あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

毎日更新、今日のクリスマスファンタジー2017

171201TT04.JPG

函館の冬を彩る一大イベント、はこだてクリスマスファンタジーは、2017年も12月1日にスタート! 港に浮かぶ高さ20メートルのツリーをメインに、花火やステージイベント、温かいスープバーなどが、赤レンガ倉庫の建ち並ぶベイエリアのにぎわいを演出します。フィナーレの12月25日まで、会場の様子のレポートをお楽しみください。
(2017年12月1日撮影/記者TT)


関連記事


【12月14日(木)】

20171214A01.jpg

今日は「みなみ北海道観光DAY点灯式」と題して、みなみ北海道のご当地キャラクターと、道南いさりび鉄道のスタッフがステージに登壇。各市町の特産品やオリジナルグッズが当たるお楽しみ抽選会がありました。

20171214A03.jpg

函館観光のイメージキャラクター、エキゾーくん。赤レンガ倉庫、五稜郭、ロープウェイなどを身にまとって、函館をPR。

20171214A02.jpg

点灯式直後の花火タイム。海と雪に花火の光が反射して、ベイエリアが光輝いた一瞬をパチリ。メインステージから少し外れた向かって左手、金森洋物館の前で撮影しました。見物客がそれほど混みあってなく、穴場です。

20171208A09.jpg

「和ダイニング井井」の『北海道スイートコーンとパスタのポタージュスープ』。まろやかでコクのあるクリームスープは、大人から子どもまで大好きな味。ショートパスタを絡めて食べると、二度美味しい!(A)


【12月13日(水)】

171213M01.JPG

昨晩も雪が降りつづき、ベイエリアは今日も雪景色です。点灯を待つ、16時半前のツリー。海風のため、あまり雪が積もることはないのですが、今日は白い雪の飾りつけが見られました。

171213M02.JPG

そして、16時半に点灯! まるで魔法がかけられたように、雪よりももっと華やかな光に包まれて、みんなの笑顔を誘います。

171213M03.JPG

あたり一面、積もったばかりの真っ白な雪で、ツリーを見に来た人のテンションもアップ。氷点下の気温のもと、思い思いに写真撮影を楽しんでいました。

171213M04b.jpg

今日のスープは、函館駅前のラーメン店「津つ井軒」の『タンタンスープ』。人気メニューである担々麺の辛みそ味のスープに、キャベツ、コーン、ほうれん草、ひき肉など具がたっぷり。ちょい辛で素直な味わい、スープを残さず飲み干してしまうほどいい味でした。(M)


【12月12日(火)】

171212TT03.JPG

今日はツリーが点灯する16時半に会場へ到着。昨日のプラス気温から一転、ふたたびマイナス気温へ逆戻りし、降り続いた雪でまた白い世界になりました(昨日の写真と比べてみてください)。海からは冷たい風が吹き、黙っていると凍えてしまいそうな寒さです。

171212TT02b.jpg

そんな冷えた体を温めてくれるのが、名物のスープバー。今日のスープは、函館の繁華街、五稜郭にある「Dining EN」の『とろーり濃厚チーズポタージュ』。北海道産のチーズが使われており、濃厚かつクリーミーな味でした。

171212TT01.JPG

雪が積もって、会場内の歩道、車道ともにすべりやすくなっています。ツリーの美しさに見とれて、思わず転んでしまわないよう、足元にも充分に気をつけてください。(TT)


【12月11日(月)】

20171211A01.jpg

毎日の点灯式は18時ですが、イルミネーションは夜中の0時まで続いています。今日はあえて賑わう時間帯を避け、20時半に会場へ。20時半からは15分間、ツリーが燃えるような赤に輝くプレミアムレッドツリーの時間です(ほかに18時半、19時半からも)。

20171211A04.jpg

会場には、カップルやグループのかたがちらほら。人出がピークの時間帯と違って、落ち着いた雰囲気のなか、心ゆくまでイルミネーションを楽しめます。ツリーの下には、2ショットを撮影する仲のいいお2人。ロマンチックな写真が撮れたでしょうね。

