トップに戻る
2016年夏、はこだてグルメガーデンWEEKLY REPORT 

北海道うまいもんサミット(第2週・道北)とステージイベント

190709A01.jpg

2016年夏、JR函館駅前の特設会場で開催されている「はこだてグルメガーデン」。7月の土・日は「北海道うまいもんサミット」に、北海道各地から自慢のご当地グルメが週替わりで登場します。第2週は、上川、留萌、宗谷からなる道北エリア。各ブースの「うまいもん」をレポートします。(写真は富良野市出店ブース。甘~いとうもろこし、ゴールドラッシュをPR)


【北海道うまいもんサミット】
◆富良野市

190709A02.jpg
「糖度17度、自慢のメロンです」。そう聞いてから試食した皆さん、どなたもびっくりの富良野のメロンは、想像を超える甘さ!


◆士別市

190709A14.jpg
羊の中でも、特に「サフォーク種」の羊を多く飼育していることで知られる士別市。

190709A15.jpg
羊の毛で作ったストラップ、手触りがモコモコで可愛いです。他にもいろんなグッズが並びます。

190709A03.jpg
体験型農場「しずお農場」は、東京ドーム57個分の広大な敷地で羊を飼育したり、野菜・ハーブを栽培。レストランやファームインも経営しています。

190709A04.jpg
ラム串、いい香り! しずお農場のラム肉は、全日空ファーストクラスのメインディッシュに使われた実績があるそうです。


◆旭川市

190709A22.jpg
しょうゆラーメンとホルモン焼き、旭川の2大ソウルフードのコラボ「旭川しょうゆホルメン」。

190709A23.jpg
味の決め手は、香ばしい旭川醤油と国産コラーゲン。柔らかく煮込んだホルモンとの相性ばっちり!


◆名寄市

190709A05.jpg
天塩川、名寄川が流れる豊かな大地。もち米は日本一の作付面積を誇る農業の街、名寄市。

190709A06.jpg
ラム肉と野菜、うどんを一緒に煮込んで作る「なよろ煮込みジンギスカン」。半世紀以上前から食べられてきた、名寄の家庭料理だそうです。


◆中富良野町

190709A12.jpg
ラベンダーのいい香り! ファーム富田をはじめ、ラベンダー園が多い中富良野町。サシェ(匂い袋)をひとつ買いました。枕元に置くといい夢が見られそうです。

190709A13.jpg
「臭みがなく柔らかい、美味しいジンギスカンをお家でいかがですか!」


◆美深町

190709A07.jpg
稚内市と旭川市のほぼ中間に位置する美深町。ブランド和牛「美深牛」の具を、ハルユタカ小麦を使った生地で包んだ贅沢な「美深牛肉まん」、絶品です。

190709A08.jpg
「毎日、夜明け前に絞った新鮮な牛乳を使ってチーズを作っています」。チーズ職人さんお手製のピザ、たっぷりとのったチーズの風味がたまりません。


◆留萌市

190709A09.jpg
カズノコの製造量日本一、日本海に沈む美しい夕陽が見られる街、留萌市。

190709A10.jpg
「留萌で獲れた、新鮮なタコや甘エビをカラッと揚げました!」

190709A11.jpg
なんと、甘えびのラスク。えびの風味が効いています。おやつにもいいけれど、酒の肴にもぴったり。


◆増毛町

190709A27.jpg
ニシン漁で栄えた増毛町。明治~昭和初期のレトロな建物群は、高倉 健さん主演映画「駅 STATION」のロケ地として使われました。

160710M02.JPG
酢〆ニシンの棒寿司に、まるごとのかずのこが挟みこまれたユニークな「増毛バッテラ」。かずのこのポリポリした食感が嬉しい!


