トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「ファミリー」

グリーンピア大沼で、夏の元気リゾート!

201476h04.jpg
お子さんと一緒の夏の旅行、自然のなかで楽しくアクティブに遊べるリゾート地、大沼に出かけてみませんか?

函館から車で40分の「グリーンピア大沼」は、外で体験できる多彩なアクティビティあり、室内の遊技場あり、温泉ありで、子供も大人も満足の総合レジャー施設です。「帰省中の孫を連れていくと喜ばれる」「夏休みの遊び放題チケットがお得」と、函館市民もご愛用。宿泊してたっぷり遊ぶこともできますし、日帰りで利用することもできます。

はこぶらママ記者が、子どもと一緒に半日リゾートを楽しんできました。おすすめアクティビティをご紹介しましょう(文中の料金はすべて税込。営業期間等は2015年のものです)。


201476h22.JPG
【パークゴルフ大人も子どもも一緒に楽しめる
1人550円(45ホールまわり放題)

パークゴルフは、専用のクラブとボールで、カップインするまでの打数を競いながら遊べるスポーツ。北海道のカラッとした夏の空気の中、誰でも楽しめるパークゴルフで勝負!

施設内には18ホールのコース2つと9ホールのコース1つがあり、9ホールの「ファミリーコース」は子どもと一緒でも30分ほどでまわれます。道具類も子ども用、大人用(右、左)すべて無料で貸し出していますので、家族でパークゴルフコンペもいいですね。

「パパよりも飛んだ~!」「パターでは負けないぞ!」思わず笑顔があふれます。


201476h20.jpg 201476h21.JPG


201476h45.JPG
【レンタサイクル】広い敷地内で北海道の空気を感じながら
1人乗り用350円~、2人乗り用450円~(1回30分)

パークゴルフの道具を返却する場所と同じところに、レンタサイクルのセンターがあります。

1人用から、3人乗り、6人乗り、たくさんつなげられるタイプのものまで、様々な形の自転車があるので、人数が多くても少なくても大丈夫です。わいわいと話をしながら家族で一緒に自転車に乗って、広大な敷地内をサイクリング。盛り上がりそうです。ゴルフコンペで負けた人が漕いだりしてもいいかもしれませんね。

「10台まで連結できるカルガモ自転車を発見! 休んでいる人はいないかな?」


21476h25.jpg
【ちびっこランド】小さい子どもたちも安全に遊べる
土日祝日、7/18~8/23営業 30分800円~

小学生以下対象で、小さい子どもが楽しくあそべる「ちびっこランド」。飛んだり跳ねたりすべったり、体全部を使って遊ぶ大型ふわふわ遊具が5基あり、はしゃぐ声が聞こえてきます。

小さめのブランコ、滑り台、新幹線などの乗り物もあり、目移り気味のちびっこたちに嬉しい遊具がそろっています。ちびっこランド全体が柵でおおわれて飛び出し防止になっていて、安全に遊ばせることができますね。親には嬉しい、休憩できるベンチもたくさんありますよ。

このちびっこランドのほか、無料であそべる木製の巨大ジャングルジムや、23台のアスレチックコースもあります。


201476h33.JPG
【スポーツスライダー】スピード感満点で一番人気!
1回大人400円、子ども300円

ブレーキのついたソリにのって、全長670メートルのコースをすべり下りてくる「スポーツスライダー」。大人もぜひ体験してみてください。

のぼりはロープでそりごとひっぱり上げてくれますので、鳥のさえずりや虫の声を聞きながら、まわりの景色を楽しめます。頂上についたら、カーブやトンネルがあるコースを一気に駆け下りますよ! 爽快な気分になれます。

子どもたちは、降りたあとに「もう1回やる!」。このスピード感と、風の気持ちよさに、何度でも乗りたくなる気持ちがよくわかります。

201476h34.JPG 201476h32.JPG


201476h40n.JPG
【ウォーターバルーン
土日祝日、7/18~8/23営業 1人650円、2人1100円(1回)

最近人気急上昇、イタリア生まれの「ウォーターバルーン」。風船の中に入って、濡れることなく水の上を歩く感覚が人気です。ヒヤッとした水の上を転げたり、走ったりして楽しみます。

防水ジッパーをあけて中に入り、エアーを吹き込んでバルーンをふくらませてジッパーを閉めます。風船の中に入るだけでも、テンション上がりますよね。上手に立てるようになるのは子どもたちのほうが速いですよ。

「バルーンに入っている人が転んでいるのを、外から見てるのも楽しいかも」とにかく盛り上がるアトラクションです。


201476h30.JPG
【パドラーボート】
土日祝日、7/18~8/23営業 小学生以下500円(1回5分)

体重40キロまでの子ども限定の「パドラーボート」。手でハンドルをくるくる回すと、前に後ろに進んでいく船です。

前回しで前進、後ろ回しで後退と、頭を使いながら体を動かす少し知育的な遊びですが、小さな子どもでも簡単に漕いで遊べますよ。自分でできる感じがうれしくなるようです。

「大人だって乗ってみた~い!」「だめ~」楽しそうでうらやましくなっちゃいます。


201476h41.jpg
【レストランmarimo】外遊びが一段落したらちょっと休憩

グリーンピア大沼には、ホテル建物内にレストランや休憩できるスペースがあります。遊びの途中でも、移動せずにランチができますよ。

レストランmarimoは、ソフトクリームなどの軽食から、生ラムを使用した「ジンギスカン定食(905円)」などの食事が豊富。大沼名物の、大皿にはいった「あんかけ焼きそば(820円)」には子どもたちもびっくりです。小上がりと椅子席がゆったり配置されているので、ファミリーも入りやすい雰囲気になっています。

レストラン近くの売店では、地元野菜や駒ケ岳牛乳の販売など、ママにもちょっとうれしい買い物コーナーがあります。

関連記事 レストランmarimo

201476h39.JPG 201476h38.JPG


201476h28.jpg
【屋内遊戯施設】プール、ボウリング、カラオケ......
温水プール 大人500円、小人250円

まだまだ遊び足りない時は、室内にも遊戯施設が整っています。ホテルに隣接する「温泉保養館ほっとぴあ」には、室内温水プールがあります。函館近郊ではスライダーのあるプールはここだけなので、地元の人にも人気です。水着などもレンタルしていますので、急に遊びたくなっても大丈夫ですね。

プールの隣にはボウリング場(1ゲーム500円)、カラオケルーム(1人1時間300円)と、その時の気分に合わせていろいろ選べる施設になっています。温泉で遊び疲れた体を癒してから帰るのもいいかもしれません(大人500円、小人250円)。



201476h26.jpg
滞在時間に合わせてお好きなアクティビティをひとつひとつ選んで体験してもよし、5時間・7時間遊び放題チケット(土日祝日、7/19~8/24。その他要問い合わせ)を使ってがっつり遊んでもいいでしょう。夏休みに子どもと一緒に、緑の中のリゾート地で一日楽しんでみてはいかがでしょう。

※記者H 2014/7/6取材、722公開 2015/6/26更新

公式ホームページ グリーンピア大沼
関連記事(はこぶら) グリーンピア大沼