 0138-57-8282

亀田八幡宮

→詳細情報
室町時代の1390年、越前国敦賀郡気比神宮より八幡大神の御分霊を奉遷したのが起源。箱館戦争で旧幕軍が降伏を誓約した場所とされている。
所在地 函館市八幡町3-2
電話番号 0138-41-5467

湯川寺

→詳細情報
市電・湯の川電停近くにある浄土宗の寺。函館山に設置されていた三十三観音が境内に遷座されている。1914年に函館山の要塞化に伴って湯川地区に移されてから100年超。
所在地 函館市湯川町3丁目35-10
電話番号 0138-57-6449

天祐寺

→詳細情報
函館山のふもとの青柳町にある天台宗の寺。境内には、函館山七福神の一柱、布袋尊が祀られている。毎年9月に行われる大根祭は地域住民に親しまれている。
所在地 函館市青柳町27-26
電話番号 0138-22-0483

大圓寺

→詳細情報
五稜郭と四稜郭の中間点にある1722(享保7)年創建の浄土宗の古刹。箱館戦争の両軍兵士の墓や五稜郭築造時の死亡者の供養塔などがある。
所在地 函館市神山3丁目4
電話番号 0138-23-5440 ※カーナビ検索には使えません

北海道東照宮(函館東照宮)

→詳細情報
1864(元治元)年、五稜郭が完成すると東北の鬼門に当たる現在の神山3丁目に蝦夷地の鎮護として東照宮を勧請。箱館戦争の兵火で焼失、各地に遷座の後、1992年に現在地へ。
所在地 函館市陣川町82-153
電話番号 0138-32-2221

高龍寺達磨大師

→詳細情報
達磨大師に深く帰依した個人が、独特の存在感をもつ巨大な達磨大師像を独力で建立。現在は高龍寺に寄贈され、同寺の上湯川法務支所として、地域信仰の拠点となっている。
所在地 函館市上湯川町336
電話番号 0138-50-3317

石崎地主海神社

→詳細情報
湯の川温泉から戸井方面に向かう途中にある函館の隠れた桜の名所で、参道の桜並木が見事。松前のヤエザクラを植樹したもので、ソメイヨシノより一足遅れて満開に。
所在地 函館市白石町248番地
電話番号 0138-58-4250

駒ケ岳神社

→詳細情報
大沼湖畔に建つ神社。駒ケ岳の平穏無事、登山者及び観光客の安全が祈願される。境内の大岩は、1640(寛永17)年の大爆発でできたものと言われる溶結凝灰岩。
所在地 北海道亀田郡七飯町東大沼
電話番号 0138-67-2170 ※カーナビ検索には使えません


グルメ回転ずし 函太郎
Meets Hokkaido 旅するように味わおう。
函館タナベ食品
カレー・ケーキ・洋菓子の老舗 五島軒
函館タクシー
国際ホテル
竹葉
金森赤レンガ倉庫
函館山ロープウェイ
いか釣りの函館朝市駅ニ市場(イカ釣堀)
広告募集中