トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「桜」

五稜郭&函館公園の楽しいお花見情報!

150219A01.JPG
函館のお花見は、4月下旬~5月中旬ごろ。本州に桜前線が上陸してからひと月たって、長く桜が楽しめます。

ジンギスカン、夜桜、露店など、花見のお楽しみはいろいろ。代表的なお花見スポット、五稜郭公園と函館公園の情報をお届けしましょう。

関連記事

 

130416M14.JPG

ジンギスカン

桜の下でお弁当を食べたり、ジンギスカンをしたり。晴れた日には最高に気持ちいいですね。

五稜郭公園、函館公園とも、4月下旬から5月中旬にかけて、園内の特定区域で火の使用が可能に。あちこちで、ジンギスカンのいい匂いがしてきます。日程、時間、場所、利用法などに関しては、函館市のお知らせをご参照ください。⇒最新情報

ジンギスカンは持ち込みのほか、五稜郭公園では手ぶらでOKのオールレンタルも利用できます。「五稜郭のお花見プラン(予約制)」の問い合わせは、サンフレッシュサービスまで(090-6694-7500)。


140414M01.JPG

◆夜桜ライトアップ

4月下旬から5月中旬には、五稜郭公園と函館公園で400~450個の提灯が灯され、幻想的な夜桜が楽しめます。平日は午後7~9時、土日祝日は午後7~10時。

五稜郭では、五稜郭タワーのライトアップもあり。輝くタワーと桜の取り合わせが楽しめます。

函館公園では、明治時代に建てられた旧博物館の美しい姿や、展望台からの夜景も見ものです。
最新情報


hakobura150426.JPG

◆露店(函館公園)

花見の期間中、函館公園では約40の露店が出て、にぎやかな雰囲気を盛り上げます。子ども向けのおもちゃ、ゲーム、わたあめなど。また、おなじみのやきとり、おでん、たこ焼き、焼きそばの店などがずらり並ぶ様子は壮観!

営業時間は店によって違いますが、午前10時ごろから電飾の終了時間までというところが多いようです。


110421M05.jpg手漕ぎボート(五稜郭公園)

五稜郭公園では、貸しボートに乗ってお濠から見る桜も、一味違っておすすめです。桜の花を水面から眺めながら、1周約2kmを30~40分でまわることができます。

ボート乗り場は一の橋を渡ったつきあたり。毎日9~17時の営業(天候によっては休みあり)、50分以内で2人で2000円、3人で2500円、4人で2800円(税込)。なお、酒気帯びの方は乗船できません。問い合わせは、野田貸しボート店(0138-51-9327)まで。
※2017年の営業開始は4月23日(日)の予定  


※期間中の駐車場の状況は以下の通りですが、大変混雑しますので、公共交通機関の利用をおすすめします。
五稜郭公園
・市電「五稜郭公園前」電停から徒歩15分
・函館バスの
五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス「五稜郭タワー」バス停からすぐ
・臨時駐車場なし。五稜郭観光駐車場や、函館市芸術ホール函館市中央図書館市立函館保健所の駐車場を有料で利用可
函館公園
・市電「青柳町」電停から徒歩3分
・臨時駐車場として住吉公園グラウンド(函館市青柳町35、37)を開放

※編集室M(五稜郭公園の堀の写真は野呂希一氏撮影)
 2012/4/12公開、2017/4/18更新