トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「イベント」

光あふれる函館の冬レポート2020-2021

20201211MT4375.jpg

函館の冬は、きらめく光の演出でワクワクがいっぱい。港を彩るクリスマスツリーと花火、街が華やぐイルミネーション、興奮のプロジェクションマッピングなど、この冬には様々な光のイベントが予定されています。そんなとびきりの冬景色を写真でレポート! 澄んだ空気に美しく映える光のショータイムを、どうぞお楽しみください。
(函館山展望台からの夜景。街路樹のイルミネーションが輝きを添える/12月11日)

関連記事


はこだて光の万華鏡】 基坂のイルミネーションがスタート

210120K01.jpg

2021年冬の特別イベント、はこだて光の万華鏡。函館山のふもとの基坂(もといざか)で1月20日~3月31日のロングラン開催となります。街路樹や歩道がカラフルに彩られ、港の夜景に華を添えます。

210122K01.jpg

基坂の突き当たりには元町公園、その上には改修中の旧函館区公会堂が。4月のオープンに向けて、準備が進められています。

210122K02.jpg

歩道は雪の白にビタミンカラーの灯りが映えます。歩いていくと光が変化して、まさに「光の万華鏡」のようです。(1月20日・22日)
※元町公園でのイベントは、新型コロナウイルス感染防止のために中止となりました。


はこだて週末冬花火】 2021年冬を飾るロングランイベント開幕

210108K01.jpg

2021年冬の特別イベント「はこだて週末冬花火」が始まりました! 1月8日から3月27日までのロングラン開催。澄みきった冬空に上がる花火は、愛おしいくらいきれいです。毎週金・土曜日と祝前日の20時から、約10分の打ち上げ。

210108K03.jpg

八幡坂では、はこだてイルミネーションも開催中。きらめく街路樹に重なるように開く大輪の花火は、この季節の花火でなければ出会えないお楽しみです。

210108K04.jpg

花火の後は、八幡坂のイルミネーションを坂の上から満喫。たっぷり積もった雪に光が反射して、まるでステージの照明のように華やかです。主役は、港に浮かぶ青函連絡船記念館摩周丸。(1月8日)



はこだてクリスマスファンタジー 1 12月1日開幕!

20201201MT2815.jpg

2020年のはこだてクリスマスファンタジー、12月1日に開幕しました。毎日18時になると、ツリーの点灯に合わせて、港で花火が上がります。

20201201MT2926.jpg

今年の「はこだてクリスマスファンタジー」開幕は、雪がドラマチックに演出。ツリーのイルミネーションは刻々と変化しますが、特に人気なのが「プレミアムレッドツリー」です。

20201201MT2879.jpg

台座の色も変わります。

20201201MT2862.jpg

来場者には、「マスクをつけて、距離をとって、大きな声を出さない」お願いのアナウンスも。花火の上がる18時前後以外は、ゆったりと楽しめます。(12月1日)


はこだてクリスマスファンタジー 2】 夕暮れのツリー

20201202MT2946.jpg

初日を除いて、はこだてクリスマスファンタジーのツリーは16時半から点灯されます。点灯直後の空はまだブルーが残っていて、真っ暗な空とはまた違った美しさ。函館山のシルエットもくっきりわかる七財橋からの眺めが、ベストポジションです。

20201202MT2957.jpg

この時間帯なら混雑もなく、ゆったりとツリーが見られます。

20201202MT2964.jpg

金森赤レンガ倉庫のわきに植えられている「本物のツリー」もライトアップ。夕暮れの空に映えます。(12月2日)


はこだてクリスマスファンタジー 3】 函館山から見るツリーと花火

20201211MT4349.jpg

函館山ロープウェイに乗って展望台へ。16時すぎの日没から、街の灯りがだんだん灯り出して、16時半、ちょうど左側のくびれのあたりに注目! クリスマスファンタジーのツリーのイルミネーションが灯りました。

20201211MT4358.jpg

まるでおもちゃみたいに可愛く見えるツリー。港に浮かぶツリーのある、この季節だけの夜景が楽しめます。

20201211MT4449b.jpg

そして、空がすっかり暗くなった18時。緑の島から花火が上がります。キーンと冷えて澄んだ空気に、夜景と花火が色鮮やかです。(12月11日)


はこだてクリスマスファンタジー 4】 フォトスポットいろいろ

20201217MT03A5190-2.jpg

クリスマスファンタジー会場には、巨大ツリーだけでなく、さまざまな撮影スポットがあります。ツリー横の岸壁には「モミの木妖精の教会」。中に入ることができます。

20201217MT04A5187.jpg

ラッキーピエロ マリーナ末広店前の道路沿いには、カラフルな小屋が並びます。雪が積もるとお菓子の家みたいです。

20201217MT05A5178.jpg

赤レンガ倉庫の壁を見上げると......プレゼントを背負ったサンタさんがあちらこちらに。クリスマスシーズン中は大忙しです。(12月17日)


はこだてクリスマスファンタジー 5】 昼間のクリスマスツリー

20201217MT01A5131.jpg

クリスマスファンタジーのツリーは、昼間も存在感があります。これは、海をはさんだ緑の島から見た赤レンガ倉庫群とツリーです。

20201217MT02A5135.jpg

海に浮かぶツリーを、後ろ側から見たところ。イルミネーションがついていない昼間も、存在感満点です。なお、緑の島は花火の打ち上げ準備のため、16時に閉門になります。(12月17日)



