トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

光と雪の幻想的な世界、はこだて ひかりのガーデン

200208K01.jpg

街が真っ白な雪で覆われた2020年2月8日・9日、港を見おろす元町公園付近でさまざまな光があふれるイベント「はこだて ひかりのガーデン」が行われました。眼下には港や街の灯りがきらめき、公園の木々には柔らかい光の「ひかりの実」、坂道はカラフルなチューブスライダーのコースに。さらに、フィナーレは港で上がる大輪の冬花火との競演。多くの観光客のかたや市民が集まり、冬ならではの楽しみを満喫しました。


◆港の夜景に向かって滑走「ひかりの坂のチューブスライダー」

200208K02.jpg

元町公園の脇の坂道は、カラフルな光に彩られたチューブスライダーのコースに。夕方4時のスタートと同時に、順番待ちの長蛇の列ができました。

200208K03.jpg

スノーチューブに乗って、坂道を滑り降ります。チューブとヘルメットは用意されているので、手ぶらで気軽に参加可能。

200208M01.JPG

スタッフの人たちのサポートで、安心して参加できます。車を通行止めにして、ふだんにはかなわない道路でのそり滑り、港の夜景に向かって滑走していくのはスリル満点です。


◆作って飾る、幻想的な「ひかりの実の広場」

200208K04.jpg

元町公園の木々に、カラフルな「ひかりの実」が鈴なりに! 柔らかい光が幻想的に輝きます。

200208M03.JPG

ひとつひとつの実の正体は、果物の保護ネットにLEDの小さな光を忍ばせ、笑顔の絵を書いた果物袋に入れたもの。

200208K05.jpg

光や映像のアーティスト・高橋匡太さんと一緒に、参加者が思い思いの実を作って飾ります(参加料は1個300円)。

200208M02.JPG

園内は雪景色に鮮やかな色の光が躍り、レトロな建物との取り合わせが、まるで絵本の世界のようです。

200208K06.jpg

1909(明治42)年建築の木造洋館、旧北海道庁函館支庁庁舎(観光案内所の建物)。

200208K07.jpg

1880(明治13)年建築、レンガ造りの旧開拓使函館支庁書籍庫


◆そのほか、ひかりのエンターテインメントいろいろ

・しゃぼん玉が舞い飛ぶ「ひかりのミルキーウェイ」

200208K08.jpg

元町公園のシンボル的存在の広い階段は、一日3回、「ひかりとしゃぼん玉の空間」に。降り積もった雪の上には、カラーLEDも散りばめられています。

200208K09.jpg

光を浴びてキラキラと舞い上がるしゃぼん玉は、天の川のイメージ。美しさにため息がこぼれます。

・不思議なペンでお絵描き「ひかりのキャンバス」

200208K10.jpg

渡されたペンでボードをなぞると、光で文字や絵が浮かび上がり、また静かに消えていきます。大人も子どもも、夢中になってお絵描きタイム。

・ロマンチックに記念撮影「ひかりのフォトスポット」

200208A01.jpg

函館港を見おろすビュースポットに、乙女チックな光のアーチが出現。港の夜景をバックに記念撮影ができます。思わずSNSにアップしたくなるような、ロマンチックな写真に。


◆ペリー広場では、あったかグルメを楽しむ「光のマルシェ」

200208K11.jpg

元町公園から道を挟んで一段下にあるペリー広場では、キッチンカーと休憩テントが登場。たき火のまわりには、カラフルな光のテーブルも並び、目を楽しませてくれます。

200208K12.jpg

焼きそば、唐揚げ、カレー、ポケットピザ、スープ、カレー、たこ焼き、塩パン、おしるこなどがいい匂いを漂わせています。

190209K12.jpg

熱々をほおばれば、お腹も体もホット。

200208M05.JPG

休憩テントには人がいっぱい。あったかグルメを楽しんでいました。

200208K13.jpg

テントの後ろには、光る雪だるま作りが体験できる「ひかりの遊園地」。寒さも忘れて、ちびっ子たちが雪遊びしています。

200208K14.jpg

光るパーツを使って、自分だけのユニークな雪だるまのでき上がり! このほか、「ひかりのバブルボール」に入って雪の中で遊ぶ体験も楽しそうでした。


◆同日開催の「函館海上冬花火」と光の競演

200208K15.jpg

イベント開催の2日間は、函館港の海の上から打ち上げられる函館海上冬花火も開催され、夜8時から、冬の夜空に開く美しい花火が見られました。

200208M04.JPG

公園内の「ひかりの実」も花火を見つめます。

200208K16.jpg

多彩な光があふれて、雪あかりに輝きを添えた、まさに「ひかりのガーデン」。函館の冬を彩る極上のお楽しみとなりました。


※撮影/記者K(一部撮影/編集室A、編集室M)、まとめ/編集室M 
2020/2/8・9取材、2/14公開

掲載内容は取材時・更新時のものです。ご利用の際は、最新情報のご確認をお願いします。