トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

函館港まつり2012 ハイライトレポート

120813kt24.jpg
毎年8月1日から5日まで開催される函館最大規模のイベント「函館港(みなと)まつり」。花火大会やパレードなどが連日行われるほか、町内会などでも様々な催しが実施され、地域住民から観光のお客様まで、多くの人でにぎわいます。

2012年は函館の市制施行90周年で、東京ディズニーリゾートのキャラクターたちがパレード初日に参加。この日だけで2万5000~3万人の観客(函館新聞社の推計)を集め、例年以上の盛り上がりをみせました。熱い5日間を写真で振り返りながら、イベントのハイライトをたっぷりお見せしましょう。

※2016年にもディズニーパレードが予定されています。最新情報はこちら

120813kt04.jpg
市民生活に密着した夏の催しとして親しまれている港まつりが始まったのは、昭和10(1935)年。函館は前年に当時の市街地の3分の1を焼失する大火に見舞われ、焼失建物約1万1000棟、死者2166人という痛ましい損失を被りました。

この「昭和9年の大火」で意気消沈した市民を元気づけ、気分一新を図って復興の勢いを盛り立てようと開催されたのが「函館港まつり」。日米修好通商条約により国際貿易港として開港してから77年目の「喜寿」に当たることから盛大に開催され、3日間で30万人の人出を記録したとされています。その後は戦時下において3年間中止されたのみで、函館開港を祝う祭りとして毎年開催されています。

◆初日は港を彩る花火で幕開け

120813kt42.jpg
港まつり初日に行われる「道新花火大会(北海道新聞函館支社主催)」は、函館で最も規模の大きい花火大会。函館港の埋立地「緑の島」から打ち上げられる大玉花火や変わり花火、そして夜空一面に広がるスターマインが、華々しく港まつりの始まりを告げます。

花火はベイエリア一帯から観覧することができますが、青函連絡船記念館摩周丸前から函館市水産物地方卸売市場にかけての岸壁が最も間近に見られる観覧場所。景色も含めて写真を撮るなら、ともえ大橋や少し離れた元町公園もお勧めです。

なお、当日は打ち上げ場所周辺へのマイカー乗り入れが規制されます(函館港まつり公式サイトに事前に掲載)。観覧の際は敷物があるといいでしょう。

120813kt41.jpg 120813kt43.jpg 120813kt40.jpg
 

◆2日間にわたる市民パレード「ワッショイはこだて」

120813kt21.jpg
港まつりの2日目と3日目は、市民が踊りながら市内を練り歩く「ワッショイはこだて」が夕方から行われます。2日目は十字街電停から松風町電停付近まで、3日目は堀川町電停から五稜郭電停付近まで、路面電車の線路沿いに進んでいきます(コース案内はこちら)。

パレードは3部制で、第1部は「函館港おどり」、第2部は「子どもいか踊り」と各団体による自由なパフォーマンス「サマーカーニバル」、そして第3部は「函館いか踊り」。今年のパレードは平日に当たりましたが、合わせて2万人以上の市民が列に加わり、大いに沿道の観客を沸かせました。

主な出し物をご紹介しましょう。

●東京ディズニーリゾートスペシャルパレード(2016年も実施)
120813kt26.jpg 120813kt28.jpg
2012年は、ディズニーの仲間たちが「ワッショイはこだて」の十字街・松風コース(8月2日)に登場!
ミッキーとミニーは「リマウジン2」に、他のキャラクターと東京ディズニーリゾート・アンバサダー(親善大使)の横田恵理子さんは
「ドリームクルーザー2」に搭乗、沿道を埋め尽くした観客の歓声に大きく手を振って応えていました。

●函館港踊り
120813kt06.jpg 120813kt05.jpg
パレード第1部、函館港おどり。昭和10年の第1回港まつりの際に制作された「函館港おどり」と、
函館在住の民謡の大御所・佐々木基晴さんが歌う「函館港唄 いいんでないかい」の2曲に合わせて踊ります。

●高陽市芸術団                        ●サンバ隊
120813kt03.jpg 120813kt33.jpg
(左)2011年8月に函館市と姉妹都市の提携を結んだ韓国・高陽(コヤン)市からの舞踊団。
(右)飲料メーカーのプロモーションの一環として、外国人ダンサーらからなる「太陽のマテ茶 サンバ隊」がパレードに登場。

●サマーカーニバル
120813kt15.jpg 120813kt10.jpg 120813kt34.jpg
パレード第2部のサマーカーニバルに登場する団体は、それぞれオリジナルのダンスやパフォーマンスを披露。
毎年定番の踊りで名物になっている団体もあれば、今年はどんなパフォーマンスが飛び出すかと毎年期待されている団体も。
工夫を凝らした衣装や山車、神輿などにも注目です。

●花電車                            ●箱館ハイカラ号
120813kt16.jpg 120813kt37.jpg
(左)港まつりの時期のみ運行する装飾電車(一般の乗車は不可)。パレードの中盤に2日間とも登場します。
(右)復元チンチン電車・箱館ハイカラ号は十字街・松風コースのみ。車掌さんがハイカラさんのドレスを着て乗車しています。

●函館いか踊り
120813kt30.jpg 120813kt39.jpg
昭和56(1981)年に市民が考案した、イカの様々な食べ方を表現した踊り。誰でも数分でマスターできる簡単さが特徴です。
第2部子供いか踊り(左)、第3部一般の函館いか踊り(右)。「函館の子供なら誰でも踊れる」とテレビで紹介されたことも。
当初の踊り手はわずか25人でしたが、今では約30団体+飛び入りも含めて合計1万人以上が参加。
120813kt17.jpg 120813kt18.jpg 120813kt38.jpg


◆函館駅前の大門でもイベントいろいろ

●大門ビアパーク
120813kt12.jpg 120813kt13.jpg
大門グリーンプラザは、JR函館駅前商店街とクロスする広々とした緑地帯。
港まつり期間中は、この周辺に露店が立ち並び、カップルや仲間同士、また家族連れでにぎわいます。
グリーンプラザのステージでは、小規模なステージイベントが随時行われていました。

●だいもんホコ天カフェ with はこだて国際民俗芸術祭 オープニング
120813kt20.jpg 120813kt22.jpg
最終日の8月5日は「だいもんホコ天カフェ」で、駅前通りは歩行者天国に。
2012年には「第005回はこだて国際民俗芸術祭」のアウトリーチ(出前)として、
参加している海外の舞踊団による演奏と踊りが繰り広げられました。

●いか踊り大会
120813kt32.jpg港まつりの締めくくりは、歩行者天国での「函館港おどり・いか踊り大会」。パレードにも参加した山車を取り囲み、みんなでぐるぐると輪になって踊りながら、まつりの余韻に浸ります。

函館市民のパワーがあふれる「函館港まつり」。観光のかたわら、夏の日をご一緒に熱く過ごしてみませんか。

※記者K 
2012/8/1~5取材、8/15公開
2016/6/4更新

「はこぶら」関連記事

●函館港まつりは毎年少しずつ内容が異なります。お越しの際には事前に公式サイトでチェックを。

●パレードプログラム、総合案内、オリジナルうちわは、パレード本部で配布されます
(2日目十字街・松風コースは大門グリーンプラザやぐら付近、
3日目堀川・五稜郭コースは本町交差点近くのセブンイレブン隣)。