トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「紅葉」

秋の香雪園、紅葉レポート2012

121113x01.jpg湯の川からバスで約10分、閑静な高台にある見晴公園の香雪園は、市内でも一番人気の紅葉の名所。2013年も10月19日から11月10日まで「MOMI-G(もみじ)フェスティバル」が開かれ、観光で訪れるかたはもとより、多くの市民が鮮やかな紅葉を愛でにやってきます。

2012年の紅葉は、例年よりやや遅めでした。「どんな風に色づいていくの」「園内はどんな様子?」......そんな声におこたえして、この地区に小さい頃から暮らし、長年紅葉に慣れしたんできた「はこぶら」記者が、移ろいゆく紅葉模様を日々レポートしました。

(各写真は、クリックすると大きく表示されます)
◆10月19日(金)
いよいよ明日10月20日から、香雪園で「MOMI-Gフェスタ2012」が開かれます。
緑のセンター前にある「板倉」周辺(左)や、正門近くの「いわれの碑」付近(中)、
温室の裏の四阿(あずまや)付近、バス停待合室付近などで紅葉が始まっていました。
色づき具合はまだまだですが、だいぶん気温が下がってきたので、徐々に紅葉が進みそうです。
園内の松並木では、幹に「こも」を巻きつける作業が行われていました。
121019X02.JPG 121019X01.jpg 121019X03.JPG

◆10月20日(土)
MOMI-Gフェスタが始まり、普段は静かな夜の香雪園に夜間ライトアップが彩りを添えています。
紅葉の本番はこれからですが、園内各所がライトアップされており、復元された木橋も幻想的な姿に(中)。
緑のセンターでは、期間中毎日17時~17時30分、金曜日はそのほか18時30分~19時も、ミニライブが行われています。
この日は天野裕子さんによるヴァイオリン演奏が行われ、「花」「時代」「赤とんぼ」など日本の名曲が奏でられました。
121021x01.jpg 121021x02.jpg 121021x03.jpg

◆10月24日(水)
今年は例年にない残暑の影響からか、紅葉の進み具合が遅いようですが、カエデの並木も色づきはじめています。
これから寒暖の差がますます激しくなれば、紅葉がいっそう進むことでしょう。
板蔵前のもみじは日当たりのよさもあり、全体がほぼ真っ赤に色づいていました(中)。
今日は運よくエゾリスに会えました。滅多にお目にかかれない上によく動き回るので、撮るのに一苦労でした。
121024x01.jpg 121024x02.jpg 121024x03.jpg

◆10月27日(土)
紅葉のみ具合は、やはり例年からみると少し遅めのようですが、確実に色づいてきています。
温室前の刈り込まれたツツジ、温室裏のあずまや近くのカエデなどが見ごろに。
緑のセンターでは、土日の9~15時に「体験会」が行われています。今週末は「ドライフラワーで簡単リースづくり」。
121027x01.jpg 121027x02.jpg 121027x03.jpg

◆10月29日(月)
121029x02.jpg 121029x06.jpg
正門に続くカエデ並木は、緑に混じって赤や黄色に色づいた木も目立つようになりました(左)。
書院造の風流な日本家屋・園亭周辺も色づき始めており、もう少しで見ごろとなるでしょう(右)。
正門近くの「いわれの碑」付近(下左)や、緑のセンター前の「板蔵」の「おおさかずき(下中)」はほぼ見頃の状態です。
121029x03.jpg  121029x05.jpg 121029x04.jpg
 
◆10月31日(水)
香雪園の紅葉は日を追うごとに深まって、場所によっては落葉が始まっているところもあります。
今日も大勢の観光のかたが香雪園の紅葉見物に訪れており、園内の至るところで歓声が聞こえていました。
夕方から夜にかけては冷え込んできましたので、夜の紅葉見物にお出かけの際は暖かい服装でお越しください。
121031x01.jpg 121031x02.jpg 121031x03.jpg
 
◆11月3日(土)
園路には落ち葉の絨毯が広がっているところがありますが、紅葉自体はまだまだ進行中ですのでご安心を。
この週末は園亭で茶会があり、縁側のガラス戸が開け放たれて、ふだんとは違う雰囲気で庭を望むことができました(中)。
赤い屋根に白い壁が特徴的なレンガ造りの温室は1908年に建てられたもので、ノスタルジックな外観が絵になります(右)。
121103x01.jpg 121103x02.jpg 121105x04.jpg