20171211A06.jpg

日中の雨で雪が溶け、道路が鏡のようになって光を反射していました。ツリーのすぐ横にあるラッキーピエロは0時半まで、スターバックス コーヒーは23時まで営業しているので、ツリーを眺めた後、ゆっくりとお茶を楽しむことができます。(A)


【12月10日(日)】

171210TT05.JPG

今日は気温が上がり、連日の真冬日から脱出。昼間に、クリスマスファンタジーの花火の打ち上げ場所である緑の島に行って、赤レンガ倉庫とクリスマスツリー―を眺めてみました。なお、緑の島には夕方4時から打ち上げの6時すぎまで立入禁止。そのあと、夜8時までは入場できるので、夜景も楽しめます。

171210TT01.JPG

夕方から冷たい雨が降りはじめましたが、日曜日ということもあり、会場内は家族連れのかたなどでにぎわいをみせていました。

171210TT02.JPG

イベント期間中、ツリーのそばに「モミの木妖精の教会」という小さな建物と、記念撮影にぴったりのベンチシートが現れます。教会に入ってお祈りすると、何かいいことがあるかも......。

171210TT03.JPG

また、ツリーに向かって左手のラッキーピエロ マリーナ末広店前の道路沿いには、いくつもの小さな小屋が並びます。中をのぞくと森の中などのミニチュアの世界が表現されており、会場を訪れたかたの心を和ませてくれています。(TT)


【12月9日(土)】

171209M01.JPG

今日明日は、会場近くの金森赤レンガ倉庫で、フィンランドからやってきたサンタクロースとの撮影会が企画されました。サンタの衣装を着て駆けつけたお子さんの姿も。カメラマンが撮影した写真は、クリスマスに「サンタメール」としてお家に届きます。

171209M02.JPG

サンタさんは、クリスマスツリーの点灯式にも参加。光のそりに乗って登場すると、ツリー前に詰めかけたお客さんは大喜びです。

171209M03.JPG

点灯式には、この後ステージでライブを行うSonar Pocketの3人も加わり、サンタクロースと一緒に点灯ボタンをオン。ツリーにイルミネーションが灯り、花火が上がりました。

171209M04.JPG

Sonar Pocketのクリスマスライブには、降りしきる雪にも負けずに、たくさんのお客さんが集まりました。「今まででいちばん寒いライブ」というメンバーでしたが、ハートウォーミングな歌で会場をホットに暖めてくれました。(M)


【12月8日(金)】

20171208A06.jpg

18時の点灯式を待つ会場で、17時45分から3分間行われるレーザーグラフィックスのショー。軽快な音楽とともに、ツリーの上に公式キャラクターたちの姿が次々と浮かび上がり、点灯式に向けて気持ちが高まります。

20171208A02.jpg

今夜は、クリスマス・キッズ点灯式。函館ひかり幼稚園、函館短期大学附属幼稚園、七飯南幼稚園の代表の子どもたちがステージに登壇しました。点灯後、背後から大きな花火が上がり、みんなで見上げて笑顔に。

20171208A04.jpg

点灯式の後、ツリーの近くにある金森赤レンガ倉庫のホールで「クリスマス・キッズ合唱コンサート」が行われ、会場をぎっしりと埋めた観客たちの前で子どもたちが元気に歌いました。

20171208A07.jpg

「地元家函館本店」の『ネギ油香る 牛とごぼうのコク旨スープ』。牛肉のうまみが溶け出した濃厚しょうゆスープに、ごぼうやキノコの風味が加わって極上の味です。キャベツのシャキシャキした食感もいい感じ。具だくさんで、スープとは思えない満足感でした。(A)


【12月7日(木)】

171207TT02.JPG

毎日18時からはクリスマスツリーの点灯式。平日の今日は、一般応募の中から選ばれたカップルのかたが点灯者。ツリーの前に設けられたステージへは、大きなソリに乗って向かいます。今年は雪が多めで、降り積もった真っ白な雪の上をすべるソリはムード満点です。

171207TT01.JPG

今日は、日中、曇り空で気温が上がらずに真冬日となり、まるで冷蔵庫の中にいるような状況。そのような中でも、会場には多くのかたが訪れ、ツリーの前で行われる点灯式と花火を楽しんでいました。カウントダウンのあと、ツリーが点灯!

