トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「ロケ地・聖地」
170406G01.jpg
Ⓒ2017「PとJK」製作委員会
2017年3月25日に公開された映画「PとJK」は、亀梨和也さん扮する警察官と、土屋太鳳さん扮する女子高生のピュアなラブストーリー。函館で前年の夏にロケが行われ、街の風景がスクリーンを彩っています。劇中のスチール写真を織り交ぜて、印象的なロケ地をご案内しましょう。

続きを見る
161027G02.jpg

2016年に封切りされた「函館珈琲」。函館港イルミナシオン映画祭のシナリオ大賞受賞作品で、2015年夏にオール函館ロケで撮影された、函館色満載の映画です。撮影時の写真も織り交ぜながら、スクリーンを彩る函館の建物と風景をご紹介しましょう。

続きを見る
160914G01.jpg

2016年9月17日に公開され、大ヒット上映中の映画「オーバー・フェンス」。原作は、函館出身の作家・佐藤泰志。山下敦弘監督のもと、オダギリジョーさん、蒼井 優さん、松田翔太さん、北村有起哉さん、満島真之介さんなど、これ以上ないほどの豪華キャストが集結。2015年6月下旬から約1カ月かけて、函館各地でロケが行われました。

全国公開に先立って函館で7月に行われた完成披露上映会で、オダギリジョーさんが蒼井優さんとの共演を振り返って、「計算を通り越したシーンになりましたね。まさか、ああなるとは......奇跡の連続でした」と語ったこの作品。「奇跡」を生んだ函館の風景、ロケ地を、監督とキャストのコメントも織り交ぜてご紹介します。

(夜の街を自転車で行くシーンは「末広町」電停付近の市電通りで撮影)
©2016「オーバー・フェンス」製作委員会

続きを見る
160513G30.jpg

2016年5月14日に全国で公開された映画「世界から猫が消えたなら」。主演は佐藤 健(僕)と宮﨑あおい(彼女)。その胸を打つストーリーとともに、美しい映像が見る人をとりこにします。ロケが行われたのは、函館を中心にした北海道と、アルゼンチン、ブラジル。函館では、クランクインの2014年10月8日から28日まで、市内各所で撮影が行われました。坂道や路面電車、雰囲気のある建物などが映画を彩った函館の街、そのロケ地をご案内しましょう。
Ⓒ2016「世界から猫が消えたなら」製作委員会

続きを見る
150721TT1ブラタモリ市電.jpg
タレントのタモリさんがブラブラ街歩きをして、街の魅力を探るNHKの人気番組「ブラタモリ」。2015年5月から6月にかけての放送に合わせて、函館市内の多くの施設や市電車両にポスターやパネルが掲示され、多くの人が注目しました。
関連記事 

150721TT2二十間坂下から.jpg
6月13日(土)の放送では、「函館の夜景はなぜ美しい?」というテーマのもと、さまざまな角度から街の魅力を探索。函館の街並みの特徴である、まっすぐにのびた美しい坂がクローズアップされました。番組放送後、はこぶら記者も現地を訪ね、函館の坂の魅力を改めて実感。坂を巡る街歩きにご案内しましょう。

続きを見る