トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「桜」

函館の桜ダイアリー 函館公園編

120305M02.JPG
五稜郭公園と並ぶ函館の桜の名所、函館公園。緩やかな起伏のある散策路や広場を桜が縁取り、毎年にぎやかに並ぶ露店を楽しみに、多くの人が繰り出します。

例年、函館の桜はゴールデンウィーク前後から5月中旬まで楽しめます。函館公園には遊園地やミニ動物園もあって、子ども連れのご家族には特におすすめです。

旅の計画の参考になるよう、2011年の桜日記をお届けしましょう(開花は5月2日と、平年並み)。のどかな公園が桜色に染まっていく様子、ご一緒にお楽しみください。

(それぞれの写真はクリックすると拡大します)

◆4月27日(水)

園内に提灯が張り巡らされ、屋台の準備も着々と進められています(29日から)。
桜のつぼみはあちこちで大きくふくらんで、たわわにぶらさがっているものもあります。
動物園の水鳥の池の上あたりで、桜が1輪咲いているのを発見しました!

110427M02.JPG 110427M03.JPG 110427M01.JPG


◆4月28日(木)

今日は風が強く、降ったり照ったり曇ったりと、目まぐるしく天気が変わる一日。
函館公園の桜は、昨日と変わらず。幹から咲く花を見つけました。提灯が飾られたあずまやに上がってみると、噴水を囲む桜が薄赤く染まっているのがわかります。海をバックに桜が咲くのが楽しみです。

110428M11.JPG 110428M12.JPG 110428M13.JPG


◆4月29日(金)

いよいよ屋台オープン! おいしそうな匂いがそこここに漂っています。
左から、ふんわりもちっとした口当たりがたまらない「いももち」(300円)、やきとりは「精肉(豚串)」(130円)が一番人気、
おでんは練り物のほか、「たこ」「やりいか」「ほたて」(各500円)「つぶ」(350円)の海物がおいしそう!

110429M01.JPG 110429M02.JPG 110429M03.JPG

110429M04.JPG 110429M05.JPG 110429M06.JPG

屋台の人気者「チキンステーキ」(400円)は、ギュギュッと鉄板に押しつけてカリッと焼くのがミソ。
「宮崎名物 肉巻きおにぎり」(300円)は甘辛味がいい匂い。昔懐かし「ふかし豆といり豆」(各小300円)はビールにぴったり。
そのほか、綿菓子やチョコバナナ、りんご飴など、甘いものも充実。全部で40以上の屋台が待っていま~す。


◆4月30日(土)

日当たりのいい場所では、だいぶ花が開いてきました!
今日は夕方あいにくの小雨がパラつきましたが、ちょうちんが灯る園内を散歩するカップルや若者集団もちらほら。
満開の夜桜までにはまだ少し時間がかかりそうですが、街灯に照らされた花は楚々としてとても美しいです。
幻想的な広場の噴水のイルミネーションも見ものです。

110430M01.JPG 110430M02.JPG 110430M03.JPG


◆5月1日(日)

しとしと雨が降って、今日は屋台もお休みでした。そんな中でも、桜の花は着実に咲いてきていますよ。あとは晴れを待つばかり。
1本、ほとんど満開の木を見つけました! 公園内の市立函館博物館横の桜。枝からこぼれそうに咲いています。
博物館では、企画展「幕末の動乱と蝦夷地への道」を開催中(2011年)。箱館戦争を描いた図絵や錦絵などが展示されていました。
戦争の最終盤、箱館総攻撃はちょうど5月11日から。お花見がてら、当時に思いをはせるのもいいですね。

IMG_6553.JPG IMG_6555.JPG IMG_6557.JPG


◆5月2日(月)

函館にも開花宣言が出て、公園の桜もふんわり薄紅色をまとうものが増えてきました! 左は噴水前の桜。
今日も風が強く、屋台は一部のみの営業でしたが、公園でくつろぐ家族連れの方や、散歩するカップルなどの姿も。
公園のまわりの道でも、張り出した枝に花が開き、いよいよ桜の季節本番という雰囲気です。
桜のほか、旧図書館の前にある梅も見もの。1本の木に紅白の花が混じり咲いて、人気を集めていました。

110502M11.JPG 110502M12.JPG 110502M13.JPG


◆5月3日(火)

連休後半になって、好天に恵まれた函館公園、人人人でいっぱいです。屋台は押すな押すなの大にぎわい。
特にお好み焼き、たこ焼きは長い列ができていました。いい匂いの煙が上がっているのは焼きとり。どれにしようか迷います。
そして、もっと食欲をそそる匂いがジンギスカン。シートを敷いて、おいしそうに焼いているグループがあちこちで見られました。
桜は3分から5分咲き、木によってはこぼれそうに咲いています。旧図書館前の桜も満開に近い感じです。

110503M01.JPG 110503M02.JPG 110503M03.JPG


◆5月4日(水)

花曇りのお天気にもかかわらず、今日もお花見や屋台めぐりを楽しむたくさんの方でにぎわっていました。
特に、家族連れのお楽しみは園内の遊園地と動物園。こども飛行機や新幹線、観覧車などの遊具に乗ったり、
シカ、ヤギ、ポニー、ハクチョウなどを眺めてなごんだり。桜に囲まれて、気分もひときわウキウキです。

110504M01.JPG 110504M02.JPG 110504M03.JPG


◆5月5日(木)

