トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「スイーツ・パン」

地元っ子おすすめ、函館おみやげスイーツ

スイーツトップさしかえ.jpg

函館みやげといえば、新鮮な海産物や、塩辛などの加工品を真っ先に思い浮かべるかたが多いでしょうか。ほかにも五島軒のカレーや函館塩ラーメンなど、食品も個性派ぞろいですが、実はスイーツもバラエティに富んでいます。

北海道物産展でも評判のチーズスフレや、定番のトラピストクッキーも根強い人気。でも、それだけではなく、函館では新しいスイーツがどんどん登場しています。そこで、「はこぶら」記者が手みやげに購入したり、おやつとして日頃から親しんでいるおすすめスイーツを紹介しましょう。函館らしいストーリーを込めた味わいとパッケージのスイーツは、旅のおみやげに最適。地元で愛されているスイーツを、ぜひみなさんも味わってみてください。


◆函館みやげに、地元っ子おすすめのスイーツを

111031N30.jpg日本で最初に開港した都市のひとつである函館は、いち早く西洋文化を取り入れた街。お菓子づくりの歴史は古く、明治時代からパン・ケーキ店が創業していました。

近年、函館市と近郊の和洋菓子店が力を入れているのが、新ブランド「函館スイーツ」です。デパートの催事などでは、新感覚の創作菓子「函館スイーツ」が大集合! 人気店の新作スイーツに真っ先に出合えるとあって、オープン前から行列ができるほどの人気ぶりです。

北海道産の牛乳、バター、卵、小麦粉をはじめ、かぼちゃ、豆、昆布など、地元の安心安全な素材を生かしてつくられたお菓子たち。どれも函館みやげとして、自信を持っておすすめできるものばかりです。

(左)大人気のスイーツイベント



◆どこで買う? スイーツ専門ショップもあります


160320M01.jpgおみやげにスイーツを買うなら、JR函館駅、函館空港、観光スポット(函館山山頂、ベイエリア、五稜郭タワーなど)のショップが便利。足をのばして、製造元のお店に出向いてみるのも楽しいですよ。地元の常連客らと一緒に、おみやげ選びを楽しみましょう。

そのほか、人気店のスイーツを揃えた専門店もおすすめです。函館駅前のデパートにある「はこだてスイーツ&cafe」や、ベイエリアの「はこだてルサマーヤ・スイーツ」には、函館や近郊の和洋菓子店の人気スイーツがずらり。ここに来れば、きっとお気に入りに出合えるでしょう。店内にはカフェスペースも併設されているので、休憩もかねて足を運んでみてはいかが?

(右)人気スイーツショップのスイーツを取り扱う、はこだてスイーツ&cafe



◆おすすめ、おみやげスイーツ大集合! (価格は税込。商品名をクリックすると詳細ページが見られます)

【豆・かぼちゃ・昆布・さつまいも......地元素材スペシャル】

130302M04.JPG
はこだて甘納豆
美しい彩りが喜ばれそうな甘納豆4種の詰め合わせ。たまふくらの甘納豆も。
彩200g514円/石黒商店
  170726SY.JPG 
豆乳しふぉん
シフォンケーキ専門店に、常時30種以上が並ぶ。しっとりとした食感が人気。
ホール大980円~/函館おたふく堂
  170726SY01.JPG 
おからぼーろ
近郊産の大豆で作られた、素朴な味わいが評判の一口サイズのボーロ。
10個380円~/函館おたふく堂

141125TT05.jpg
函館近郊・厚沢部町のさつまいも「黄金千貫」のスイートポテトの大福菓子。
6個1250円/カドウフーズ
  20120907N22.jpg
ラング・ド・シィー
ラングドシャ生地にがごめ昆布を混ぜ込んだ、海をイメージしたクッキー。
12袋1080円/ペイストリースナッフルス
  130314N01.jpg
北うさぎ羊かん
手のひらサイズの筒型羊かん3種。こんぶは函館産の昆布2種をブレンド。
60g×3種648円/菓匠 花の木


【個性派、魅惑の焼き菓子】

130318kt01.jpg
モナスク
最中+クッキー。パリパリ、サクサクとした新食感が楽しい創作焼き菓子。
6個870円/ジョリ・クレール
  130326kt07.jpg
箱館塩かすてら
上質な食感、ほんのり塩風味で後味さっぱり。高級感あふれる桐箱入り。
1本1296円/スイーツギャラリー北じま
  130326kt06.jpg
箱舘二十間坂ばうむ
角形のバウムクーヘン。バターとメープル、2層の生地で味わい豊か。
大864円/スイーツギャラリー北じま

170426G01.jpg 
五島軒ブーケシリーズ
老舗レストラン「五島軒」の伝統菓子9種類を、ハイカラなデザインの箱で。
各540円/五島軒
  130402N01.jpg
函館ラスク
道産小麦100%使用の食パンを食べやすく。さまざまなフレーバーあり。
カップ378円、袋540円~/キングベーク
 

※取材/編集室N、編集室M、記者K、記者H 文・編集室N 2013/4/15公開、2017/11更新