あなたのテーマでディープな函館 「スイーツ・パン」

函館~大沼ドライブで、個性派パン屋さんめぐり

171000N05.jpg

函館から札幌方面に向かってドライブすると、30~40分で雄大な駒ケ岳、そして大沼国定公園があります。近年、自然が豊かなこの地域(七飯町・森町)で、個性的なパン屋さんが増えているのをご存知ですか? キャンプやアウトドア体験、温泉めぐりなどで大沼に行く途中で立ち寄るかたはもちろん、「この店のパン職人が手がける、このパンが食べたい!」ということで、遠方からわざわざ訪れる人もいるほど。パンを買って、自然のなかでピクニックも素敵です。大沼近辺の人気&注目のパン屋さんをご紹介します。


◆大沼国定公園周辺には、個性的なパン屋さんが点在

171007N12.jpg
(素材の美味しさを引き出したパン/ヒュッテ)

この地域で店を構えたパン職人たちが目指すのは、自分が食べたいと思うパン作り。たくさんのパンを扱う住宅街の店とは違い、作る数や種類を限定して営業しています。そのぶん、ひとつひとつのパンには手間も愛情もたっぷり。北海道産小麦を使ったパンを並べる店や、地元の旬の素材をふんだんに取り入れた店など、思いはさまざまです。

160830M03.JPG
(薪窯でパンを焼く/おおば製パン)

店からパンを焼く様子が覗き見えたり、店主自ら接客を担当する店もありますので、パン好きにはたまらない地域といえるでしょう。

171002N03.jpg
(山川牧場の牛乳といっしょに/ブーランジェリー エプイ)

パンだけでなく、地元で愛されている食品を一緒に販売している店も。チーズや牛乳などの乳製品、ジャムやはちみつやジュースなどパンに合うアイテム......あれこれ気になります。

171000N02.jpg
(駒ケ岳を望む外テーブル/おおば製パン)

店の中や外に休憩スペースを設けている店では、大沼の自然を感じながら、焼きたてのパンをその場で味わってみるのも楽しい体験です。

【大沼近辺のおすすめパン屋さん】

171007N14.jpg
171000M03.JPG
地元のプロの料理人たちが信頼を寄せるパン屋。ライ麦粉以外は北海道産小麦を使用。食事に合うパンを中心に扱い、地元の食材を取り入れたパンも並びます。夫婦で店を切り盛りし、カウンターで本日のスープやコーヒーも提供。自家製ジャムも評判です。

160830M02.JPG
160830M01.JPG
駒ケ岳を一望できる大自然に囲まれたパン屋。北海道産小麦を使用。どっしりとしたハード系が中心で、薪窯で焼き上げたパンは豊かな香りが魅力です。店主自ら接客しており、おいしい食べ方のアドバイスも行っています。春から秋は店舗前にテーブルを設置。

171007N04.jpg
大沼国定公園の湖畔沿いに佇むパンと焼き菓子の店。パンは土曜日のみの販売。小麦、ライ麦、バターは北海道産のものを使用し、シンプルな味わいのパン数種を取り扱っています。若い夫婦が店を切り盛りし、数に限りがあるため、早めの訪問がおすすめです。冬期休業。

171002N04.jpg
171002N02.jpg
JR大沼公園駅から歩いてすぐのホテル、大沼鶴雅オーベルジュ エプイのベーカリー。北海道産小麦を使用。春から秋は、手入れが行き届いたガーデンのベンチでくつろぎのひとときを。山川牧場の牛乳などドリンク類が豊富。ジャムやドレッシングなどのギフトも評判です。

北海道の豊かな自然に囲まれた場所で、今日もおいしいパンは作られています。パンがなくなり次第、早めに閉店する店もあるので、訪問するなら午前中がおすすめ。店のドアをくぐると、ここだけ時間の流れがゆったりとしているような、不思議な気持ちにさせてくれますよ。


◆パンを買って、大沼の絶景スポットのお供に

IMG_4760.jpg

焼きたてパンの袋を抱えて、景色を楽しみながらの休憩タイムは格別です。さて、どこでひとやすみしましょうか。大沼の定番なら、公園内の散策コースがおすすめ。大沼湖畔は1周14キロと、サイクリングに最適なので、自転車をレンタルしてめぐるのもいいですね。

IMG_4793.jpg

ドライブをさらに楽しむなら、城岱牧場などの展望スポットはいかがでしょう。周辺には雄大な駒ケ岳や函館山と海を望むビュースポットが点在しており、どこを切り取っても絵になる風景が広がっています。

【おすすめビュースポットと大沼情報】




◆さらに、大沼のご当地グルメを楽しむ

160614N01.jpg

酪農が盛んな七飯町は、おいしい牛乳やチーズ、牛肉の産地でもあり、自然の恵みを受けたフードが楽しめます。山川牧場ローストビーフアンドショップのローストビーフサンドは、餌からこだわって育てた肉牛「山川牛」の赤身を使用。肉のうまみを引き出す、絶妙な火加減で焼き上げたローストビーフを、ステーキ1枚分たっぷりと挟んだ贅沢なサンドイッチです。

160614N04.jpg
160614N03.jpg
オーナー山川さんが育てた肉牛「山川牛」の赤身を贅沢に挟んだローストビーフサンド。柔らかくて食べやすいことから人気があり、キッチンカーでイベント出店することもあります。4月中旬から11月上旬までの季節限定発売。事前予約がおすすめです。

七飯町にはこのほか、りんごをはじめとする果樹園、ワイン工場&直売店、極上ソフトクリームを味わえるスポットもそろっています。周辺には日帰り入浴施設もあり。大沼公園駅並びの「大沼国際交流プラザ」では、人気撮影スポットや季節のアクティビティなどを紹介してくれます。こちらのウエブサイト「大沼ップ」では、ななえ大沼 秋のベーカリー特集を掲載中。大沼周辺のおすすめパン屋5軒が紹介されています。掲載店で「大沼ップ」アプリを提示すると、コーヒークーポン券のプレゼントも(2017年11月30日までの期間限定)。

【おすすめ立ち寄り食スポットと大沼情報】