20201223MT02A5909.jpg

はこだてクリスマスファンタジーのラスト3日間は、厳しかった冷え込みもゆるんで、穏やかな天候予想。夕暮れに点灯したツリーが港に美しい光を落とします。

20201223MT03A5946.jpg

12月23日から、GLAY Presents "3 days special fireworks"として、函館出身バンドGLAYからコロナ禍中の市民や観光客のかたにプレゼント企画が。ツリー点灯時の花火が通常よりも拡大して打ち上げられます。

20201223MT01A6131.jpg

ツリーが再点灯する18時、函館の冬を歌ったGLAYの「Winter Again」が流れるなか、TERUさんからのメッセージが読み上げられ、ツリー点灯とともに約5分間、花火が華やかに打ち上げられました。(12月23日)



はこだてイルミネーション 1】 街路樹が華やぐ二十軒坂・開港通り

20201207MT4123.jpg

はこだてクリスマスファンタジー会場近くの二十間坂開港通りは、街路樹がライトアップされて幻想的な雰囲気です。

20201207MT4120.jpg

光の波の間を、市電が横切るノスタルジックな風景。

20201207MT4069.jpg

はこだて明治館のあたりまで、イルミネーションは続きます。函館山のシルエットをバックに、とても絵になる取り合わせです。(12月7日)


はこだてイルミネーション 2】 港を望む八幡坂がさらに美しく輝く

20201207MT4062.jpg

函館屈指の人気スポット、八幡坂。函館山のふもとにあり、港を見おろす光景は多くのかたに愛されています。イルミネーションの時期には、さらに魅力度アップ。ライトアップされた青函連絡船摩周丸を中心に、輝く街路樹の美しさはため息ものです。

20201208MT4200.jpg

イルミネーションの下をのんびり歩くのもおすすめ。

20201208MT4206.jpg

下から見上げる八幡坂。坂の両脇には、階段状の歩道が。真冬もロードヒーティングで雪が積もることなく、歩きやすくなっています。(12月7日・8日)



五稜星の夢 1】 堀を縁取る光の幽玄世界

20201220MT01A5469.jpg

五稜郭公園のライトアップイベント、五稜星の夢(ほしのゆめ)。12月も後半になって、堀の水が凍り、その上に雪が積もって、真っ白な世界。そこに、堀を縁取る灯りがやさしく反射します。隣接する五稜郭タワーもライトアップされ、一枚の絵のような美しさ。

20201220MT02A5496.jpg

星の周囲は1.8キロほど。手作業でひとつひとつ取りつけられた電球が、ぐるりと一周照らし出します。

20201220MT03A5400.jpg

五稜郭タワーのアトリウムも「五稜星の夢」ワールドに。散策後にひとやすみして、体を暖めることができます。(12月20日)


五稜星の夢 2】 五稜郭タワー展望台からの壮大な眺め

201219tower01.jpg

五稜郭タワーの展望2階(地上90メートル)から望む五稜郭のライトアップは、一見の価値があります。地上の大きな星が輝いています。日没直後の16時半の様子。

201219tower02.jpg

15分後の16時45分。星型がさらにくっきりと浮かび上がります。(12月19日。提供/五稜郭タワー)



函館駅前広場イルミネーション】 漁火と函館山と海がモチーフ

20201204MT3660.jpg

函館駅前の広場に、今年もイルミネーションが点灯。地元産の道南杉のアーチは、函館山と漁火をイメージしたもの。街路樹の下は、海のような鮮やかなブルーが広がります。

20201204MT3632.jpg

函館駅と駅前繁華街を結ぶアーチ。さあ、これからどこへ出かけましょうか。

20201204MT3618.jpg

アーチを通ると光が変化するのもお楽しみです。(12月4日)



はこだてグリーンプラザ 光のトンネル】 きらびやかなフォトスポット

20201204-_91A3675.jpg

今シーズン、函館駅から徒歩圏内にある市民の憩いスポットに、新しいイルミネーションが登場しました。市電の走る大通りからも、明るいトンネルが目を引きます。

20201204MT3761.jpg

全長25メートルのトンネルは出口が少し狭くなっていて、ゴールドの光に包み込まれるような迫力です。

20201204-_91A3743.jpg

JRA日本中央競馬会の提供で、トンネルの中も外も、競走馬が疾走するイメージ。トンネル内は一方通行で、「密」回避に配慮されています。(12月4日)



湯の川冬の灯り】 温泉街に和風のイルミネーションがしっとり

20201214MT01A4765.jpg

温泉旅館街のある湯の川エリアでも、冬のイルミネーションイベントが。市電「湯の川温泉」電停近くの足湯「湯巡り舞台」が、華やかにライトアップされています。

20201214MT02A4770.jpg

足湯は、朝9時から夜9時まで自由に利用できます。折から舞い散る雪と光の演出で、スペシャルな体験に。

20201214MT03A4779.jpg

湯の川温泉のイメージに合わせて、和の雰囲気の灯りがいろいろ。格好のフォトスポットとなります。(12月14日)



【そのほか、街角のイルミネーションいろいろ】

201208M11.JPG
201208M12.JPG

函館山ロープウェイの山麓駅の正面出入口脇に、イルミネーションスポットが誕生。ファンタジーの世界が楽しげ。夜景見物の行き帰りに、ぜひ覗いてみてください。(12月8日M)

20201208MT4172.jpg

元町教会群のひとつ、夕暮れの函館ハリストス正教会。純白の聖堂近くに、カラフルなクリスマスツリーが飾られています。白いライトアップが清楚なイメージ。(12月8日MT)

201208M13.JPG

ハリストス正教会から道をはさんだ向かいの、函館聖ヨハネ教会。こちらもライトアップされた聖堂とツリーの対比が美しい。


※撮影/記者MT(12月)、記者K(1月) まとめ/編集室M 
2020/12/1公開(市内各所から随時追加レポート)