トップに戻る
ニュース 

超大型10連休、函館の主な観光施設は休まず営業

超大型10連休、函館の主な観光施設は休まず営業 2019年のゴールデンウィークは、新天皇即位に伴って4月27日~5月6日の10連休になるというかたも多いのでは? これを機会に、ぜひ函館まで足をのばして、満開の桜をお楽しみください。⇒開花予想

函館市内の主な観光施設は、連休中ほとんどが休まず営業。なかには、営業時間を延長する施設もあります。
【休業日なし(通常営業)
函館山ロープウェイ、五稜郭タワー、旧イギリス領事館、箱館奉行所、北方民族資料館、函館市文学館、北洋資料館、青函連絡船記念館摩周丸、北海道立函館美術館、箱館高田屋嘉兵衛資料館、北海道坂本龍馬記念館、旧相馬邸、Gスクエア(GLAYコーナー)、函館アリーナ、北島三郎記念館、土方・啄木浪漫館、熱帯植物園、縄文文化交流センター、函館朝市、谷地頭温泉、はこだてキッズプラザ、はこだてみらい館ほか
【休業日なし(5月6日以外の営業時間を9時30分~20時に延長)
金森洋物館、BAYはこだて、函館ヒストリープラザ
【休業日あり
市立函館博物館、市立函館博物館郷土資料館 5月6日休業
はこだて自由市場 4月28日休業
中島廉売 4月28日~5月6日休業
※一般飲食店・物販店等は個別にご確認をお願いします


なお、期間中は、函館市電は土日祝日ダイヤで、函館バスは4月27日(土)は土曜ダイヤ、4月28日(日)~5月6日(月)は日曜・祝日ダイヤで運行します。