トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

煌めく夜景とともに、新年カウントダウン

121231M03.jpg
「5、4、3、2、1。おめでとう~!」。煌めく夜景の広がる函館山山頂では、カウントダウンとともにクラッカーが鳴り、新しい年の始まりを祝う人たちの笑顔がはじけました。

「函館山カウントダウンスペシャル」と銘打ち、毎年大晦日には、函館山ロープウェイの特別営業が行われます。函館山の美しい夜景を見ながら年越しできるように、深夜22時から明けて1時まで運転。山頂ではさまざまな企画も楽しめます。

仲間や家族、カップルとスペシャルな思い出を刻めるこのイベント。「はこぶら」記者が2012-2013年のカウントダウンをレポートします。

◆23時、山麓駅到着。気温マイナス5℃、雪......。

121231M04.JPG 121231M05.JPG

つい1週間前にはクリスマスツリーが輝いていた山麓駅ですが、新年を前に、立派な門松が正面玄関でお出迎え!
気温はマイナス5℃、雪も降りしきっていますが、ロープウェイは力強く進んでいきます。
23時を過ぎてお客さんも続々と集まってきました。スペシャルチケットを買って、山頂へ向かいましょう。


◆展望台では、乾杯したり、お土産を買ったり、紅白を見たり

ロープウェイの運転は10分間隔。約3分で山頂展望台に到着です。
山頂はマイナス8℃! ドアが開くと、降りこむ雪と、空気のヒンヤリ感にびっくりしました。 
カウントダウンの瞬間までは、暖かいショップやレストランでゆったりと時間を過ごすことができます。

121231M06.JPG 121231M07.JPG 121231M09.JPG
(左)参加者に配られるオリジナルポストカードは、当日限定「函館山ポスト」に投函すると、切手なしでどこにでも届けてもらえます。
(中)2階レストラン・ジェノバはフリースペースとして開放。一杯飲んだり、おしゃべりするもよし。
(右)レゴ作家・かたおかしんごさん作の「函館夜景モデル」のディスプレイ。本物に負けず、輝いていました。(2012-2013年のみ)

121231M08.JPG 121231M10.JPG 121231M11.JPG
(左)3階ティーラウンジ・レガートは、人数限定のプレミアムパーティーの会場。
(中)前方の窓から夜景が楽しめる、2階クレモナホールもフリースペースとして開放。
(右)お土産ショップも大盛況。横では、記念品の当たる抽選も行われていました。


◆屋外展望台でカウントダウン! 吹雪もやんで、とびきりの夜景も

12時が近づいてくるとクラッカーが配られ、いよいよカウントダウンの態勢に。屋内の展望スペースに陣取る人もいますが、やっぱり屋外の展望台に上がらなくちゃ......ということで、屋上へ。

もうすごい人だかりです。やっほ~、先ほどからの吹雪もやんで、夜景がくっきり見えています。

パーティー会場にいるFMいるかのパーソナリティ、皆方昭司さんの煽りでカウントダウンに突入! (動画を再生して、お楽しみください)



121231M12.JPG
あけまして、おめでとう!
くっきりと冴えわたった夜景を眺めていると、新しい年がいい年になるような気がしてきます。

雪が積もった路面が街灯に照らし出されて、白く浮かび上がっているのがとてもきれい。真冬ならではの「雪夜景」です。みんな歓声をあげて、写真を撮り合っていました。

ロープウェイの運行は1時まで。地上におりたところで、新年のお餅をお土産にいただきました。

121231M13.JPG


◆番外編・帰りに、近くの護国神社で初詣

年越しイベントのしめくくりに、ロープウェイ山麓駅から歩いて数分の護国神社で初詣を敢行。
この神社は、縁結びのご利益があるということで、若いカップルがたくさん訪れて初参りしています。
かがり火が焚かれた境内でお参り、温かい甘酒のふるまいを受けて、新年のいい幕開けになりました。

121231M14.JPG 121231M15.JPG

※上記は2012-2013「函館山カウントダウンスペシャル」の模様。
関連記事 

※編集室M 2012/12/31~2013/1/1取材、2013/1/9公開 2014/11/30更新