トップに戻る
おすすめ情報一覧
函館から大沼公園に向かう途中の国道5号線沿い、新幹線の新函館北斗駅からは車で10分たらずの「道の駅 なないろ・ななえ」。その隣に、新たな複合施設「THE DANSHAKU LOUNGE」が、2019年4月25日にオープン!

北海道内や近郊地域の食材を用いた料理を味わえるレストラン、地域の特産である男爵いもを使ったオリジナルのテイクアウトメニューを提供するラウンジ、食品・ワイン・生活雑貨のショップなど。

また、男爵いもの生みの親「川田男爵」が使用した蒸気自動車や、アメリカから輸入した農耕具、家具や雑貨なども展示され、地元の文化に触れることができます。

所在地 北海道亀田郡七飯町字峠下379番3 (七飯町道の駅「なないろ・ななえ」隣)
問い合わせ DANSHAKU LOUNGE 0138-82-8888

関連記事

続きを見る
全世界のアニメファンが選んだ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)」で、「薄桜鬼 真改(はくおうき しんかい)」の舞台として、函館市が2年連続で聖地認定されました。

「薄桜鬼」は、江戸時代末期に活躍した新選組をモチーフに、幕末志士の運命をドラマチックに綴った作品。史実同様に、旧幕府軍と新選組が蝦夷地(北海道)で新しい国を作る拠点とされた五稜郭は、函館を代表する観光スポットのひとつです。作品中終盤では戊辰戦争が描かれ、主人公や土方歳三が箱館で最後の攻防を繰り広げます。

函館で作品の世界を体感してみませんか。



関連記事

続きを見る
函館の隣町・北斗市の人気観光スポット、トラピスト修道院周辺で利用できるレンタサイクルサービスが、2019年度は4月1日から始まります。

道南いさりび鉄道の渡島当別駅からトラピスト修道院までは、徒歩なら20分ほど。レンタサイクルを利用すれば、周辺の景勝地まで含めて快適に周遊可能です。

人気は、電動アシストつき自転車。立ちこぎしてもなかなか上れないような坂でも、スイスイ乗れます。

貸出場所 中田商店(北斗市当別4-1-18) 道南いさりび鉄道 渡島当別駅向かい
貸出期間 2019年4月1日(月)~降雪時
営業時間 9~17時
利用料金 500円(4時間まで)、1000円(4時間以上)
貸出台数 電動アシストつき自転車7台(チャイルドシートつき3台)、マウンテンバイク4台(子供用1台)
※中学生以下の利用は、保護者同伴の場合に限定
問い合わせ 北斗市役所総務部企画課0138-73-3111

続きを見る
函館と近郊の木古内を結ぶ道南いさりび鉄道の人気観光列車「ながまれ海峡号」ツアーが、2019年度も企画されています。

このツアーは、「鉄旅オブザイヤー2016」旅行会社部門グランプリを受賞したもの。函館発着で、1人でも参加することができます。列車から眺める風景はもちろん、沿線のグルメも登場。ローカル線にのんびりと乗って、鉄道旅を楽しみませんか。

料金 9800~11800円 ※おとな・こども(小学生)同額
運行日 2019年5月11日・25日、6月8日・22日、7月6日・20日、8月10日・24日、9月7日・21日、10月5日・19日(すべて土曜日)
提供グルメ どうなんde\'sのパスタセット・塩パン、海鮮バーベキューいさりび焼、プティ・メルヴィーユ特製スイーツ
問い合わせ 日本旅行函館支店0138-62-3770、または各地の予約センター

なお、この「ながまれ海峡号」用の車両は、ツアー以外にも一般列車として運用され、通常料金で乗車できるほか、JR函館駅や沿線で眺めることもできます。運行予定はこちらで確認。
問い合わせ 道南いさりび鉄道0138-83-1977

続きを見る
2019年4月1日より、函館バスの全系統に番号がついて整理され、乗りたいバスがわかりやすくなります。

特に観光でよく利用される路線バスには、1桁の系統番号が割り振られました。
観光関連の路線バスの行先と系統番号
2・・・ロープウェイシャトルバス
6・・・湯の川温泉ライナー
7・・・とびっこ(函館空港発着のバス)

また、函館市内・近郊の路線バスには2桁の番号、松前や江差など郊外の路線バスには3桁の番号がつきます。
(詳細はこちらを参照)
問い合わせ 函館バス0138-22-8111

2019年1月で閉店したJR函館駅前のデパート・棒二森屋のうち、アネックス館は「函館駅前ビル」として営業をスタートしました。

ショップは本館からの移転、アネックス館からの継続営業のほか、老舗パン店のキングベークと、軽食のラップ&ロールカフェが新規出店。観光の途中で立ち寄るのにもおすすめです。

函館駅前ビル
所在地 函館市若松町16-10
営業時間 10~18時
定休日 ショップによる
問い合わせ 024-521-5151(株式会社中合 営業・管理本部)

