トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「スイーツ・パン」

魅惑のスイーツ大集合!「はこだてスイーツフェスタ」 

111031N30.jpg

函館とその近郊の和洋菓子店が大集合! スイーツ好きにはたまらないイベント「はこだてスイーツフェスタ」が、この秋も盛大に開催されます。

2013年は約30店舗が参加予定。新商品、旬の味覚、スイーツフェスタ限定商品など各店の自信作が、JR函館駅前のデパート・棒ニ森屋に勢揃い! 美しさ、おいしさを競い合います。開催は10月25日(金)~27日(日)の3日間です。

2011年のスイーツフェスタ、3日間中2日通ったスイーツ好きの「はこぶら」記者が、イベントの賑わいと、おすすめのスイーツをレポート。幸せ気分いっぱいの会場の雰囲気をお伝えしましょう。


スイーツのセレクトショップでは、スペシャルアソートパックも販売


◆全国の物産展でもおなじみのパティスリーが出店

チーズオムレットのペイストリー スナッフルス、函館メルチーズのプティ・メルヴィーユ
お隣の北斗市で絶大な人気を誇るジョリ・クレール、木古内町の和洋菓子店スイーツギャラリー北じまなど、
道南を代表するスイーツショップの出店は、スイーツフェスタの花形です。

111031N04.jpg
  111031N72.jpg
  111031N40.jpg
(左)プティ・メルヴィーユは、函館メルチーズ、かぼちゃのプリンなど、モンドセレクション受賞の主力商品を一堂に。
(中)スナッフルスは、今年も限定ケーキで来場客の視線をくぎづけ。ブースは終始賑わっていました。
(右)スイーツギャラリー北じまは、栗饅頭の製造機を持ち込んでの実演販売。やわらかい餅と、栗と白あんのハーモニーが人気。

111031N02.jpg
マルメロパイ/ジョリ・クレール
北斗市の秋の味覚「マルメロ」がたっぷり。ほのかな酸味とサクサクパイ生地がマッチ。2011年11月末までの期間限定。
  111031N14.jpg
マロンとほうじ茶のシャルロット/スナッフルス
栗とほうじ茶のムース、マロンペーストをキュイエール生地で包んだ、秋の味覚満載のロールケーキ(スイーツフェスタ限定)。


◆季節の和菓子も充実。根強い人気があります

和菓子の老舗も多数出店。素朴なものから美しい彩りのものまで、目移りしそうです。

111031N51.jpg
  111031N59.jpg
  111031N71.jpg
(左)湯の川温泉そばの老舗店・銀月は、スイーツフェスタ初参加。
(中)明治33年創業、せたな町の甲田菓子店(北海道菓子工業組合渡島・檜山支部 青年部)も初参加。
(右)花園正家は素材にこだわる和菓子店。近年はカステラを使った創作菓子も評判です。

111031N27.jpg
なごみぜんざい/できたて工房 和―なごみ―
スイーツフェスタ限定。抹茶水ようかん、杏仁豆腐、栗ぜんざいが3層になり、柔らかい白玉、滑らかな杏仁豆腐など、さまざまな食感が楽しめる贅沢なスイーツ。
  111031N62.jpg
豆大福、草大福/五勝手屋本舗
羊羹でおなじみの老舗店。通常は本店(江差町)でしか入手できない豆大福、草大福、べこ餅などが登場し、大人気。


◆来場者の心をつかむ「試食」に長蛇の列

スイーツは別腹......!? 試食で様々なお店の味を満喫できるのも、スイーツフェスタならではです。

111031N24.jpg
ふくふく餅/花園正家
やわらかい餅をこしあんで包んだイチオシ商品。ほどよい甘さでどの年代からも好評。「黒胡麻あん包み」も優しい味わい。
  111031N61.jpg
ヤーコン&アップルパイ/吉田食品
シャキシャキとした食感のヤーコンと七飯町産のりんごをサンド。実演販売の甘い香りに誘われ、売場には常に人だかりが。

111031N10.jpg
カマンベールチーズケーキ/昭和製菓(志濃里ブランド)
濃厚なカマンベールチーズの豊かな味わいが魅力。賞味期限60日、常温保存商品であることから、気軽に購入できると人気。
  111031N63.jpg
ほうじ茶のアイスクリーム/冨士冷菓
1947年創業のアイスクリーム専門店。香り豊かですっきりした味わいの新フレーバー「ほうじ茶」「大吟醸(酒粕)」に人気が殺到。


◆ハロウィンとスイーツの楽しい競演も!

ハロウィン直前の開催となった今年は、ハロウィンムードたっぷりのディスプレーや商品が多数登場。

111031N03.jpg


111031N07.jpg
スイーツギャラリー北じま
菓子パン、ロールケーキ、饅頭。どれもとってもキュートです。ディスプレイから販売スタッフの衣装までハロウィン仕様、というこだわりぶり。
  111031N06.jpg
はこだてママスイーツ
黄色の商品パッケージに合わせて、ディスプレイもハロウィンで統一。

◆発表! スイーツ好き記者の選んだ、おすすめ3品

参加店の様々なスイーツを満喫したなかで、強く印象に残ったものをご紹介します。

111031N53.jpg
★ミニロール恋苺(こいいちご)/ジョリクレール
厚沢部町産の恋苺をふんだんに使った、色鮮やかなロールケーキ。ミニサイズなので、カップルで食べるのにもちょうどいいですね。
  111031N28.jpg
★なごみ/吉田食品
七飯町産のりんごと、がごめ昆布のコラボで話題。和風カステラの中にりんご餡と刻んだがごめ昆布が。しっとりとした優しい味わいで、年齢を問わず、どなたにも喜ばれます。

111031N55.jpg
★二十間坂ばうむ/スイーツギャラリー北じま
ロールタイプで焼き上げる通常のバウムクーヘンではなく、薄く1枚ずつ焼き上げたものを重ね合わせた、全く新しいタイプのバウムクーヘンです。
   


函館スイーツの魅力をたっぷりとお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
函館旅行のお土産選びの参考にしていただければ幸いです。
何をご紹介しようかと悩みに悩み、残念ながらご紹介できなかったお店もたくさんあります。
函館スイーツのレベルの高さを改めて実感したイベントでした。⇒函館スイーツ情報はこちら

関連記事 はこだてスイーツ最前線!「スイーツフェスタ2012」

※編集室N 2011/10/28・29取材、11/4公開 2013/8/21更新