トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「紅葉」

函館の庭園や街角から、紅葉便り2020

201019X01.jpg

2020年秋、函館の街の紅葉がだんだん色づいてきました。見ごろの本番は11月上旬ごろまで。紅葉の名所である庭園「香雪園」をはじめ、市街地の街路樹や公園など、函館の旅でふれることのできる紅葉の「今」をレポートします。
(上の写真は、香雪園の緑のセンター前のオオサカズキ。10月19日撮影)

関連記事


湯の川エリアにある函館屈指の紅葉の名所。10月18日(土)~11月8日(日)には「 はこだてMOMI-Gフェスタ 」で、紅葉のライトアップも。

10月2日(金)
緑のセンター前のオオサカズキ(オオモミジ)は色づきはじめ。ほかの場所は、まだ青葉が目立っています。

10月11日(日)
緑のセンター前のオオサカズキは、彩りを深めて、赤くなってきました。園路のカエデ並木は、まだほとんど緑色です。

201013X01.jpg
201013X03.jpg
10月15日(木)
オオサカズキは見ごろに。園路のカエデ並木は、上のほうが少し色づき始めていますが、見ごろはまだまだこれからです。17日から夜間のライトアップが始まります。

201017X01.jpg
201017X02.jpg
10月17日(土)
夜間のライトアップが始まりました。緑のセンター前のオオサカズキの赤が、鮮やかに引き立ちます。カエデ並木はまだ緑色ですが、幻想的な雰囲気。

201021X01.jpg
10月21日(水)
正面入り口から右手のカエデ並木が少しずつ色づいてきました。ピークまでにはもう少しかかりそうです。


【大三坂と元町かいわい】
函館山のふもとにあり、「日本の道100選」にも認定された大三坂。秋にはナナカマドの並木が真っ赤に色づきます。

9月30日(水)
街路樹のナナカマドの実が、赤く色づいています。葉っぱはまだほとんど緑色。

10月13日(火)
カトリック元町教会の石塀に這うツタが美しく色づいています。大三坂の隣の八幡坂では、街路樹が秋色に。


函館山のふもとに広がる、自然豊かな市民公園。カエデやサクラやツツジの紅葉が錦模様を演出。

201005M01.JPG 10月5日(月)
公園内の木々の葉はまだ緑色ですが、市立函館博物館の裏手のイタヤカエデが、一部真っ赤に色づいています。

201015M01.JPG
10月15日(木)
旧函館博物館1号近くのイタヤカエデが、赤く色づきはじめました。園内のサクラは、まだ青葉です。


Goryokaku_Park-6 (2).jpg
星型城郭の堀の内外で、サクラ、カエデ、ツツジの木が紅葉。隣接する五稜郭タワーからの眺めが圧巻です。

201016M01.JPG
201916SK01.jpg
10月17日(土)
二の橋付近のカエデや丸く刈り込まれたツツジの紅葉が始まっています。堀を取り囲む桜の並木は、まだ緑色。色づきにはもう少しかかりそうです。


(以降、各所で随時レポートしていきます)

※記者X、記者SK、編集室M 2020年10月5日公開