店舗一覧(*は公共施設)
【6F】 玉光堂、ふらっとDaimon*
【5F】 くまざわ書店、消費者生活センター*
【3F】 テット・オム、ミキ・ハウス、インデペンデンス
【2F】 ウォッチタウン、ハウスオブローゼ、カフェ・ニシムラ、コズミック、スタジオ・ビー、ミラオーウェン、ニコルセレクト
【1F】 キングベークナチュラル、ラップ&ロールカフェ、千秋庵、ワッフル・デ・ニーム、紅茶専門店ハーヴェスト

続きを見る
文化庁によって「日本遺産」に認定されている北前船の寄港地、函館と松前、そして、ニシンの繁栄でにぎわった江差。このエリアをめぐる紹介する観光パンフレットが、このたび発行されました。

パンフレットには、各地のおすすめ周遊スポットとまち歩きコース、マップ、「函館真昆布」「松前漬け」「にしん漬け」など名産品についての一口メモを掲載。みなみ北海道の北前船寄港地をめぐる旅のご参考にどうぞ。

北前船 南北海道観光ルートガイド
PDFはこちら
配布場所(4月上旬から順次配布予定) 
函館市観光案内所(JR函館駅構内)、函館市元町観光案内所、函館市地域交流まちづくりセンター、函館空港、津軽海峡フェリー、五稜郭タワー、函館山ロープウェイ、金森赤レンガ倉庫、函館朝市協同組合連合会(どんぶり横丁ほか) 
問い合わせ 函館市観光部0138-21-3453

JR函館駅前の複合施設「キラリス函館」の地下フロアが、このたび「HAKODATE FOOD PORT(ハコダテフードポート)」として生まれ変わり、新たな飲食店が2019年2月7日(木)にオープンします。

厚切りステーキと手ごねハンバーグが楽しめる「ミンチェッタ」、函館近郊・知内町の人気店「かき小屋 知内番屋 函館出張店」、とろふわ食感のパンケーキとマルゲリータピザが人気の「ビビデバルデムーン」の3店。営業時間は11~21時、不定休。

同じ地下1階には、回転寿司店「根室 花まる」が先行オープンしており、北海道の美味しい食を取りそろえた拠点となりそうです。

問い合わせ KAM rich foods 0138-86-7454、キラリス函館 0138-26-3001
画像提供/KAM rich foods

続きを見る
松前藩家老で、「夷酋列像」の作家としても注目されている江戸後期の画家、蠣崎波響(かきざきはきょう)の作品を見て歩くツアーが、北海道立函館美術館主催で行われます。

北海道立函館美術館の収蔵作品をはじめ、高龍寺収蔵の「釈迦涅槃図」(北海道指定有形文化財)などを鑑賞します。また、これまで存在が知られていなかった「草花鳥獣人物図屏風」が、今回、特別に函館美術館で公開されます。

日時 2019年4月6日(土)、7日(日) 9:15~16:00(予定)
定員 各回20名(申し込み多数の場合は抽選)
参加費 2250円(施設観覧料、昼食代、ワークショップ保険料を含む) 
※別途市電の乗車料金(市電一日乗車券600円)がかかります
申し込み ファックス0138-56-6381、またはEメールhakobi.11@pref.hokkaido.lg.jpで
件名を「4館ツアー申し込み」とし、①名前(ふりがな)②年齢・性別③住所・電話番号④参加希望日⑤メールアドレス・ファックス番号を記入のこと
締め切り 3月28日(木)
問い合わせ 北海道立函館美術館0138-56-6311

函館の人気料理やスイーツを「ちょい食べ」できる、タクシー利用のおすすめプランをご紹介します。

函館市内の提携店での食事券3枚と、タクシー送迎3回つき。13店舗から3店をチョイスして、オリジナルメニューのハーフサイズ相当を食べることができる、グルメの街・函館ならではの欲張りプランです。

タクシー送迎も3回分利用できるので、移動手段や道順などを気にせず、観光や食べ歩きをらくらく楽しめます。

料金 1名3200円(1台を4名で利用の場合)~5800円(1名で利用の場合)
店舗とメニューの一例(詳細はこちら
・マメさん 元祖マメさんラーメン(塩/ハーフ)
・五島軒本店 イギリスビーフカレー(中辛/ハーフ) or フランスビーフカレー(甘口/ハーフ)
・朝市 栄屋 ちょい食べ丼(イクラ・ほぐし鮭・イカ)、みそ汁付
・函館ビヤホール ピンチョス(サーモンのエスカベッシュ、カニのテリーヌ、イベリコチョリソー、ピクルス)※季節により変更あり
・みなとの森 特製ワッフルアイス添え/ハーフ
・VARIOUS Café エッグタルト(天使のクリーム or ロイヤルタルト)+飲み物(コーラ or オレンジジュース)
・カフェやまじょう コーヒー・紅茶・牛乳(3種ともホット or アイス)・ソフトドリンク(各種)のうち1つ、函館珈琲焼菓子付
問い合わせ 函館タクシー ハッピーツアー函館 (旅行部門)0138-51-0168 masuda@hakotaxi.co.jp