トップに戻る
おすすめ情報一覧
元町公園の上にある国の重要文化財「旧函館区公会堂」は、2018年10月から2021年の春まで、保存修理工事のために休館中です。どのような修理をしているかを知ってもらうため、不定期で工事現場の見学会が行われています。

歴史的な建造物に興味のあるかた、函館でひと味違う体験をしたいかたなど、どなたでも参加できます。

参考情報


旧函館区公会堂 工事現場見学会
※解体中の現場公開は今回で最後になります
日時 2019年9月22日(日)14時~(所要時間20分程度)
集合場所 旧函館区公会堂正門前(函館市元町11-3 元町公園上)
定員 80名 ※小学生高学年以上
参加方法 当日13時40分から受付(先着順・整理券配布)
問い合わせ 函館市教育委員会生涯学習部文化財課0138-21-3456

(参考)旧函館区公会堂の360度動画
工事前の館内を、360度カメラで撮影したものです。
・スマートフォンでは、本体を上下左右に動かすか、画面をドラッグ
・パソコンでは、左上のカーソルをクリックするか、画面をドラッグ
上下左右の映像を自由に見ることができます。

続きを見る
函館随一の紅葉の名所である香雪園(見晴公園)で、10月19日(土)~11月10日(日)に行われる「はこだてMOMI-G(もみじ)フェスタ」に合わせて、土日祝日限定でJR函館駅前から特別バスが運行されます。

通常の路線バス(82系統)で50分近くかかるところ、湯の川温泉経由の別ルートで30分たらずという便利さです(途中下車、乗り継ぎ不可)。

期間中は、園内の約100メートル続くカエデ並木がライトアップされ、幻想的な空間に。また、休憩スペース「緑のセンター」では、ミニライブ、体験会などの催しものも楽しめます(詳細)。

運行期間 2019年10月19日(土)~11月10日(日)の毎週土曜、日曜、祝日
運賃 片道 大人300円、小人150円
運行経路 函館駅前(2番のりば)~大森橋~啄木小公園~広野町~湯の川プリンスホテル渚亭前~湯の川温泉~湯倉神社前(清水眼科前)~香雪園
※主なバス停の時刻についてはこちら
問い合わせ 函館バス函館営業所 0138-51-3135

函館市の東部、渡島半島の東南端にそびえる活火山「恵山」は、ツツジの名所。ツツジの見事な紅葉を、登山しながら楽しむイベントが行われます。

登山コースは、恵山山頂をめざす初心者向けの恵山山頂コース(所要時間3時間)と、登山経験があるかた向けの海向山山頂コース(所要時間4時間20分)の2コース(コース図)。

函館駅、千代台公園(青年センター前)、函館アリーナといった市内中心部から無料の送迎バスが運行されますので、秋の一日、気軽に参加してみてはいかがでしょう。

開催日 2019年10月27日(日)
募集期間 2019年10月1日(火)~10月8日(火)
募集人員 各コース30名
参加料 無料(登山弁当希望者は別途有料)
問い合わせ 函館市恵山支所産業建設課内「恵山紅葉登山会」係0138-85-2336

関連記事

大沼国定公園しかべ間歇泉公園函館市縄文文化交流センターをめぐる定期観光バス「大沼三昧。駒ヶ岳周遊号」をご紹介します。

1日コース、午前コース、午後コースと3つのコースがありますが、特に1日コースと午後コースは、大沼国定公園でゆったりと過ごせるように滞在時間が長めにとられ、しかべ間歇泉公園では、温泉蒸し釜で地元の食材を蒸して味わうグルメ体験が。また、函館市縄文文化交流センターでは、北海道唯一の国宝「中空土偶(レプリカ)」をガイド付きで見学できます。

発着場所はコースによって異なるので、こちらでご確認ください。

運行期間 2019年7月1日(月)~9月30日(月)の毎日、10月5日(土)~11月10日(日)の土日祝
主な立ち寄りスポット(詳細はこちら
【1日コース】はこだてわいん、北海道昆布館、山川牧場、大沼国定公園、道の駅しかべ間歇泉公園、函館市縄文文化交流センター
【午前コース】はこだてわいん、北海道昆布館、山川牧場
【午後コース】大沼国定公園、道の駅しかべ間歇泉公園、函館市縄文文化交流センター
料金 
【1日コース】大人4100円、こども3000円
【午前コース】大人1200円、こども700円
【午後コース】大人3400円、こども2800円
問い合わせ 函館帝産バス0138-53-2196

9月8日(日)、第4回函館山サイクルライド開催に伴って、一部時間に函館山登山道(車道)の交通規制が行われます。マイカー、レンタカー、バス、タクシーをご利用予定のかたにはご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご承知おきください。

なお、函館山ロープウェイは平常運転の予定です。

護国神社坂の高田屋嘉兵衛像前を9時15分にスタート、函館山山頂がゴールになりますので、白熱のレースを見学するのもおすすめです。

函館山登山道 車両交通規制
日時 2019年9月8日(日)午前9時~11時
内容 函館山登山道の車両通行止め(バス・タクシー含む)
問い合わせ 函館サイクリング協会haca.info@gmail.com

(画像提供/函館サイクリング協会)