函館公園もたくさんの木が盛り盛りに満開になりました。噴水広場はシートを広げてくつろぐ人でいっぱい! 
子どもたちは、噴水に入ったり、こどものくにの乗り物に乗ったり、園内を駆け回ったり、本当に楽しそうです。
日差しはあったけれど、気温はあまり上がってないので、花はまだまだしっかりついていて、長く楽しめそうです。

110505M01.JPG 110505M02.JPG 110505M03.JPG


◆5月6日(金)

穏やかな日差しに誘われて、今日の函館公園もにぎわっています。遠足や写生大会の子どもも元気に駆け回っています。
函館公園のお花見は、歴史的な建物と桜のコラボも見どころ。
明治時代に建てられた旧博物館1号、2号のレトロな姿にも桜がよく合います。
昭和初めに建てられた旧図書館前には、松前の南殿(なでん)という八重桜が咲きはじめていました。

110506M11.JPG 110506M12.JPG 110506M13.JPG


◆5月7日(土)

午後から雨の予報だったので、朝からお花見の人が多かった函館公園。週末らしく、家族連れでにぎわっていました。
花は満開。枝に手まりのようにこんもりついているのも、かわいいですね。そろそろ葉っぱも出てきました。
屋台通りの下の方に、その名も「櫻之碑」を発見! 明治時代に桜の苗木5000本を寄付した商人・逸見小右衛門の
功績をたたえたものだそう。こうして花見を楽しめるのも、偉大な先人のおかげというわけです。

110507M01.JPG 110507M02.JPG 110507M03.JPG


◆5月8日(日)

ゴールデンウィーク最後の日曜日、噴水のまわりの桜も満開になって松の緑とのコントラストが美しく映えます。
曇りの天気でしたが、桜の下は今日もジンギスカンや屋台で買ったものをおいしそうに食べる人でにぎわいました。
昨晩の激しい雨で桜が軸ごと折れて落ちているところがありましたが、花びらはまだゆるんでなくて、
風が吹いてもほとんど散っていません。屋台や電飾も来週末まで予定されているので、もう少し楽しめそうです。

110508M01.JPG 110508M02.JPG 110508M03.JPG


◆5月9日(月)

函館公園の桜は満開状態をキープ! 連休明けでしたが、昼間もシートを敷いてお花見するグループが見られました。
夜桜電飾もまだまだ続きます。煌々とした明るさではなく、夜に浮かび上がる花のライトアップは幽玄の世界です。
屋台では、ワンカップの燗酒を売っていて、「温まるね~」と両手で抱える人の姿も。燗酒で夜桜、乙ですね。

110509M01.JPG 110509M02.JPG 110509M03.JPG


◆5月10日(火)

夕暮れの函館公園。今日は一日いい天気で、久しぶりに夕空が赤く染まっていました。
満開の桜は、風が吹くと花びらが1ひら、2ひら、はらりと舞うくらいで、まだしっかりと咲いています。
夕焼けと桜もよく合いますね。

110511M01.JPG 110511M02.JPG 110511M03.JPG


◆5月11日(水)

今日もお花見日和のいい天気。気温は上がっても14℃で花は無事、まだ桜吹雪にはなっていません。
大きな松の影になるせいか、一番遅く咲いた博物館一号の前の桜もきれいに満開になり、繊細な姿を見せています。
その近くのせせらぎの上に、つつじの花も咲き始めていました。季節はどんどん進んでいますね。

110511M01.JPG 110511M02.JPG 110511M03.JPG


◆5月12日(木)

午前中はいいお天気で、グループで公園を散歩する人も多くいらっしゃいました。
時折風が吹いて桜がはらはらと舞うと、あちこちで歓声が上がります。「わ~きれい。遅く来てよかったわ」。
足元の芝生にも、花びらがだいぶん目立つようになってきました。そろそろ最後の見せ場に突入です。

110512M01.JPG 110512M02.JPG 110512M03.JPG


◆5月13日(金)

昨晩の雨と風で、公園内の通路や芝生にはうっすら花びらが敷き詰められ、とてもきれいです。
それでも枝の花はまだまだたっぷりついていて、この週末は上も下もピンク色の世界が楽しめそう。
お天気がちょっぴり気になりますが、屋台と電飾は15日(日)までの予定です。

IMG_7047.JPG IMG_7059.JPG IMG_7056.JPG


◆5月14日(土)

午前中ににわか雨もありましたが、雨が上がったら人出も増え、みなさん「もうひと花見」を楽しんでいらっしゃいました。
ソメイヨシノは葉桜が目立ってきて、公園は淡い緑色に包まれるとともに、旧図書館裏の大きなしだれ桜が見ごろに!
八重桜の濃いピンクのつぼみもふくらんできて、桜もバトンタッチですね。ジンギスカン、屋台、まだ間に合いますよ! 

110514M01.JPG 110514M02.JPG 110514M03.JPG


◆5月15日(日)

お花見の屋台や電飾も今日で最後。名残を惜しむ人たちが集まる中、撤去作業を進める屋台もありました。
「今年は冷える日が多かったから、桜がよくもったね」と、屋台のかた。提灯に照らし出された桜は、まだ充分美しく見えます。
連日お届けしてきた「今日の桜レポート」、これにて終了です。長い間おつきあいいただき、ありがとうございました。

110515M01.JPG 110515M02.JPG 110515M03.JPG


※編集室M 2011/4/27~5/15取材、2012/3/5更新)

関連記事
 函館の桜ダイアリー 五稜郭公園編
 函館のおすすめ花見スポット