トップに戻る
新着スポット情報一覧
飲食店や観光施設、みやげなどを紹介するページの、新規公開記事がわかります。
メインダイニングFOUR POINT(フォーポイントバイシェラトン函館)
グルメ
JR函館駅前にあるホテルのダイニング。和洋中それぞれのシェフが腕をふるったメニューが揃う。朝食、ランチ、ディナー、ティータイムと使い勝手よく、気軽に立ち寄れる。
公開日:2018年9月20日
Blue Berry Farm HONDA(ブルーベリー狩り)
体験
25種類ものブルーベリーが育ち、食べ比べできる観光農園。体験期間は短いものの、旬のおいしさを存分に楽しむことができる。10月下旬までは苗木販売、オープンカフェも営業。
公開日:2018年9月12日
710candle
みやげ店
函館エリアにちなんだ創作キャンドルが買える店。地元の花を使ったキャンドルや、函館山をイメージした夜景キャンドルなどが人気。キャンドルの製作体験も可能。
公開日:2018年9月11日
エレカプース(函館競輪場内)
グルメ
函館競輪場3階にあるスープカレー店。ミシュラン1つ星獲得の東京のレストラン、TIRPSE(ティルプス)の味が楽しめる。大きな窓からはバンクの様子や湯の川温泉街の景色も。
公開日:2018年8月20日
Endeavour
グルメ
湯の川エリアにあるダイニング&雑貨の店。みなみ北海道・乙部町の水を使って醸造するクラフトビールと、生産者から直接仕入れる旬の道南食材を主役にした料理が楽しめる。
公開日:2018年6月1日
道の駅 なないろ・ななえ
みやげ店
函館に隣接する七飯町の、国道5号沿いにある道の駅。2018年3月オープン。りんごや王様しいたけなどの特産品、限定フード&スイーツ、定番みやげも充実。駐車場は24時間利用可。
公開日:2018年3月29日
函館市電 駒場車庫
観光スポット
函館市電の車両を収容する運行拠点。歩道から車庫内が眺められるほか、車両が一般道へ出入りするのも頻繁に見ることができる。乗車券売り場では市電グッズの販売もある。
公開日:2018年3月27日
すきやき しゃぶしゃぶ 牛兵衛
グルメ
趣ある一軒家の完全個室で極上の肉を味わえる、すき焼き・しゃぶしゃぶの店。北海道産黒毛和牛のコースが1人前2580円から。市電「中央病院前」電停から歩いて2~3分。
公開日:2018年2月28日
函館カール・レイモン(工場見学)
体験
「本場ドイツの伝統製法で作られた本格派ハム・ソーセージ」として、地元で抜群の知名度を誇る函館カール・レイモン。本社工場で製造過程などが見学できる。直売コーナーもあり。
公開日:2018年2月28日
みなみ北海道物産館(函館空港)
みやげ店
函館を含む「みなみ北海道」の海の幸と大地の恵みが一堂に揃う函館空港2Fのショップ。なかでも、昆布など乾物類の品揃えが豊富。工芸品やアイヌ民芸品等も扱う。
公開日:2018年1月31日
がごめとろみ醤油
函館みやげ
函館周辺の海で育つ真昆布のうまみと「がごめ昆布」特有のとろみをバランスよく取り入れた、まろやかな風味の醤油。健康意識の高いかたへのおみやげにも。ギフト箱もあり。
公開日:2018年1月31日
国稀・吟醸酒粕ケーキ
函館みやげ
日本最北の老舗酒蔵「国稀酒造」と函館空港のショップ「函と館」がコラボした大人のスイーツ。アルコール分2%で、濃厚な日本酒の風味が広がる。海外のかたにも人気。
公開日:2018年1月31日
函館いも羊羹 紅あずま
函館みやげ
みなみ北海道産の稀少なさつまいも「紅あずま」を使った羊羹。プレーンタイプと地元産大納言入りがあり、甘さを控えて上品な味わいに仕上げている。あらたまったおみやげにも。
公開日:2018年1月31日
ビストロやまくろ
グルメ
ソムリエの資格をもつ夫婦で切り盛りするビストロ。肩ひじ張らず、気楽に立ち寄れる。近年話題の日本ワインやヴァン・ナチュール(自然派ワイン)にも詳しい。
公開日:2017年12月30日
キングベーク ナチュラル
みやげ店
北海道産小麦を使用するなど原材料にこだわったパン屋。注文を受けてから作るコッペパンサンドや、地元の素材を使った焼きピロシキが人気。フロアにイートインスペースあり。
公開日:2017年12月24日
大手町ハウス函館(旧浅野セメント函館営業所、現cafe centenaire)
観光スポット
旧函館区公会堂等の名建築を施工した棟梁が大正時代中期に手がけた、ヨーロッパを彷彿とさせる建築物。損なわれていた原形を見事に復元し、登録有形文化財にも指定されている。
公開日:2017年12月15日
棒二森屋
みやげ店
JR函館駅から好アクセスの、1936(昭和11)年創業の百貨店。カールレイモン、ハセガワストア、ラッキーピエロなど、地元を代表する食が勢ぞろい。2019年1月末で営業終了予定。
公開日:2017年12月5日
ピアエイチテーブル(PIER H TABLE)
グルメ
ベイエリアに建つリノベーションホテルのカフェレストラン。まさに「波止場のテーブル」といったロケーション。朝食のみ営業で、一般客も気軽に立ち寄れる。夏はテラス席も開放。
公開日:2017年12月5日
三月の羊
みやげ店
大沼国定公園の森の中に佇むパンと焼き菓子の店。北海道産の小麦とバター使用。パンは土曜日のみの販売。なくなり次第閉店。冬期休業。JR新函館北斗駅から車で約20分。
公開日:2017年10月20日
tete cafe
グルメ
北海道新幹線の新函館北斗駅南口から徒歩3分のカフェ。待ち合わせや休憩に最適で、子ども連れにも嬉しい配慮が。地元の素材を取り入れたドリンクやデザートが評判。
公開日:2017年10月19日