トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「アウトドア」

体育会系オンパク、松倉川ハイク体験記

111107M01.JPG

湯の川温泉街を中心にした体験イベント「オンパク(温泉泊覧会)」。2011年も9日間にわたって様々なプログラムが開催されました。

旅館の料理長による料理教室、ヒーリング、落語や講談など、インドア系も充実していましたが、秋の山歩きや湯の川散策などの「お出かけ」系も魅力的です。

今年は私、はこぶら編集長Mが「松倉川白滝ハイク」にエントリー。秋晴れとなった10月31日に、松倉川の源流と美しい白滝を訪ね、気持ちのいい森林浴を楽しんできました。予約開始日に満席となった人気プログラムの体験記を、たっぷりとお届けします。


◆湯の川温泉・大黒屋旅館に8:00集合。マイクロバスで出発!

111107M02.JPG 111107M03.JPG 111107M04.JPG

15名の参加者が大黒屋旅館に集合。女性12名に、男性が3名。皆さんのカラフルなウェアに、ワクワク気分が盛り上がります。
ガイドをつとめるのは、道南アウトドアガイドの第一人者、「自然倶楽部」の鎌鹿(かまか)隆美さん。
なごやかな雰囲気のうちに今日のコースの簡単な説明があり、準備OK。さっそくマイクロバスへと乗り込みます。


◆紅葉まっさかりの山道を揺られること約30分。松倉川の18km上流へ

111107M05.JPGバスは山道をたどりながら、松倉川を上流へ。人家がだんだんまばらになり、ちょうど紅葉が見ごろの雑木林の中を進んでいきます。

鎌鹿さんは、沿道の説明をするのにずっと立ちっぱなし。湯の川の町のこと、色づく木の種類のこと、松倉川の環境のこと、クマよけのこと......興味深い話ばかりで、熱いトークに引き込まれます。

松倉川は横津山地の袴腰岳を源流に、津軽海峡に注ぐ長さ24kmの川。大きなダムがないので、澄んだきれいな水を市民の飲み水として供給しているそうです。下流の方には湯の川の街が広がり、都市の川の姿ですが、上流は幽山渓谷の雰囲気とか。今日は18kmほど遡ったあたりを歩きます。

車がすれ違うのも困難な道そうな道を揺られること約30分、ツアーで来られるありがたさがひしひしと......。

 


◆林道から急な崖を下りて、清流へ。杖と長靴はマストアイテム!

111107M06.JPG

バスを降りて、まずは準備運動。体がほぐれたら、山歩き開始です。
鎌鹿さんを先頭に、川に向かって急斜面を下りていきます。「腰を落として、転ばぬ先の杖だからね~」。

111107M07.JPG 111107M08.JPG

足元はふかふかの落ち葉のじゅうたんですが、ところどころ湧き水があったりします。
事前の注意書きで、「マリンブーツ等深めの長靴と杖をご持参ください」とあったのも納得。
杖は、ウォーキング用ポール、スキーストック、太めの木の枝、木工用の丸材など、さまざまでした。
転げ落ちそうな急斜面をそろりそろり下りていくと、眼下に松倉川の流れが見えてきました。

111107M18.JPG 111107M19.JPG

全員転ぶことなく(ホッ)、無事川岸に下り立ちました。景色が開けて、すがすがしさ満点!
紅葉はだいぶん落ちてしまっていますが、それでも秋色の木々に包まれて、あたり一帯別天地のようです。
食べ物を包んだり、朴葉(ほおば)味噌焼きに使う、大きな朴の葉が一面に落ちています。
そして、ドキッとするほど色鮮やかな朴の実も。昔から、風邪などに用いられる漢方素材の一種です。 


◆川を渡って白滝へ。ドキドキは最高潮

111107M09.JPG

川に沿ってしばらく歩き、さらに上流へ。向こう岸に、お目当ての「白糸の滝」が見えてきました。
鎌鹿さんが川にロープを張ってくれて、慎重に渡ります。思ったより流れが急で、足をとられそう。
ロープと杖を頼りに、ゆっくりゆっくり川を渡ったその先には......。

111107M10.JPG 111107M11.JPG

岩肌を豪快に流れ落ちる、白滝です。近づくと水しぶきが全身にかかり、マイナスイオンが満ち満ちている感じ。
「気持ちいいね~」「来てよかった~」「最高~」。笑顔のカメラタイムです。

111107M12.JPG 111107M13.JPG

滝壺の水はとてもきれいで、水底の紅葉が日の光を浴びて輝いているよう。
このあたりはブナの林で、滝の上部のブナの木も葉をヒラヒラと散らしています。これで樹齢100~200年だそうです。
枝を広げて葉で雨を受けるブナは、幹を伝わせて水を根元の土に保持し、山の治水に役立つのだと、鎌鹿さんのレクチャー。


◆松倉川の清流は、まるで「道南の奥入瀬渓谷」

111107M14.JPG

白滝を離れて、しばし川岸を森林浴ウォーキング。

111107M15.JPG 111107M16.JPG

川の流れはとても清らか。まるで、奥入瀬渓谷のような風情のある景色です。
「泥がなく、砂と石ばかりなのが、水のきれいな証拠」と鎌鹿さん。川の中の影までくっきり見えます。
乱開発されず、自然が大切に守られている松倉川の源流。その魅力を存分に感じた、約2時間のハイキングでした。


◆仕上げは、旅館のランチと温泉。おつかれさまでした~

111107M17.JPGマイクロバスに乗って、集合した大黒屋旅館に戻ったのが11時半ごろ。「オンパク」の仕上げ、おいしいランチと温泉が待っていました。

ご自慢の地元食材を使った和食膳。まぐろと平目のお造り、ししゃもの昆布巻き、天ぷら、茶碗蒸し、炊き込みご飯、吸い物、香のもの、デザートと、昼から豪華版です。

ひと休みしたら、温泉で汗を流して。充実のオンパクメニュー、これにてお開き~!

※編集室M 2011/10/31取材、11/6公開


はこだて湯の川オンパク(温泉泊覧会)「松倉川 白滝ハイク」
2011年10月31日実施
参加料金3500円(オンパク特製ランチ、温泉入湯つき)

※はこだて湯の川オンパクは、開催を終了しています