トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「スイーツ・パン」

函館の夏におすすめ、ひんやりドリンク&パフェ

20150701k03all.jpg


夏本番の函館。晴れ渡る青空のもと、夏の日差しに照らされてきらきら輝く海を感じながらの函館旅行は爽快そのものです。歩き疲れてのどが渇いたら、ちょっと寄り道して冷たいドリンクやパフェでひと休みしませんか? 旅行中にうれしいビタミンCたっぷりのドリンクや期間限定のスムージーやパフェなど、はこぶら注目の「ひんやりスイーツ」を一挙にご紹介します。
(営業時間・定休日の記載のないものは、店名をクリックしてサイト内の記事を参照)


◆函館朝市ひろば「agristand」のフレッシュジュース S450~550円、L600~700円(税込)

20150701k04.jpg

20150701k16.jpg
函館やみなみ北海道はもとより、全国各地から高品質な野菜と果物が集まってくる函館朝市。その素材を使ったフレッシュなジュースを提供するagristand(アグリスタンド)の一番人気は、北海道産赤肉メロン100%のメロンジュース。みずみずしい香りと蜜のような濃厚な甘さ、そしてとろりとしたのど越しはまさにメロンそのもの。そのほか、美容と健康に効きそうなフレッシュジュースが季節に合わせて常時5~7種類そろいます。
函館朝市ひろば/函館市松風町9-22 0138-21-1050


◆Cafe&Deli MARUSENのスムージー 650円+税

20150701k08.jpg

20150701k07.jpg
函館駅とベイエリアの間にある、モダンな雰囲気のカフェ。ブルーベリーやイチゴなど4種類のベリーと自家製ソースを用いたヨーグルト風味の「ミックスベリースムージー」、甘さを控えたチョコとナツメグの豊かな香りが特徴の「バナナビターチョコスムージー」など、全4種類のスムージーを夏季限定で提供。見た目以上に量もたっぷりで、飲み終わる頃にはきっと汗がすっかり引いているはずです。6月から10月頃までの期間限定。
Cafe&Deli MARUSEN/函館市大手町5-10 ニチロビル1F 0138-85-8545


◆函館国際ホテルラウンジ「ル・アーヴル」のコールドプレスジュース 900円(税込)

20150701k06.jpg
函館港を望む函館国際ホテルのティーラウンジ特製、一適の水も用いず、旬の果物と野菜だけを使ったジュース。注文を受けてから低速でじっくりと押しつぶして作るため、栄養素が壊れずにそのままジュースになっているのが特徴。砂糖などの味つけはなしで、果物の自然な甘みだけでおいしく味わえます。旬に合わせて、常時2種類を提供予定。6月のジュースは、ニンジン・生姜・りんご、小松菜・ほうれん草・りんご・レモン。
函館国際ホテル/函館市大手町5-10 0138-23-8755(ル・アーヴル)10:00~20:30 無休


◆きんぎょ茶屋の氷抹茶パフェ 550円(税込)

20150701k10.jpg
骨董や和雑貨で彩られた茶店風のたたずまいとかわいらしい和スイーツで人気のカフェから、夏限定の冷たいスイーツが登場。背の高いグラスにかき氷、小豆あん、抹茶アイスなどが層になって入っており、ゆでたての白玉をトッピング。食べ進むごとに味の変化が楽しめます。甘さ控えめの小豆あんは自家製で、豆の味がしっかりと生きています。8月末までの期間限定。
きんぎょ茶屋/函館市末広町20-15 0138-24-5500


◆Cafeマリオドールのカフェソフト 650円、テイクアウトは430円(税込)

20150701k01.jpg

赤レンガ倉庫近くにある、ソフトクリームメニューが自慢のカフェ。大自然に抱かれた大沼エリアにある「山川牧場」の牛乳ソフトに、エスプレッソがついたカフェメニューを通年提供。オリジナルブレンドのエスプレッソは、酸味はほとんどなく、深みのある苦味とともに甘みが感じられます。このエスプレッソを牛乳ソフトに注いで味わえば、濃厚なミルクの風味にきりりとしたほろ苦さがあいまって、極上のハーモニーに。
Cafeマリオドール/函館市末広町12-7 0138-22-5671


