トップに戻る
おすすめ情報一覧
JR北海道では、札幌と函館を結ぶ特急スーパー北斗の、インターネット限定、区間・座席数限定40%割引きっぷを販売します。JR東日本の「えきねっと」会員限定の、お得なきっぷです。

たとえば、札幌~函館の場合、普通車指定席の片道乗車券+指定席特急券が、えきねっと会員限定のお得なきっぷ「お先にトクだ値」の利用で5660円に(通常は9440円)。函館への旅がぐんと身近になります。

スーパー北斗「お先にトクだ値」(乗車券つき)詳細
利用期間 2020年2月14日(金)~3月13日(金)
申込期間 乗車日1カ月前の午前10時00分から乗車日13日前の午前1時40分まで
※インターネット限定、区間・座席数限定

※利用にあたっては会員登録が必要、インターネットでの予約限定、乗車変更・払戻等に制限があるなど、
注意事項を充分にご確認ください。

函館の近郊にはスキー場があり、市街地にはスケート場もあるので、ウインタースポーツが手軽に楽しめます。2019-20シーズンの営業予定をまとめました。アクセス時間はJR函館駅からの目安です。

函館七飯スノーパーク(車で50分) 12月22日(日)オープン
ニヤマ高原スキー場(車で30分。またはJR仁山駅から徒歩3分) オープン日未定
グリーンピア大沼スキー場(車で50分。またはJR大沼公園駅、新函館北斗駅から無料送迎バス。要予約) 1月4日(土)一部オープン
函館市民スケート場(函館バス95、96系統で約10分の競輪場通バス停から徒歩5分) 12月14日(土)~2月16日(日)

大沼国定公園の駒ケ岳と湖を見渡し、彼方に噴火湾を望む絶景のスキー場、函館七飯スノーパーク
(過去シーズンの写真)

スマートフォンのGPS(位置情報サービス)機能を活用したスタンプラリーが行われています。

北海道内各地の観光施設や道の駅、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアなどに立ち寄って、スタンプをGET! 集めたスタンプの数により、抽選で特産品など北海道の魅力的な商品が当たります。

また、全264カ所のスタンプを取得すると、完全制覇賞として、もれなく記念品および賞状がプレゼントされます。

期間 2019年12月6日(金)~2020年4月6日(月)
スタンプ取得スポット(函館市内関連分) 金森赤レンガ倉庫、函館空港、箱館奉行所五稜郭タワー道の駅なとわ・えさん道の駅縄文ロマン 南かやべ
※その他の地域のスポットについてはこちらを参照
問い合わせ NEXCO東日本お客さまセンター0570-024-024(ナビダイヤル)、または03-5338-7524

ETC車を対象に北海道内の高速道路が定額で乗り降り自由となる商品、ドラ割「北海道観光ふりーぱす」が2020年も発売。

北海道内の高速道路を、週末や祝日などを含む最大3日間利用可能な「週末プラン」、平日休日を問わず4~6日間のいつでも使える「ゆったりプラン」、本州から車でフェリーに乗って北海道へ旅行するかた限定の「フェリー限定プラン」と、旅のスタイルに合わせて選べます。

このパスの申込完了メールのプリントアウト、またはスマートフォン・携帯電話の申込完了メール受信画面を指定の施設で提示すると、さまざまな特典を受けることもできます。

利用期間 2020年4月24日(金)~11月4日(水)のうち、土日祝日等を含む最大3日間とゴールデンウィーク、お盆時期 
料金 普通車8000円、軽自動車等6400円(ETC車限定)
利用期間 2020年4月24日(金)~11月4日(水)
料金 普通車4日間10700円、5日間11700円、6日間12700円、軽自動車等4日間8100円、5日9200円、6日間10200円
利用期間 2020年4月24日(金)~11月4日(水)のうち、各フェリー会社が定める期間内に、本州から北海道へ「フェリー特別割引運賃」で乗船するかた
料金 普通車13600~19600円、軽自動車等10900~15700円

申込方法
NEXCO東日本の情報サイト「ドラぷら」より
高速道路利用開始前なら、当日申込可
(「フェリー特別割引運賃」を利用の場合は、フェリーの申し込み前まで) 
問い合わせ
NEXCO東日本お客さまセンター0570-024-024 (ナビダイヤル)、または03-5308-2424

東京2020オリンピックの聖火リレーのルートとスケジュールが発表され、函館は北海道内のスタート地点に決定しました。

聖火は、2020年6月14日(日)朝に緑の島を出発。ベイエリア、赤レンガ倉庫群はこだて明治館(旧函館郵便局)などの前を通り、函館市役所前までの約2.6kmのコースになります。

歴史的建造物が建ち並ぶ美しい街を走る、聖火ランナーの姿を見届けましょう!


