トップに戻る
あなたのテーマでディープな函館 「スイーツ・パン」
20190204_main.jpg
スイーツ好きにとっては、どこの街を旅していても、地元で評判のスイーツショップが気になるもの。グルメの街・函館で生まれ育ち、舌の肥えた市民を虜にする「函館スイーツ」は、北海道の旬の素材を使った極上の味。函館を旅しながら、人気のスイーツを味わってみませんか。

旅先で生ケーキのテイクアウトはなかなかできませんが、カフェスペースを併設しているスイーツショップなら、その場で作りたての味を楽しむことができます。ショーケースでお好きなケーキを選んで、お茶を飲みながらのんびりティータイムはいかがですか。

(左上から時計回りに)
ペイストリースナッフルス駅前店
パティスリー ラパン・ド・ネージュ
ペイストリースナッフルス金森洋物館店
サロン・ド・テ ペシェ・ミニヨン


続きを見る
121030kt04.jpg

函館と近郊のスイーツ店が一堂に会する「はこだてスイーツフェスタ」。2010年から毎年秋に開催されており、北海道産の吟味された素材を使用した定番スイーツや、秋ならではの果物を使用した限定スイーツなどが勢ぞろいします。2012年は、3日間でのべ1万4000人の来場があったそうです。

2013年は10月25日から27日までの3日間にわたって、函館駅前の棒二森屋デパートにて開催され、約30店舗が自慢のスイーツを販売します。

女性はもちろんのこと、家族連れや「スイーツ男子」など、幅広い層の来場者でにぎわう「はこだてスイーツフェスタ」。2012年の会場の様子をお伝えします。


続きを見る
20120912N01.jpg

函館のおみやげ売場で、ひときわ注目を集めているアイテム......それはキャラメルです!

価格も手頃で、1粒ずつ楽しめるから、手軽なおみやげにぴったり。ロングヒットを続ける商品のほか、2012年は「北海道キャラメルシリーズ」など、ネーミングやパッケージにも工夫を凝らしたものが続々とリリースされています。

バターやミルク風味たっぷりの定番から、北海道を代表する素材を組み合わせた新感覚のフレーバー、驚きのコラボレーションまで......。バラエティに富んだ、函館生まれのキャラメルをご紹介しましょう。

(上)金森洋物館「あおい森」のキャラメル売り場。どれにしようか、ワクワク!


続きを見る
111031N30.jpg

函館とその近郊の和洋菓子店が大集合! スイーツ好きにはたまらないイベント「はこだてスイーツフェスタ」が、この秋も盛大に開催されます。

2013年は約30店舗が参加予定。新商品、旬の味覚、スイーツフェスタ限定商品など各店の自信作が、JR函館駅前のデパート・棒ニ森屋に勢揃い! 美しさ、おいしさを競い合います。開催は10月25日(金)~27日(日)の3日間です。

2011年のスイーツフェスタ、3日間中2日通ったスイーツ好きの「はこぶら」記者が、イベントの賑わいと、おすすめのスイーツをレポート。幸せ気分いっぱいの会場の雰囲気をお伝えしましょう。


スイーツのセレクトショップでは、スペシャルアソートパックも販売


続きを見る
111006H05.JPG

赤レンガ倉庫、石畳の坂道、教会、坂の上から見おろす海......。函館山の麓に広がる元町・西部地区には、どこを切り取っても絵になる風景が広がっています。

街歩きにピッタリなこの季節、歩き疲れたらカフェでひと休み、という過ごし方も素敵ですが、実は「お外ごはん」も魅力いっぱい! テイクアウトできる店がベイエリアを中心に建ち並び、いつも賑わっています。なかでも、手軽に食べられるパン屋さんは大人気。焼き立てパンを買って、心地よい風を感じながら食べる「外パン」は格別です。

そこで、「好きな食べ物はパン」「趣味は西部地区散策」という市民記者が、オススメのパン屋さんをリストアップ。街歩きの途中で立ち寄ってみてはいかがでしょう。


続きを見る