◆サルティンボッカのジェラート シングル450円、ダブル550円(税込)

20150701k05.jpg
ベイエリアのイタリアンカフェで、イタリアジェラート協会の認定を受けてレシピを忠実に再現した本格ジェラートを常時10種類程度提供。一年を通して人気の「北海道バニラ」のほか、さっぱりとした酸味がさわやかな「カベルネソーヴィニヨン」「シチリアオレンジ」などが夏場にはよく出ます。プラス200円で好きなドリンクをつけられるので、ベイエリア散策の休憩にも最適です。
イタリアンカフェ サルティンボッカ/函館市末広町13-25 0138-26-7611


◆STRAWBERRY PARFAITの苺たっぷり苺パフェ フル1000円、ミニ800円(税込)

20150701k11.jpg
市電「五稜郭公園前」電停近くにある、パフェとサンドイッチ専門カフェ。花びらが咲いたかのように豪華に飾りつけられたイチゴが目を引く看板メニュー。地物のイチゴが採れる時期は、函館市内の契約農場に毎日スタッフ自ら出向いて手摘みしているそう。自然豊かな大沼エリアの駒ヶ岳牛乳を使ったソフトクリームは、ミルクの風味たっぷり。そこにかかっているのは、甘さの中にほどよい酸味が効いた自家製のイチゴソースです。通年提供。
STRAWBERRY PARFAIT(ストロベリー・パルフェ) ※現在は閉店


◆丸山園茶舗湯の川店のお茶の氷水 300円、練乳がけは350円(税込)

20150701k09.jpg
函館の老舗お茶屋さんが考案した、お茶屋さんならではのかき氷。自社で淹れた緑茶を凍らせてかき氷を作り、さらに自家製お茶シロップをかけるというこだわりぶり。シロップは日本茶らしい苦味のある玉露と、まろやかでほとんど苦味のない抹茶の2種類から選べます。ほどよい苦さが甘みを引き締め、最後まで飽きずに食べられます。市電「湯の川」電停近くにある店舗で通年提供。
丸山園茶舗湯の川店/函館市湯川町2-27-29 0138-57-3791 10:00~18:00、日曜定休


◆sweets cafe CAROMELIAのフローズンピーチパフェ 750円(税込)

20150701k13.jpg
旬のフルーツを使ったスイーツが人気の、住宅街にあるケーキ屋さん。生の桃をコンポートにして、冷凍させてから使用するこだわりパフェ。食べ始めはシャリシャリとした食感を、途中からは桃のとろけるような味わいを楽しめます。風味豊かな桃のソースは、コンポートした際の煮汁をジュレにしたもの。底の部分にはフィアンティーヌというケーキ素材を使用するなど、ケーキ屋さんならではの工夫がいっぱいです。8月中旬頃まで提供予定。
sweets cafe CAROMELIA(カロメリア)/函館市人見町5-54 0138-32-5060 10:00~19:00、月曜定休(祝日の場合は翌日)


◆コミュニティ&Cafeはなはなの夏パフェ 680円(税込)

20150701k12.jpg
季節限定の個性的パフェが人気の、函館市郊外にあるカフェ。この夏パフェは、こんもりと盛りつけられたイチゴやパインなどのフルーツ入りかき氷が特徴。凍らせたフルーツを氷と一緒に削っているので、自然の酸味と甘みで最後までさっぱりと食べられます。下にはバニラアイスと季節の生フルーツがたっぷり。夏らしいスパーク花火の演出も嬉しい、トロピカルムード満点の冷たいスイーツです。2015年7月21日から1カ月限定で提供。
コミュニティ&Cafeはなはな/函館市昭和3丁目6-1 0138-76-8703 11:00~15:00、日曜定休


※記者K 2015/6/8~25取材、7/9公開