緑の島

続きを見る
函館のトラピスチヌ修道院では、クリスマスに聖堂で行われるミサへの参加者を募集しています。

修道院は、ふだんは外観のみの見学ですが、ミサでは、信者(クリスチャン)でないかたも聖堂に招かれ、キリストの誕生を祝う祭式に臨席できます。

日本初の女子観想修道院として1898(明治31)年に創立され、昭和初期に再建された聖堂で、歴史の一端に触れることのできる貴重な機会です。

●夜のミサ 2019年12月24日(火)20:00~21:30ごろ(集合19:45)
●朝のミサ 2019年12月25日(水)9:30~11:00ごろ(集合9:15)
※途中退席はご遠慮ください
申し込み期限 2019年12月20日(金)
申し込み 天使の聖母トラピスチヌ修道院0138-57-2839(月~土9:00~11:00、14:00~16:00)

トラピスチヌ修道院では、復活祭、終戦記念日、クリスマスの集いに一般参加者を募集しています。
詳細は随時、このページでお知らせします。(写真はクリスマスミサの模様)

続きを見る
函館山のふもとの元町エリアに建ち並ぶ、さまざまな宗派の教会。毎年、各教会では、信者でないかたでも参加して心静かに聖夜を祝える、一般向けのクリスマス礼拝が行われます。

函館でクリスマスをすごすかたは、教会での特別な体験はいかがですか。

主な教会の2019年一般向けミサの予定
【12/24】18~19時 市民クリスマス
【12/24】19~20時ごろ ミサ
【12/25】10時半~11時半ごろ ミサ
【12/24】13~17時 St.John\'s Bar(ホットワインなど)
【12/24】18時半~ キャンドルサービス、23時~深夜ミサ
【12/25】10時半~ クリスマス礼拝
【12/24】18時半~ 聖夜讃美礼拝

関連記事

函館の主な観光施設の、年末年始の営業予定をまとめました。この時期を函館ですごすかたは、どうぞご活用ください。


通常営業
営業時間変更など
休館・休業

施設名称 12/28 12/29 12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4 1/5 電話
(0138)
観光施設   観光施設
函館山ロープウェイ       22時半~25時も営業           23-3105
五稜郭タワー         6~19時         51-4785
旧イギリス領事館                   27-8159
箱館奉行所         9~15時     51-2864
旧函館区公会堂 大幅改修工事のため、2021年4月ごろまで休館 22-1001
函館市北方民族資料館             22-4128
函館市文学館             22-9014
函館市北洋資料館           55-3455
青函連絡船記念館摩周丸       10~15時     27-2500
北海道立函館美術館         56-6311
市立函館博物館         23-5480
市立函館博物館郷土資料館         23-3095
箱館高田屋嘉兵衛資料館   12/29~3/19 休館 27-5226
北海道坂本龍馬記念館                   24-1115
旧相馬邸 12/1~3月末 休館 26-1560
Gスクエア(GLAYコーナー)       ~17時   9時~       35-4000
北島三郎記念館                   26-3600
土方・啄木浪漫館                 56-2801
函館市熱帯植物園             57-7833
トラピスチヌ修道院             57-3331
函館ハリストス正教会 12月25日午後~2月末 一般拝観なし 23-7387
カトリック元町教会       22-6877
縄文文化交流センター         25-2030
施設名称 12/28 12/29 12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4 1/5 電話
(0138)
観光(物販)施設   観光(物販)施設
函館ヒストリープラザ     9時30分~17時         27-5530
金森洋物館     9時30分~17時         27-5530
BAYはこだて     9時30分~17時         27-5530
はこだて明治館                   27-7070
函館朝市       ~昼頃 店舗による     22-7981
はこだて自由市場             27-2200
中島廉売       店舗による   店舗による   51-0026
北海道昆布館                 66-2000
観光(体験)施設   観光(体験)施設
元町ガラス工房                   27-8836
ザ・グラススタジオイン函館   体験は1/6まで休業、店舗は12/30~1/3休業 27-1569
はこだて工芸舎       10~16時       22-7706
函館市民スケート場                 54-5233
ハイカラ衣裳館 大幅改修工事のため、2021年4月ごろまで休館 22-1001
活いか釣堀               22-5330
谷地頭温泉                   22-8371
はこだてキッズプラザ                 26-7000
はこだてみらい館                 26-6000
函館市中央図書館         35-5500
施設名称 12/28 12/29 12/30 12/31 1/1 1/2 1/3 1/4 1/5 電話
(0138)
複合商業・飲食施設   複合商業・飲食施設
シエスタハコダテ       ~17時   9時~       各店へ
キラリス函館 店舗による 各店へ
大門横丁 店舗による 24-0033
どんぶり横丁 店舗による 22-6034
函館ベイ美食倶楽部 店舗による 各店へ
丸井今井函館店       ~17時   9時~       32-1151
函館駅前ビル                   各店へ
観光案内所   観光案内所
観光案内所(JR函館駅)                   23-5440
観光案内所(元町公園)                   27-3333
地域交流まちづくりセンター ~17時   ~17時 22-9700