◆11月5日(月)
緑のセンター前の「おおさかずき」、見事に真っ赤です(左)。葉はしっかりついていて、散りはじめはまだ先でしょう。
園内全体がかなり色づいてきましたが、園亭近くの「台座」付近など、これからが見ごろの場所もあります(中)。
一番上の写真と同じ、裏の駐車場近くの林は、ほんの一部だけ赤く、全体が色づくまでにはしばらくかかりそうです(右)。
121105x08.jpg 121105x03.jpg 121105x01.jpg

◆11月7日(水)
あいにくの雨模様ですが、紅葉した葉がしっとりと雨に濡れて色鮮やかさを増し、少し違った印象です。
園亭近くの木橋越しに紅葉を撮ると、中々の風情がありますね(中)。
裏の駐車場近くの紅葉の林も、一昨日とは打って変わって色づきが進んだようです(右)。
121106x01.jpg 121106x02.jpg 121106x03.jpg

◆11月8日(木)
「MOMI-Gフェスタ」も今日を含めて、残すところ4日間。今年は紅葉の始まりが遅かった分、そのあともまだ楽しめそうです。
正面のカエデ並木は、昨日の雨で葉の密度が減ったものの、色鮮やかさを増しています。足元は落ち葉のじゅうたん!
16時からのライトアップに照らし出されると、同じ園路がまた違った雰囲気になります。
121108x01.jpg 121108x02.jpg

◆11月10日(土)
「MOMI-Gフェスタ」も明日、日曜日までとなりましたが、例年より遅れていた藤棚近くの大木も、鮮やかな黄色に色づきました。
緑のセンターの裏には薪などを置く古い小屋があり、背後の林も赤や黄色に色づき、落ち葉の絨毯が一面に広がります。
一番上の写真と同じ、裏の駐車場近くの林もほぼ真っ赤に色づいた状態で、見事な眺めが楽しめます。
なお、落ち葉を手に取る際には栗のイガに注意してくださいね。
121110x01.jpg 121110x02.jpg 121110x03.jpg

◆11月13日(火)
今年の「MOMI-Gフェスタも」11日(日)に無事終わり、香雪園の今シーズンの紅葉も終盤を迎えました。
緑のセンター裏など、赤や黄色の葉が残る木の下には、まるで絨毯のように落葉した葉が一面に広がっています。
数寄屋造りの「園亭」の庭や石段に落ち葉が敷き詰められている光景は、この時期ならではの風流さといえるでしょう。
121113x01s.jpg 121113x03.jpg

◆11月16日(金)
園内の各所で「雪つり」など冬支度が行われており、冬の訪れが近いことを実感します。
とはいえ、散り際の紅葉は赤や黄色に鮮やかさを増し、「有終の美」を撮影に訪れるかたの姿を多く見かけました。
今週日曜日は函館でも雪の予報が出ており、うっすら雪をかぶった真っ赤な紅葉を見ることができるかもしれません。
121116x01.jpg 121116x02.jpg 121116x03.jpg

◆11月18日(日)
朝から肌寒く、時折雪がちらつく天気でした。遅れて真っ赤になった紅葉の下にも落ち葉の絨毯が広がっています。
園路の方は落葉が一番進んでいるため少し寂しい状態ですが、真っ赤なカエデが目を引きます。
木橋の上にも赤や黄色の落ち葉が広がっており、香雪園の紅葉も終わりに近いことが実感できました。
121118x04.jpg 121118x02.JPG 121118x03.JPG

◆11月21日(水)
昨夜から降りはじめた雪で、香雪園は一晩にして初冬の装いとなりました。
裏の駐車場近くの林は、白い雪と真っ赤な紅葉とのコントラストが見事。季節の変わり目ならではの光景です。
香雪園バス停近くの銀杏も落葉し、降り積もった雪の上に、黄色い葉が絨毯のように広がっていました。
121121x02.jpg 121121x03.jpg

121121x04.jpg 121121x05.jpg
温室近くのあずまやから木橋や園亭を眺めると、色づいた葉の残る渓谷に雪が積もり、いい雰囲気になっています。
まだ気温が上がればとけてしまうような雪ですが、タイミングがよければ雪化粧した紅葉の風景が楽しめそうです。

香雪園の季節の移ろいや紅葉の進み具合をお伝えしてきたレポート、お楽しみいただけたでしょうか。
私自身、近所に住んでいながら香雪園に通い詰めたのは本当に久しぶりでした。
ゆっくり歩いてみると、紅葉も時期や時間帯、天気などによって様々な趣があることを再認識できました。
今度の秋はぜひ香雪園にお出かけになり、色鮮やかな紅葉ショーを楽しんでいただければと思います。

※記者X 2012/10/19~11/21取材・公開、2013/9/20更新

「はこぶら」関連記事