トップに戻る
季節情報一覧
当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。2019年も、函館のさまざまな魅力をお伝えしていきます。

2018年によく読まれた記事のランキングをお届けします。気になる記事はありますでしょうか? 函館の旅行計画にどうぞお役立てください。

読み物

お得なチケット・便利なサービス



函館の自然と美しい街並みを取り入れたコースと、充実のエイドフードが自慢の函館マラソン。フルが併設されて4回目となる2019年は、7月7日(日)に開催されることが決定しました。

エントリー受付開始は2019年2月中旬を予定。詳細は、1月下旬に公式ホームページで発表されます。最新情報はFacebookページでどうぞ。

当サイトの関連記事をご参照のうえ、ぜひ「美しい街の、眺めのいいコース」を走りに、またランナーたちを応援しに、函館にお越しください。

日時 2019年7月7日(日)9時~
申込 2019年2月中旬~4月中旬
申込方法 インターネット(ハーフのみ専用振替用紙可)
定員 ハーフ・フル合計8000名程度 ※先着順
参加料 ハーフ5000円、フル9000円
問い合わせ 事務局(函館市教育委員会スポーツ振興課内)0138-21-3576

続きを見る
夕方18時以降、市電が乗り放題になる乗車券「トワイライトパス」。1枚300円(大人)のパスで、夕方18時から最終電車まで、1回210~250円の市電に何回でも乗れます(小児はそれぞれ半額)。夜の外食、夜景やイルミネーション見物の足におすすめです。

販売は、使用当日18時以降に市電車内で。停車中に運転手から購入できます。

販売期間 2019年1月4日(金)~3月31日(日)
価格 大人300円、小児150円
問い合わせ 函館市企業局交通部0138-32-1730


函館近郊の大沼国定公園では、冬の間ワカサギ釣りができます。12月中は桟橋から、1月上旬~3月中旬は氷上で。手ぶらで行って楽しめる施設をご紹介しましょう。

※釣ったワカサギは持ち帰りOK。施設によって別料金で唐揚げに対応してもらえます(500~1000円)

※函館から大沼(大沼公園)へは、JR特急で約30分/車で約40分

※ワカサギ釣りレポートはこちら から揚げ体験はこちら 氷上アクティビティはこちら


【氷上・桟橋で営業中】 アイスパークスノーマン(大沼合同遊船)0138-67-2229
JR大沼公園駅から徒歩5分 受付8:00~15:30
※防寒具・用具レンタル+えさで大人1600円、中学生以下1300円(遊漁料込み)。桟橋からは2時間制

【氷上・桟橋で営業中】 釣り堀 太公園090-2810-7347(川村)
JR大沼公園駅から徒歩10分(送迎可) 受付9:00~14:30
※釣堀は貸用具+えさ1500円(遊漁料込み。2時間)。氷上は貸用具+えさ500円、遊漁料大人600円、中学生以下300円

【氷上で1月5日から】じゅんさい沼氷上ワカサギ釣り大沼漁業協同組合)080-4040-7575
JR大沼公園駅から車で10分 8:00~16:00
※貸用具+えさ500円。遊漁料大人600円、中学生以下300円

【氷上で1月半ばから】東大沼キャンプ場大沼漁業協同組合)080-4040-7575
JR銚子口駅から徒歩5分 8:00~16:00
※貸用具+えさ500円(レンタルは土日祝日のみ)。遊漁料大人600円、中学生以下300円

函館の主な観光スポット周辺で、坂の路面凍結などによる事故防止のため、冬期間の車両通行止めを実施します(歩行者は通行可)。

2018年11月12日(月)11時~2019年4月15日(月)11時解除予定
問い合わせ 渡島総合振興局函館建設管理部事業課0138-45-6500

立待岬付近(地蔵堂~立待岬~ふるる函館)
2018年11月20日(火)~2019年3月31日(日)解除予定
チャチャ登り(全体)日和坂(電車通り~高橋病院前)
2018年12月10日(月)~2019年春
大三坂(電車通り~バス通り)
規制期間未定
問い合わせ 函館市土木部道路管理課0138-21-3410

