トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「スイーツ・パン」

函館駅ナカ&駅チカ、スイーツパラダイス

16041801.jpg

北海道新幹線が開業した2016年3月、JR函館駅構内が一新。地元で評判の函館スイーツを集めた空間へと生まれ変わりました。函館の旅の途中で函館スイーツのお気に入りを探してみませんか。おみやげ選びの楽しみがグッと広がります。


◆駅ナカスイーツ 「四季彩館」専門店エリア

160323N05.jpg
函館駅構内の専門店エリアには、地元で人気のスイーツショップがテナント入店。新製品がいち早く並んだり、お菓子作りの実演が見られたり、まるで「デパ地下」のような華やかさ。いずれも直営店なので、スタッフの商品知識も豊富です。

160323N12.jpg
札幌や新千歳空港にも出店する人気店、ペイストリースナッフルス。ふんわりしっとり、スフレタイプのチーズケーキ「チーズオムレット」は、今や函館みやげの定番ともいえます。

160418M01.JPGチーズオムレットの新バージョン、めん恋いちごオムレット。函館産のブランドいちご「はこだて恋いちご」入りで、ほんのりピンク色。函館エキナカ店と金森洋物館店での先行販売です。

160323N17.jpg
「キャッチゴーフレット」は目の前で実演して販売。スタッフのかたが焼き上げる様子をガラス越しに見学できます。絶妙な焼き加減で、しっとりもっちりした新食感に。

160323N19.jpg
サンドするクリームは3種。4枚ずつ可愛らしくラッピングして箱詰めされるほか、1枚ずつ、その場で焼きたてを味わうこともできます。


160323N37.jpg
老舗スイーツ&ベーカリー「キングベーク」直営の、フランス産厳選素材を使ったチョコレート専門店。板チョコ、生チョコ、ボンボンショコラなどがずらり、チョコ好きにはたまりません。

160324N02.jpg
夜景、五稜郭、公会堂など、5種類の函館パッケージが評判の「ISIDATEチョコレート」。ナッツやオレンジなどが大胆にトッピングされて、中身もお楽しみです。

160323N32.jpg
フランスの薄焼き菓子「フィアンティーヌ」の食感を生かした「Zag Zag Zag(税込432円)」には口どけのいいチョコレートを使用。抹茶、フランボワーズなどのフレーバーも。

160324N13s.jpg軽い歯ざわりがたまらない「函館ラスク」。一口大の食パンを焼き上げて、バラエティにとんだフレーバーでコーティング。店頭で試食もできます。


160323N43.jpg
ロールケーキの専門店、ガトー・ルーレ。独自のレシピと製法により、できたてのおいしさが味わえます。函館駅店、本店のほか、函館空港にも出店。

160323N41.jpg夏はマンゴー、秋はパンプキンなど、季節限定品が登場。冷凍とチルドがあるので、購入するときにどちらがいいかスタッフに相談するといいでしょう。

160324N34.jpg
いろいろな種類を食べたいかたには、カット品を詰め合わせた「カットルーレ」がおすすめ。チーズ、ブルーベリー、抹茶の組み合わせ、北海道新幹線カラーのセットも登場。


そのほか、駅チカスイーツショップ

160415N01.jpg
駅ナカにもある人気スイーツショップの1号店で、スナッフルス発祥の地。JR函館駅からは徒歩3~4分。1階には焼き菓子とケーキがずらり並びます。2階には、白を基調とした落ち着いた雰囲気のカフェスペースがあります。

160415N02.jpg
JR函館駅から徒歩10分、または市電「市役所前」から徒歩2分の人気ケーキショップ。北海道産の乳製品や季節のフルーツの美味しさを引き出したケーキが魅力。早い時間に完売してしまうこともある人気店です。カフェスペースを併設。


※編集室N(一部写真撮影/編集室M) 2016/3/24~4/13取材、4/23公開、2017/7更新