トップに戻る
ニュース 

御朱印の鉄道版、道南いさりび鉄道で「鉄印」ゲット

御朱印の鉄道版、道南いさりび鉄道で「鉄印」ゲット
函館駅を起点に、みなみ北海道の海沿いを走る人気ローカル線、道南いさりび鉄道。神社や寺院の「御朱印帳」のように、全国40の鉄道会社による「鉄印(てついん)帳」が企画され、2020年7月10日に当地でも販売・記帳がスタートしました。

道南いさりび鉄道の鉄印の書は、終点・木古内駅近くの、寒中みそぎで有名な佐女川神社宮司の提供によるもので、ロゴマークがデザインされています。北海道では唯一の参加で、鉄印巡りの旅に訪れてはいかがですか。⇒鉄印帳(読売旅行)

発売日 2020年7月10日(金)
販売箇所と営業時間
道の駅 みそぎの郷きこない 9:00~18:00
五稜郭駅売店 6:00~19:00
本社窓口(函館駅近く) 9:00~17:00(平日のみ)
代金
鉄印帳 2200円 (1人1冊限定)
鉄印記帳代(書き置き印に日付を記入) 300円
※道南いさりび鉄道のきっぷと鉄印帳を持参のかたを対象とし、1冊につき1枚の販売
問い合わせ 道南いさりび鉄道 0138-83-1977