函館市電では、2019年も大みそかの深夜に初詣無料電車を運行します。谷地頭の函館八幡宮、青柳町の護国神社、函館どつく前の厳島神社などにお詣りのかたは、ぜひご利用ください。



また、年末・年始は特別ダイヤになりますので、お出かけの際はご注意ください。
2019年12月31日(火)・・・営業時間を短縮。始発から18時頃までは、通常の土日祝日ダイヤで運行(運行終了は20時頃)。
その後、深夜には上記の初詣無料電車を運行
2020年1月1日(水・祝)、2日(木)・・・営業時間を短縮し、特別ダイヤで運行 1月3日(金)・・・土日祝日ダイヤで運行

問い合わせ 函館市企業局交通部0138-52-1273

函館市内の主要観光名所などをまわる函館バスの観光路線が、年末・年始(2019年12月30日~2020年1月3日)は運行時刻が変更、または運休となります。ご利用の際は事前にご確認ください。

函館バス函館駅前案内所は、12月31日は8時~16時、1月1日・2日は10時~15時、1月3日は8~16時の営業となっています(12月30日以前、1月4日以降は通常の7時30分~19時)。

なお、函館バス専用1日乗車券「カンパス」、バス・市電共通1日乗車券(2日乗車券)は、函館バス函館駅前案内所、函館空港、バス車内などで販売されています。


●元町・ベイエリア周遊号(3系統) 明治館前、金森洋物館・BAYはこだて前、ロープウェイ前などに停車
12月30日、31日、1月2日、3日・・・函館駅前4番のりばより、9:00~17:00発。40分間隔で運行。1月1日・・・全便運休
●函館山ロープウェイ接続シャトルバス(2系統)
12月30日・・・函館駅前4番のりばより、16:40~19:20発。30~40分間隔で運行。12月31日~1月3日・・・全便運休
●五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス(5系統) 市民会館・函館アリーナ前、湯川温泉電停前、函館空港などに停車
12月30日、31日、1月2日、3日・・・函館駅前4番のりばより、9:15~14:15発。60分間隔で運行。1月1日・・・全便運休
●空港五稜郭快速線(8系統)
12月30日~1月3日・・・全便運休
●函館空港⇔五稜郭地区直通バス(7系統 とびっこ) 函館空港から湯の川地区や五稜郭地区へ向かうときに便利
12月30日、31日、1月2日、3日・・・函館空港1番のりばより、1時間に1~2本程度運行。1月1日・・・函館空港1番のりばより、五稜郭回り・亀田支所前回り、それぞれ3本ずつ運行
※「五稜郭回り」「亀田支所前回り」があるのでご注意を
問い合わせ 函館バス函館駅前案内所0138-22-8111