◆稚内市

190709A20.jpg
日本最北端の稚内市。漁業や農業が盛んで、その恵みを活かした稚内ならではのグルメが自慢です。

190709A21.jpg
稚内産の魚(おおなご、たら、ほっけ)で作った揚げかまぼこ。「化学調味料は一切使用していません」。


◆稚内市・豊富町・利尻町・礼文町・利尻富士町・幌延町(合同ブース出店)

190709A17.jpg
稚内観光協会青年部に所属するキャラ「出汁之介(だしのすけ)」くん。「冬になると稚内に越冬しにくるアザラシです。稚内でとれる利尻昆布が美味しくて、食べ過ぎで昆布色になってしまいました」。

190709A18.jpg
新鮮な海産物を使った商品を販売。鮭トバの味の深さに感激! ビールに合います。

190709A19.jpg
子どもたちに大人気だった、流氷のタッチコーナー。「冷たい!」「流氷に触ったのは初めて!」。

「北海道うまいもんサミット」今後のスケジュール(リンク先はPDF)
7/16(土)・7/17(日)】道央エリア(石狩、後志、空知)
【7/23(土)・7/24(日)】日胆エリア(胆振、日高)
※各日とも11:00~21:00開催予定


【「はこだ☆テリア」ブース
◆「青函シェフのピンチョス祭」コーナー

190709A26.jpg
北海道うまいもんサミットブースに隣接する、はこだ☆テリアブース。地元の人気料理店シェフが、とっておきのピンチョスとワインのセットを提供する、土日祝限定「青函シェフのピンチョス祭」が人気を集めています。7月9日(土)は、チッチョパスティッチョ(函館市)が担当していました。ピンチョスメニューは、南茅部産活ゆでダコと大豆のクロスティーナ サラータ(塩味タルトレット)、フォカッチヤとローストポークのパニーノ、ばんば屋さんのサラダ添え、カリフラワーのビアンコマンジャーレと宝来いちごのムースのベリーヌ。(ワイン付きで1000円)。


◆青森の地域グルメコーナー

190709A24.jpg
青森の地域グルメコーナーも週替わりで魅力的なメニューが登場。7月8日(金)~14日(木)は、黒石つゆ焼きそばHAPPY麺恋ジャーが出店中。甘辛ソースがモチモチ麺に合います(下写真の右上)。


190709A25.jpg
バラエティに富んだ北海道グルメを楽しめる、はこだてグルメガーデン! 8月31日まで毎日開催しているので、ぜひ何度でも足をお運びください。



【ステージレポート(ご当地PR)

160709M01.JPG
「はこだ☆テリア」のステージでは、期間中の土日祝日、北海道うまいもんサミットに参加する自治体のみなさんが、楽しいご当地PRやクイズ大会を実施しています。旭川市からは、ご当地キャラ「ゆっきりん」がステージに登場。「旭山動物園にキリンはいる?」などの旭山動物園に関する○×クイズに、会場のみんなが夢中で答えていました。

190709A30.jpg
中富良野町の木佐町長と、イメージキャラクター「ラベンダーの妖精」。

190709A31.jpg
留萌市の皆さまと、ゆるキャラ「KAZUMOちゃん」。

160710M01.JPG
士別市のステージでは、メェーよ職員「さほっち」とのジャンケン大会。景品は「うんメェ~パイ」。


【ステージ(その他)

190709A32.jpg
音楽ステージ「HAKODATEギャザリング」。7月9日(土)の出演アーティストは「Cotamieje + 小田桐陽一」。心地よいサウンドで会場全体を包み込みました。

190709A33.jpg
期間中の毎週土日祝18:30から開催されるクイズ大会「函館Welcomeバラエティ」。○×形式ですが、分かりそうで分からない問題ばかりで悩みます。「函館山とスカイツリー、どっちが高い!?」⇒正解は次の写真の下に。

190709A34.jpg
おめでとうございます! 道北エリアの特産品詰め合わせが当たりました。どなたでも自由に参加できますので、ぜひ会場を覗いてみてください。
(クイズの正解は、スカイツリーでした! スカイツリー634m、函館山334m)


開催期間 2016年7月1日(金)~8月31日(水)の毎日(北海道うまいもんサミットとステージイベントは土日祝)
時間 平日16~21時、土日祝と8/1~8/14の期間11~21時
会場 JR函館駅前「はこだてグルメガーデン」特設会場
問い合わせ 新幹線開業イベントプロジェクトチーム0138-21-3628

※なお、7月17日(日)は函館港花火大会が開催されるため、19時半から予定されていたHAKODATEギャザリング(う~み)のステージは、19時15分からになります。

(記者A 2016/7/9取材、7/11公開)

⇒はこだてグルメガーデンWEEKLY REPORT、トップページはこちら