トップに戻る
列車や飛行機でどうぞ 函館お持ち帰りグルメ
120517kt02.jpg
楽しい函館観光、あれも食べたいこれも食べたいと思っても、旅行中には機会が限られますよね。後ろ髪を引かれる思いで、家路につくという方も少なくないのでは?

でも、ちょっと待ってください! 小学生の時に担任の先生から言われた格言を思い出してみましょう。そう、「家に着くまでが遠足です」。列車や飛行機の中も立派な「旅」のうち。函館の余韻を、舌で味わってみるのはいかがですか?

そこで、JR函館駅周辺、および函館空港で買えるお弁当や総菜などの「お持ち帰りグルメ」をご紹介します。地元でもファンの多い「名物アイテム」がいろいろ。お目当てをゲットして乗り込めば、旅の楽しみがもうひとつ増えること間違いなし!


◆JR函館駅の人気「駅弁」 構内スタンドで販売されています。

120505kt01.jpg 120505kt16.jpg
鰊みがき弁当 税込880円
昭和41年に発売されて以来、函館駅の名物駅弁として親しまれているロングセラー。甘く煮つけた身欠きニシンと数の子が3切れずつご飯にのって、食べごたえ満点。甘いニシンと塩辛い数の子を交互に口に運ぶと、あっという間にご飯が進みます。ご飯の上に散らしてある茎わかめのコリコリした食感が、ほどよいアクセントに。
ジェイ・アールはこだて開発 0138-22-2690
   
120505kt03.jpg 120505kt02.jpg
大沼黒牛飯折 税込1000円
大沼国定公園に近い小澤牧場で育てたホルスタイン種と黒毛和種の1代交雑種「F1(エフワン)牛」をぜいたくに使った牛飯。甘く煮つけた牛しぐれ煮と少し塩味の効いた牛そぼろ、それに玉子そぼろがご飯にたっぷりのっており、ボリュームも満点。肉質の柔らかさやコクのある深い味わいが楽しめます。
旬花 0138-43-5677
   
120505kt06.jpg 120505kt05.jpg
いかめし磯辺揚 税込390円
函館産のスルメイカを使った大ぶりのいかめしを、その名の通り磯辺揚げにして駅弁に。ころもに入っている青のりの風味が効いており、揚げ物なのにさっぱりとした味わい。甘さもほどよいため、いかめしの甘さが苦手だという人にもおすすめしたい一品。ビールのおともに、小腹のすいているときにもちょうどいいサイズです。
旬花 0138-43-5677


◆函館空港の人気「空弁」 搭乗者待合室内で販売されています。

120505kt11.jpg 120505kt10.jpg
すきやきお弁当 税込1240円
すきやき店としても有名な明治34年創業の老舗肉店が手づくりしている高級弁当。本店のランチコースで提供しているものとほぼ同ランクの黒毛和牛を使用。玉ねぎ、長ねぎ、しいたけなどの具と一緒に、小さな鍋で1人分ずつ丁寧に作っているため煮くずれがなく、うまみも肉や野菜にしっかりとしみ込んでいます。
阿さ利本店 0138-23-0421
   
 
◆地元で人気のお総菜や軽食も「お持ち帰りグルメ」に

120517kt04.jpg
駅弁や空弁以外にもまだまだあります、お持ち帰りグルメ。函館駅構内の売店や駅の周辺には、高級グルメではないけれど、昔から変わらぬ味で地元っ子に親しまれている「ソウルフード」や、地元の食材を生かして近年新たに開発された新グルメなどが、意外にたくさんそろっています。

列車や空港へのリムジンバスに乗り込む前に、少し寄り道をしていくつか買っておくと、帰りの車内や機内でも、ちょっとした函館ご当地グルメ三昧が楽しめますよ。




120517kt01.jpg
チャイニーズチキンバーガー 350円+税
甘辛い中華風タレをからめた道南産鶏肉の唐揚げをサンド。かぶりつくと肉汁がじゅわっ。オリジナルの缶入りガラナ飲料(120円+税)とも相性抜群。電話予約可。
ラッキーピエロ函館駅前店
(若松町17-12) 0138-26-8801
10:00~翌0:30(土曜は~1:30)
  hk00615X01.jpg
阿さ利のコロッケ 5個入り税込550円
市電「宝来町」電停前にある精肉店のコロッケが、函館空港の搭乗者待合室で販売されています。地元で愛されつづけて、昼頃には売り切れる日もある人気の味。1箱5個入り。
阿さ利本店 0138-23-0421
  120505kt09.jpg
手造りいかめし 価格未定
朝市駅二市場内のいかめし専門店で、国産スルメイカを用い、毎日早朝からその日の分だけ炊き上げます。イカの柔らかさとご飯のモチモチ感は炊きたてならでは。※現在、不漁のため販売中止
函館食道(若松町9-19) 
0138-27-2002 6:00~14:00

120505kt07.jpg
カツサンド 税込580円
函館駅前で長年親しまれているとんかつ店「とんき」特製。サンドイッチ用こだわりのソースをつけたヒレカツをサンド。さめても柔らかく、見た目以上にボリュームあり。
  120505kt08.jpg
いなり寿司セット 税込416円
明治40年創業の老舗「弁慶力餅 三晃堂」の名物。秘伝の煮汁でじっくり煮込んだお揚げは、甘みとうまみたっぷり。世代を超えて市民に愛される函館のソウルフード。
弁慶力餅 三晃堂 0138-23-1522
  120505kt04.jpg
はこだて雪んこ 6個税込1250円
厚沢部町産さつまいも「黄金千貫」を使ったスイートポテト風あんを、牛皮でくるんだ新食感のお菓子。冷凍で販売、半解凍になった頃合いで食べるのがおすすめ。JR函館駅の売店で販売。


 
120505kt14.jpg
イカ塩辛コロッケ 
杉の樽で熟成させた「カネ作大出商店」の塩辛と、厚沢部町産メークインで作ったコロッケ。生臭みもなく、塩加減も絶妙。注文して約5分で揚げたてを持ち帰れます。
コミュニティー カフェ&バー 
evergreen エバーグリーン
※閉店のため販売なし
 120517kt03.jpg
かにまん 1個税込410円
地元で有名な老舗カニ屋さんが作った、かに入り蒸しまんじゅう。いつでもふかしたてが買える。ズワイガニのほぐし身がたっぷり詰まっていて、食べ応えも抜群。
(函館市若松町9-23)
0138-22-0400 6:00~14:00
 120612k30.jpg
やきとり弁当たれ味(小) 税込445円
豚肉なのに「やきとり」。注文を受けてから5分ほどで焼き上げます。その際、はこだてワインを吹きつけるのがポイント。豚精肉串が3本のった小サイズが一番人気。塩、塩だれ味などもあり。
(函館市末広町23-5)
0138-24-0024 7:00~22:00

価格等は更新日のものです。ご利用の場合は各店へお問い合わせください。

※記者K 2012/5/18公開、2015/12/22更新