トップに戻る
2016年夏、はこだてグルメガーデンWEEKLY REPORT 

北海道うまいもんサミット~第1週・道東エリア

160702M05.JPG

2016年夏、JR函館駅前の特設会場で開催されている「はこだてグルメガーデン」。7月の土・日は「北海道うまいもんサミット」に、北海道各地から自慢のご当地グルメが週替わりで登場します。第1週は、オホーツク、十勝、釧路、根室からなる道東エリア。各ブースの「うまいもん」をレポートします。


◆北見市

160702M06.JPG
オホーツク北見塩やきそば。会場にいい匂いが~。「特製の塩だれ、使ってます」。

160702M25.JPG
北見市ご自慢の玉ねぎやホタテがたっぷり。カリッとしたトッピングはホタテフレーク? いい味出してます。

160702M07.JPG
「北見といえば、最近は生産量日本一の玉ねぎが有名だけど、ハッカ(ミント)もお忘れなく」。マスコット「ミントくん」もにっこり。


◆網走市

160702M09.JPG
網走ちゃんぽん研究会の提供する「網走ちゃんぽん」。網走特産のシジミやホタテの濃厚な旨みを加えたスープに、練り製品とたっぷり野菜のハーモニーが嬉しい。

160702M08.JPG
アイヌの「ニポポ人形」と流氷の天使「クリオネ」がモチーフの網走ご当地キャラ「ニポネ」も、はるばる函館へ。


◆紋別市

160702M10.JPG
昭和5年創業、紋別のソウルフードといってもいい「出塚水産」の揚げかまぼこ。会場での実演販売で、揚げたてアツアツを提供。


◆帯広市

160702M11.JPG
日本の「食」を支える十勝・帯広のブースでは、バラエティにとんだメニューに目移りします。帯広ブランドの「豊西牛のカルビ串」は、特製の黒にんにくソースが決め手。

160702M12.JPG
また、帯広といえば「豚丼」ということで、次々と網焼きされる豚肉をのせた弁当がとぶように売れていました。


◆清水町

160702M13.JPG
お取り寄せでも絶大な人気を誇る、十勝スロウフードの牛とろ。全国ご当地どんぶり選手権3位獲得の「十勝牛とろ丼」のほかにも、魅力的な味がいっぱい。


◆幕別町

160702M14.JPG
幕別自慢の「どろぶた」と、豊かな十勝の大地が生んだチーズがいち推し。「生ハムとチーズ、ワインのおともにいかがですか」。


◆本別町

160702M15.JPG
なんといっても「豆」が自慢の十勝本別町。こだわりの黒豆を使った「キレイマメ」シリーズや、本別くり豆本舗の和スイーツのほか、生豆の量り売りも。


◆陸別町

160702M16.JPG
「日本一寒い町」陸別町からは、澄んだ空気のもとで育ったエゾシカ肉のソーセージとステーキ。脂っこくなくヘルシーで、濃~い旨みがビールのおつまみにもぴったりです。


◆釧路市

160702M17.JPG
北海道民の心の味・ザンギ(鶏の唐揚げ風)発祥の地といわれる釧路。ザンギの進化形、特製旨だれをからめた「釧路ザンタレ」が大人気。

160702M18.JPG
特別天然記念物のマリモでおなじみの阿寒湖で育った、天然のザリガニを極上の味に仕上げた「レイクロブスタースープ」。その濃厚な旨みにびっくり、ゆでたジャガイモやパスタにも合いそうです。


◆厚岸町

160702M19.JPG
厚岸といえば牡蠣! 炭火焼きのいい匂いがたまりません。レアで仕上げた焼きたての牡蠣は、海の香り満点のジューシーさと、とろけるようなクリーミーさが、あとひく美味しさです。


◆中標津町

160702M20.JPG
特産のじゃがいもを甘じょっぱい味に仕上げた「いもだんご」と、自慢の牛乳。広~い大地の生んだ素朴な味わいが魅力です。


◆標津町

160702M21.JPG
国後島を望む知床観光圏の標津町。日本有数の鮭の産地らしく、鮭とば、鮭節と、鮭製品が充実しています。


◆ひがし北海道(根室地域)

160702M22.JPG
ひがし北海道地域のPRコーナーでは、観光ポスターやパンフレットを用意。標津町の「根室サーモン科学館」で販売中の鮭のクリアファイルとポストカードは、マニア垂涎のグッズです。


【7/2(土)・7/3(日)】道東エリア(オホーツク、十勝、釧路、根室)
※7/3(日)は強風の影響で中止(テント営業以外の網走ちゃんぽん研究会、清水町観光協会ブースのみ営業)
※各日とも11:00~21:00開催予定

160702M23.JPG

160702M24.JPG
気になる味をゲットして、北の大地を満喫しましょう!

(編集室M 2016/7/2取材、7/3公開)