171207TT04.JPG

続いて背後の海から花火が上がり、会場は歓声に包まれました。

171207TT03b.jpg

今日のスープは、開港通り沿いにある「Cafe&Deli MARUSEN」の『チーズラスクとパンプキンホタージュスープ』。北海道産のかぼちゃがたっぷり使われて、まろやかな味つけ。自家製のチーズラスクがスープにマッチしており、いいアクセントになっていました。(TT)


【12月6日(水)】

171206M01.JPG

昼間も氷点下の気温で、一日中雪が降ったりやんだり。会場の赤レンガ倉庫前に並ぶもみの木にも雪が降り積もり、天然のクリスマスツリーのようです。16時30分ごろの空はまだ明るさを保っていますが、ここから一気に日が暮れていきます。

171206M02.JPG

17時ごろには空がすっかり暗くなりました。クリスマスファンタジーの巨大ツリーのほうは、スモークとレーザー光線に演出されて次々と色を変え、目を楽しませてくれます。雪をのせた天然のツリーとの対比が面白いですね。

171206M03.JPG

今日のスープは、「焼肉物語 牛若」の『薬膳 火鍋 マーラーの赤』。ラム肉、鶏せせり、ふわふわつくねに、豆腐とうどんまで入って、スタミナ&ボリューム満点。唐辛子と山椒風味のピリ辛中国風スープで、体がポカポカ温まりました。(M)


【12月5日(火)】

20171205A05.jpg

今日は、日の入りを少しすぎた16時30分に会場に到着。この時間に、ツリーが点灯します。下から上に光の帯が走り、星がきらめいた瞬間の1枚。この後、ツリー全体に施された電飾が輝きます。瞬間ごとに異なる表情を見せてくれるツリーは、写真愛好家にはたまらない被写体ですね。

20171205A07.jpg

こちらは17時ごろ、観光遊覧船の桟橋から撮影。手すりに並んでいるのは可愛いキャラクターたち! 今日はぐっと冷え込みましたが、ほのぼのした笑顔に心が温まりました。

20171205A02.jpg

「Cafe&Deli MARUSEN」の『チーズラスクとオニオングラタンスープ』。昨年のスープバーのうち、販売数ナンバーワンの実績を誇る人気スープです。じっくりあめ色になるまで炒めた玉ねぎのコクとうまみたっぷりのスープに、自家製チーズラスクがよく合います。(A)


【12月4日(月)】

171204TT03.JPG

今日は風もほとんどなく、穏やかな空模様。先週末に降り積もった雪もすっかりとけて、道路の石畳が見えていました。会場では、カラフルに彩られるツリーとレーザー光線のショーが時折繰り広げられ、とても華やかです。

171204TT01.JPG

ツリーを見るのはどこからがいいの?と聞かれることがよくあります。おすすめスポットのひとつは、ツリーを正面に見て右手にある「七財橋」の上から。アーチ状の橋の上から、ツリーと赤レンガ倉庫群が見渡せます。

171204TT02b.jpg

今日味わったスープは、五稜郭の繁華街にある「地元家函館本店」の『オマール海老と完熟トマトの濃厚ビスク』。海老のうまみと、トマトや香味野菜の風味が溶け合い、クリーミーでなめらかな味わい。パンも入って、食べごたえ満点でした。(TT)