海に囲まれたエキゾチックな港街である函館とみなみ北海道をPRする、函館観光イメージキャラクターのエキゾーくん。函館山ロープウェイ(山頂展望台)、金森赤レンガ倉庫(イベント広場)、五稜郭タワー、函館市旧イギリス領事館、函館空港など、10カ所以上のスポットに設置されたウェルカムフォトパネルで撮った写真を、SNS(Twitter、Facebook)で投稿するキャンペーンが今年も行われています。

エキゾーくんのウェルカムフォトパネルで写真を撮影、または、フォトパネルが設置されているスポット内で風景を撮影をし、ユーザー登録を行なった後に投稿するだけ。撮ったその場で気軽に応募可能です。毎月、抽選で20スポット×各3人(合計60人)にスポットごとのセレクト品が、また、期間中すべての応募の中から抽選で、グルメセットや商品券のスペシャルプレゼントが当たります。

期間 2019年8月1日(木)~12月31日(火)
応募方法 SNS(Twitter、Facebook)アカウントでユーザー登録をし、投稿フォームから写真を応募 詳細はこちら
問い合わせ 函館国際観光コンベンション協会0138-27-3535

みなみ北海道最大級の食のイベントとして2012年から開催されている「はこだてグルメサーカス」。昨年は、北海道胆振東部地震の影響で中止となりましたが、今年は2年ぶりに開催されます。

JR函館駅近くのはこだて(大門)グリーンプラザと、函館朝市第一駐車場を会場に、函館とゆかりのある各地域のご当地料理や名物料理などが集結。

また、特別企画として、震災復興支援への感謝を込めて、胆振・日高地区のグルメが集まる「ニッタンサンクス!フェア」をお届けします。

(函館市に初上陸する大型キッチンバスの「クルーズキッチン」)

期間 2019年9月7日(日)、8日(日)
時間 10:00~17:00(8日は~16:00)
会場 はこだてグリーンプラザ、函館朝市第一駐車場、太陽パーキング
出店 161ブース(詳細はこちら
問い合わせ はこだてグルメサーカス実行委員会(函館市観光部観光振興課内)0138-21-3383

会場 太陽パーキング
出店 16ブース(詳細はこちら
・ニッタンサンクスキッチン
本格厨房設備を備えた大型キッチンバス「クルーズキッチン」で、胆振・日高地区の食材にこだわったグルメサーカス限定の特別メニューが提供されます。
・ウポポイPRステージ
2020年4月、白老町にオープンする「ウポポイ(民族共生象徴空間)」のPRステージとして、アイヌ古式舞踊が披露され、ウポポイの見どころを伝えます。

続きを見る
無料通信アプリLINEのスタンプに、北海道で唯一の国宝に指定されている「中空土偶」をあしらったものが登場しました。

中空土偶とは、函館市の南茅部地区で1975(昭和50)年に発掘されたもので、1万年以上続いた縄文文化のシンボル的存在。愛称は茅空(カックウ)です。

スタンプは全部で24種類。「おはよう」「おやすみ」「こんにちは」「おめでとう」など、あいさつのスタンプをはじめ、「めんこいなあ(かわいいなあ)」「わやだな(めちゃくちゃだな)」「じょっぺんかったか?(かぎを閉めたか?)」など、函館の方言が用いられたものも。ゆるーい雰囲気に、ほんわかなごめます。

1セット50コイン(120円)で、アプリ内のスタンプショップで販売されています。

問い合わせ 山田総合設計0138-56-7556

関連記事

北海道の絶景を展望バスで楽しみながら、旬の食材を味わう「レストランバスツアー」が、9月に運行します。函館駅発着で、みなみ北海道の西側エリア=檜山(ひやま)地方を巡ります。

料理を担当するのは、JR 東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」の料理人も務める、レストランclimatの関川裕哉シェフ。地元の旬の食材を使ったフレンチのランチコースを絶景とともに味わい、生産者のかたとふれあいながら、アスパラ収穫やホタテ磨きなどの農漁業体験を楽しめます。

運行日 2019年9月11日~15日
訪問地 
9月11日、13日、15日・・・厚沢部町(アスパラ収穫体験)、乙部町(ほたて磨き体験)、江差町(五勝手屋本舗、江差追分会館)
9月12日、14日・・・厚沢部町(アスパラ収穫体験)、上ノ国町(勝山館、道の駅もんじゅ)、江差町(五勝手屋本舗、江差追分会館)
料金 12800円
⇒申し込みはこちらから
問い合わせ JTB北海道事業部函館オフィス0138-56-1711

続きを見る
2019年のお盆休み期間中、五稜郭タワーに「まちあるき観光案内窓口」が設置され、五稜郭公園内の無料ガイドを受けられます。

これは、函館の観光ボランティアガイド活動の一環で、五稜郭タワーから箱館奉行所までの間を歩きながら約15~20分で案内するもの。観光パンフレットの配布や、問い合わせへの対応も行います。

まちあるき観光案内窓口
期間 2019年8月10日(土)~18日(日)
時間 10:00~17:00
(まちあるきガイドは時間内で随時実施)
場所 五稜郭タワー1階
料金 無料(参加申し込み不要)
問い合わせ 函館国際観光コンベンション協会 0138-27-3535