トップに戻る
おすすめ情報一覧
冬道は本当によく滑ります。積雪よりもっと怖いのが、日中に融けた雪が朝晩に凍ってツルツルになった路面です。

滑りやすいポイントや、上手な歩き方、服装、緊急連絡先などをまとめた「函館駅周辺 冬道の歩き方マップ」が、インターネットでご覧いただけます(こちら)。

足元をよく見てゆっくり歩いて、楽しい冬の函館旅行を!

滑りやすい場所!
・観光タイルなどの表面
・横断歩道の白線の上
・横断歩道上の市電レール
・溝蓋や誘導ブロックの上
・マンホールの上
・バスや市電の乗降場
・建物を出てすぐのところ
・歩道や車道の傾斜


北海道の冬の道路は、夏とはまったく異なり、車の運転には細心の注意が必要になります。

北海道の道路情報総合案内サイト「北の道ナビ」では、冬道を運転するときに役立つ情報を紹介しています。

レンタカーなどで、函館市内や周辺地域をドライブする際には、事前に頭に入れておくことをおすすめします。準備万端整えて、冬も楽しく快適なドライブを!



冬道の運転、ここに注意!
・交差点とその周辺
交差点は車から発生する熱で路面の雪氷が解けて、表面に水が浮き、非常に滑りやすい状態になります
・橋や高架道路、トンネルの出入り口付近
路面が凍っており、ブラックアイスバーン(路面が黒く見えても凍結している状態)になっていることがあります
・急ブレーキ厳禁
急ブレーキをかけると、タイヤがロックしてグリップを失い、停まれません。ブレーキはソフトにじわっと踏んで、転がして停めましょう
・車間距離は充分に
吹雪で前の車が見えなくなることがあるうえ、急に停まるかもしれません。車間距離を充分にとって運転しましょう
・吹雪の中での運転は昼間でもライトの点灯を
吹雪の際は、相手に自分の存在を知らせることが大事なので、ライトをつけましょう

新鮮な海の幸や農産品、スイーツなどが人気の、函館市のふるさと納税。2018年10月から、期間限定の新メニューの追加と、楽天ふるさと納税への参加で、返礼品のバリエーションがさらに豊富になりました。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」から
函館朝市の一店逸品ブランド「セレクト朝市」認定商品12品、大ボリューム「特得セット」66品 を期間限定で追加。函館旅行に使用できる「きふたびクーポン」も人気。
「楽天ふるさと納税」から
国内最大級の会員数をもつ楽天運営の「楽天ふるさと納税」に、函館市のサイトをオープン

問い合わせ 函館市財務部管理課 0138-21-3204


函館を代表する文化財建造物、旧函館区公会堂。1910(明治43)年に建てられ、1974(昭和49)年に国の重要文化財に指定されました。

木部の腐朽や塗装の剥がれへの対応、耐震補強等のため、2018年10月1日から大規模な保存修理工事が始まり、2021年4月ごろまで休館となる予定です。

閉館中は、外観が見えるような透明な仮囲いの使用や、定期的な見学会開催が予定されています。



170406FC01.jpgまた、同じく国の重要文化財の遺愛学院本館は、2018年夏から全面改修工事が始まりました。工事期間は5年半ほどになる見込みです。

こちらの建物は1908(明治41)年に建てられ、2004(平成16)年に重要文化財に指定されたもの。映画やミュージックビデオのロケ地にもなった愛らしいデザインが人気です。これまで、春のクロッカスの時期夏の一般公開日などに、外観の見学の機会がありました。

問い合わせ 学校法人遺愛学院0138-51-0418



国特別史跡に指定されている五稜郭跡。築造から150年以上がたち、その石垣の一部で劣化・破損が確認されているために保存修理工事が行われているほか、2018年9月6日の地震による石垣崩落の修繕工事も合わせて行われます。

郭内の西側エリアや周辺で一般の立ち入り制限が行われるのに加えて、観光駐車場の一部が使えなくなります。ご不便をおかけしますが、どうぞご理解をお願いいたします。

期間 2018年1月~2019年秋ごろ
実施箇所 一の橋広場向かいの堀内周、南西側
内容
2018年2月~2019年秋 工事用架設橋・周遊園路のう回路の設置 
2018年夏~2019年秋 石垣の解体・積み直し
駐車場の利用制限 
2018年12月11日~2019年3月31日 五稜郭観光駐車場の営業を一部(北側40台)休止予定。それ以降も延長の予定あり。
※休止中は、近隣の有料駐車場(函館市芸術ホール駐車場など)をご利用ください
問い合わせ 函館市教育委員会生涯学習部文化財課0138-21-3456

続きを見る
ブランド総合研究所が国内1000の市区町村を対象に行った「地域ブランド調査2018」の結果が発表され、函館市は、全国で最も魅力的な街に選ばれました!