【12月3日(日)】

20171203A01.jpg

今日は日中5度まで気温が上がり、積もった雪を雨がとかしました。日曜日ということもあり、会場には大勢のかたが来場。点灯式の前には雨が止み、澄んだ空気に花火が美しく映えました。

20171203A02.jpg

今日、12月3日は「国際障害者デー」。「車椅子で行こうクリスマスファンタジー」参加者とボランティアの皆さんがステージに登壇し、ツリーの点灯者を務めました。

20171203A03.jpg

会場では、はこだてクリスマスファンタジー公式キャラクターたちと記念写真を撮ることができます。サンタのニッキーと一緒に。

20171203A04.jpg

スプバーのスープから「函館パターテ」の『揚げニョッキ入りチャウダー』。海老の風味が効いたクリームスープの中に、北海道産のじゃがいも「キタアカリ」を使ったもちもちニョッキがどっさり。満足感たっぷりの一杯でした。(A)


【12月2日(土)】

171202TT01.JPG

今日は朝から雪が降ったりやんだりと、目まぐるしく空模様が変わりましたが、ライトアップが始まった16時30分ごろには、月も見え、穏やかなお天気になりました。

171202TT02.JPG

会場のメインストリートには、函館市内の味自慢の飲食店が集まり、温かいスープを販売している「スープバー」があります。いずれも税込1杯600円(詳細)。

171202TT03b.jpg

スープバーのスープから。中島廉売にある飲食店「評判いいよ~」の『ズワイ蟹とたっぷり野菜の函館塩コンスープ』。道産小麦を使ったバケットや、ニンジン、玉ねぎなどの道南の野菜がたっぷり。コンソメ味がきいたスープでした。(TT)


【12月1日(金)】

171201TT01.JPG

2017年の「はこだてクリスマスファンタジー」、いよいよ開幕の日を迎えました。オープニングセレモニーには、JAL客室乗務員有志によるハンドベル演奏チーム「JALベルスター」が登場。清らかな音が会場に響き、心が安らぎます。

171201TT02.JPG

いよいよ18時。ツリーにライトが灯されて、クリスマスファンタジーが開幕しました。ライト点灯後には、打ち上げ花火が盛大に上がり、テンションも一気にアップ。

171201TT03.JPG

点灯式の後は、5人組ダンス&ヴォーカルグループ「lol(エルオーエル)」のライブパフォーマンス。折からの雪が降りしきる中、たくさんのかたがステージを楽しんでいました。(TT)


【11月30日(木)】

171130M01.JPG

開幕前日。夕方からツリーの試験点灯があり、レーザーやスモークを使った多彩なイルミネーションに期待が高まります。会場付近は明日から交通規制が行われ、車が通れない時間帯があるのでご注意を(詳細)。

171130M02.JPG

こうして見ると、けっこうな大きさなのがわかります(高さ20メートル)。いろいろな表情は、明日からじっくりレポートしてきますので、お楽しみに。(M)


【11月29日(水)】

171129M01.JPG

イベント開始を明後日に控えて、会場設営の仕上げが急ピッチで進められています。ツリーの他にも可愛らしい撮影スポットが多数あり、こちらではイルミネーションのチェック中。

171129M02.JPG

毎年大人気、個性あふれるスープを提供するスープバー。各スタンドの設置は準備OKのようで、オープニングを待つばかりです。(M)


【11月28日(火)】

171128G01.jpg

はこだてクリスマスファンタジーの開幕まであと3日となった今日、主役のクリスマスツリーが海を渡って、函館山のふもと、ベイエリアの会場にやってきました。
(はこだてクリスマスファンタジー実行委員会提供)

171128M01.JPG

赤レンガ倉庫前の岸壁に設置完了。海に浮かぶクリスマスツリーが、イベント期間中、どんな輝きを見せてくれるのか楽しみです。

171128M02.JPG

赤レンガ倉庫の壁では、サンタさんたちが何やら活動中。こちらにもぜひご注目を。(M)


※編集室M、編集室A、記者TT 2017/11/28公開、毎日更新