そのほかの道路については、北海道地区道路情報の「冬期通行止め」をご参照のこと。
冬道の運転にはくれぐれもご注意ください⇒冬道運転ガイド

2019_fuyunikoi_2.jpg 2019_fuyunikoi_1.jpg


ロマンチックな冬の函館を紹介するキャンペーン「冬に恋。函館」のPRポスターが完成!
光あふれる函館山からの夜景、イルミネーションが彩る八幡坂をデザインしました。
サイズはB1判で、函館市内の宿泊施設や、各地のイベント等でご覧いただけます。

また、この時期のイベント、グルメ、体験などの見どころ満載のガイドブックを、
観光案内所や主要観光施設、交通ターミナル、宿泊施設などで配布中。
特に、2019年2月末までの期間中に市内外の人気飲食店で味わえる「冬恋メニュー」は要チェックです。

ロマンチック気分満点の冬の函館に。どうぞお越しください。

問い合わせ 函館市観光部観光誘致課0138-21-3323

続きを見る
冬道は本当によく滑ります。積雪よりもっと怖いのが、日中に融けた雪が朝晩に凍ってツルツルになった路面です。

滑りやすいポイントや、上手な歩き方、服装、緊急連絡先などをまとめた「函館駅周辺 冬道の歩き方マップ」が、インターネットでご覧いただけます(こちら)。

足元をよく見てゆっくり歩いて、楽しい冬の函館旅行を!

滑りやすい場所!
・観光タイルなどの表面
・横断歩道の白線の上
・横断歩道上の市電レール
・溝蓋や誘導ブロックの上
・マンホールの上
・バスや市電の乗降場
・建物を出てすぐのところ
・歩道や車道の傾斜


北海道の冬の道路は、夏とはまったく異なり、車の運転には細心の注意が必要になります。

北海道の道路情報総合案内サイト「北の道ナビ」では、冬道を運転するときに役立つ情報を紹介しています。

レンタカーなどで、函館市内や周辺地域をドライブする際には、事前に頭に入れておくことをおすすめします。準備万端整えて、冬も楽しく快適なドライブを!



冬道の運転、ここに注意!
・交差点とその周辺
交差点は車から発生する熱で路面の雪氷が解けて、表面に水が浮き、非常に滑りやすい状態になります
・橋や高架道路、トンネルの出入り口付近
路面が凍っており、ブラックアイスバーン(路面が黒く見えても凍結している状態)になっていることがあります
・急ブレーキ厳禁
急ブレーキをかけると、タイヤがロックしてグリップを失い、停まれません。ブレーキはソフトにじわっと踏んで、転がして停めましょう
・車間距離は充分に
吹雪で前の車が見えなくなることがあるうえ、急に停まるかもしれません。車間距離を充分にとって運転しましょう
・吹雪の中での運転は昼間でもライトの点灯を
吹雪の際は、相手に自分の存在を知らせることが大事なので、ライトをつけましょう

函館の近郊にはスキー場があり、市街地にはスケート場もあるので、ウインタースポーツが手軽に楽しめます。2018-19シーズンの営業予定をまとめました。アクセス時間はJR函館駅からの目安です。

函館七飯スノーパーク(車で50分) 12月9日(日)オープン
ニヤマ高原スキー場(車で30分。またはJR仁山駅から徒歩3分) 12月29日(土)オープン
グリーンピア大沼スキー場(車で50分。またはJR大沼公園駅、新函館北斗駅から無料送迎バス。要予約) 12月22日(土)オープン
函館市民スケート場(函館バス6、96系統で約10分の競輪場通バス停から徒歩5分) 12月15日(土)~2月17日(日)

大沼国定公園の駒ケ岳と湖を見渡し、彼方に噴火湾を望む絶景のスキー場、函館七飯スノーパーク
(過去シーズンの写真)

函館山展望台への車両用登山道は、冬期間、危険防止のために閉鎖されます。2018年度の閉鎖期間は、2018年11月12日(月)11時から2019年4月15日(月)11時(予定)。路面等の状況によって変更になる可能性があります。

この期間はマイカーをはじめ、バス、タクシーなどの車両は全面通行止め。山頂へはロープウェイでどうぞ。なお、歩行者用の登山道は冬期間も通行OKです。

問い合わせ
渡島総合振興局函館建設管理部
事業課 0138-45-6500

関連記事