前年の2位から順位を上げて、2年ぶり、通算5度目の第1位。続いて2位は京都市、3位札幌市、4位小樽市、5位神戸市......。また、函館市は観光意欲度でも1位、産品購入意欲度で2位となっています。

これからの時期は空気が澄みわたって、函館山から見る夜景もいっそう美しく輝きます。魅力いっぱいの函館に、ぜひお越しください。

⇒地域ブランドニュースはこちら

基坂上の旧イギリス領事館近く、港を見渡す高台に建つ函館市の伝統的建造物・旧相馬邸が、2018年12月25日付官報告示をもって、正式に国の重要文化財に指定されました。

旧相馬邸は、幕末から明治に活躍した北海道屈指の豪商・相馬哲平の私邸。函館(箱館)発展の中心であった元町エリアに、明治末期に建てられたものです。

今回、「和洋の文化が調和する近代の函館における、意匠優秀な住宅として高い価値を有している」と評価され、主屋と土蔵が重要文化財となりました。

所在地 函館市元町33-2 市電「末広町」電停から徒歩5分
開館時間 9:30~17:00。木曜休館。2018年11月11日~2019年3月31日は冬季休館  
入館料 一般800円、小・中学生300円
問い合わせ 0138-26-1560

関連記事

続きを見る
函館の自然と美しい街並みを取り入れたコースと、充実のエイドフードが自慢の函館マラソン。フルが併設されて4回目となる2019年は、7月7日(日)に開催されることが決定しました。

エントリー受付開始は2019年2月中旬を予定。詳細は、1月下旬に公式ホームページで発表されます。最新情報はFacebookページでどうぞ。

当サイトの関連記事をご参照のうえ、ぜひ「美しい街の、眺めのいいコース」を走りに、またランナーたちを応援しに、函館にお越しください。

日時 2019年7月7日(日)9時~
申込 2019年2月中旬~4月中旬
申込方法 インターネット(ハーフのみ専用振替用紙可)
定員 ハーフ・フル合計8000名程度 ※先着順
参加料 ハーフ5000円、フル9000円
問い合わせ 事務局(函館市教育委員会スポーツ振興課内)0138-21-3576

続きを見る
函館港の開放的な眺めが人気のベイエリアで、岸壁の老朽化を受けての本格的な改良工事・緑地整備工事が行われています。

ベイエリア一帯の岸壁や海沿いの公園(ラッキーピエロマリーナ末広店スターバックス コーヒー 函館ベイサイド店函館西波止場の海側~新島襄ブロンズ像旧桟橋)が工事区域となるため、現在は立入が制限され、新島襄立像と旧桟橋は一時撤去に(詳細は下記)。工事期間は2020年3月までの予定です。

工事終了後、一帯には遊歩道や花壇などが整備され、港を眺めながらのいこいの場所に。皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

問い合わせ 函館市港湾空港部港湾課 0138-21-3492

続きを見る
函館から車で約1時間、噴火湾沿いにある鹿部町の「間歇泉」が、このたび北海道遺産に認定されました。

間歇泉とは、周期的に地面から噴き出す温泉のことで、鹿部町の間歇泉は、1924(大正13)年に温泉を掘っているときに偶然見つかったものです。約10分間隔で、温泉が地下26メートルから地上15メートルほどの高さまで噴き上がり、迫力満点! あまりに勢いがあるため、上部に覆いが設置されています。

間歇泉周辺は「道の駅 しかべ間歇泉公園」として整備されていて、足湯でくつろぎながら間歇泉を間近に眺めることができます。大沼公園から車ですぐなので、観光の行き帰りに立ち寄るのもおすすめです。

問い合わせ

(参考)函館周辺、そのほかの北海道遺産
函館山と砲台跡、函館西部地区の街並み、路面電車、五稜郭と箱館戦争の遺構