トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

夜景を見ながら、函館山カウントダウンスペシャル

110102reportT01.jpg今年の大晦日、皆さんはどのように過ごされますか。

「はこぶら」編集室のMとT は、2010年の大晦日、年越しそばを食べて、22時函館山ロープウェイ山麓駅に集合!
特別営業(22:00~翌1:00)のロープウェイに乗り込み、函館山夜景を見ながら新年を迎えようと、一路山頂へと向かいました。

(左は、2010年12月31日23時の函館山夜景)

新年を世界一の「函館山夜景」とともに迎える!
110102reportT02.jpg
この特別企画は、「函館山カウントダウンスペシャル」と題して、前年に引き続き行われたもの。
特別営業チケットには、往復乗車切符に「記念品が当たる抽選券」がついています(2012年は1300円で当日現地販売)。

この日の函館は風がほとんどなく、空気も澄んで、最低気温も山麓駅で0℃を上回る夜景日和。約650人が山頂で新年を迎えました。


同時開催の「カウントダウン プレミアムパーティー」は満員の盛況
一般のカウントダウンとは別に、函館山山頂展望台の3階ティーラウンジ「レガート」では、「カウントダウン プレミアムパーティー」が開催されました。

事前申し込みのチケットは、予定の100枚を早々に完売! 3,500円(往復乗車料金込)で、夜景の見えるレストランでオードブルと飲み物を楽しめて、おまけに、豪華賞品が当たる抽選会も実施とあっては、人気のほども納得です。

参加者は大きな窓から夜景を眺めながら、飲んで、おしゃべりして。また、屋上の展望台とも出入り自由なので、カウントダウンの時間が来るまで、外で迫力の夜景を楽しむこともできます。

110102reportT03.jpg 110102reportT04.jpg 110102reportT05.jpg


カウントダウンまでは思い思いに時間を過ごして
一般のカウントダウン参加者は、山頂に上がったら、思い思いに時間を過ごします。

スーベニアショップでオリジナルグッズや函館限定商品を探すのもよし、フリースペースになっている2階のレストラン「ジェノバ」でお茶を飲むのもよし。
また、イベントホール「クレモナ」も開放され、ちょうど佳境に入った「紅白歌合戦」を、夜景をバックに観ることもできました。

屋上展望台では、カウントダウンの時を待ちきれない人たちが、続々と集まり、この年最後の夜景を見つめています。

110102reportT06.jpg 110102reportT07.jpg


そしていよいよカウントダウン&A Happy New Year!!
110102reportT08.jpg
0時前になると、屋上展望台は身動きできないほどの人、人、人......。

「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1」の掛け声に合わせて、全員でカウントダウン。
そして、クラッカーを鳴らして、新年の訪れを祝いました!

キンと澄み切った夜の空気の中で迎える新年。
ここでいっしょに年を越した一体感で、みんな嬉しそうな笑顔だったのが印象的でした。

新しい年もいい年になりますように☆

※写真/編集室T、文/編集室M 2010/12/31~2011/1/1取材