トップに戻る
サービス一覧
春から秋にかけて、函館駅前から函館山山頂へダイレクトで向かう登山バスが運行されています。

函館山登山道に入ると、途中の展望スポットでは徐行し、ロープウェイとは一味違う車窓を楽しみながら山頂を目指すことができます。また、大人片道400円というのも嬉しいところです。

運行期間 2019年4月15日(月)~11月中旬ころ
料金 大人400円、小人200円
函館バス専用1日乗車券(カンパス)、市電・バス共通1日・2日乗車券、全国相互利用交通系ICカード、乗継券使用可。
運行時刻はこちら
問い合わせ 函館バス0138-51-3137

函館山の山頂展望台まで行く際、ロープウェイには乗ってみたいけれど、乗り場のある山麓駅までの坂の上り下りは避けたいというかたには、2系統「函館山ロープウェイ接続シャトルバス」がおすすめです。

急坂はバスですいすい上り下り、バス停から山麓駅までは徒歩ですぐです。

運行期間 2019年4月1日(月)~10月31日(木)
※秋期については後日発表。函館山ロープウェイ法定点検期間は運休
料金 大人240円、小人120円
函館バス専用1日乗車券(カンパス)、市電・バス共通1日・2日乗車券、全国相互利用交通系ICカード、乗継券使用可。
運行時刻はこちら
問い合わせ 函館バス0138-22-8111

函館に着いたら、荷物を宿泊先に届けてもらい、手ぶらで観光やビジネスに! そんなお役立ちサービスが「はこだて手ぶら観光」です。

函館空港国内線ターミナル到着口近くに窓口があり、料金は荷物1個につきホテルへ、またはホテルからの片道が800円(3辺(たて+よこ+高さ)が160cm以上の場合は1000円)です。

対象エリア 函館空港から函館山方面にある宿泊施設
料金 1個 片道税込800円(3辺(たて+よこ+高さ)が160cm以上の場合は1000円)

【空港⇒ホテル】
受付(8:00~14:30) 函館空港ビル1階到着ロビー内「手ぶら観光受付(カペラ)」
【ホテル⇒空港】
受付 (9:00まで) 宿泊ホテルのフロント
問い合わせ はこだて手ぶら観光(カペラ)0138-36-7888

※函館駅前の駅前朝市店は2018年9月で営業を終了しました

続きを見る
JR函館駅構内にある函館市観光案内所では、車いすとベビーカー貸し出しサービスを行なっています。

車いすは3台、ベビーカーは1カ月~3歳児対象で3台を用意しています。

営業時間内の貸出で当日返却、予約はできませんので、直接窓口でお尋ねください。

函館市観光案内所
JR函館駅構内
営業時間 9~19時
問い合わせ 0138-23-5440

JR函館駅から函館朝市、赤レンガ倉庫群、函館山ロープウェイ山麓駅、旧イギリス領事館、ラッキーピエロベイエリア本店など、西部地区(函館山麓エリア)のおもな観光スポットを循環する便利な路線バスが、3系統「元町ベイエリア周遊号」(冬期は若干路線縮小)。坂道の多い街歩きエリアの、心強い味方になります。

運行期間 通年(4~10月は20分間隔、11~3月は40分間隔)
料金 大人210円、小人110円均一
函館バス専用1日乗車券(カンパス)、市電・バス共通1日・2日乗車券、全国相互利用交通系ICカード使用可。乗継券は使用不可

運行時刻・ルート
春~秋期(2019年4月1日~10月31日) こちらを参照
参考:冬期(2018年11月1日~2019年3月31日) こちらを参照

問い合わせ 函館バス0138-22-8111

関連記事 

函館駅から五稜郭タワーまで15分、トラピスチヌ修道院まで37分。乗り換えなしで楽々アクセスできるシャトルバスです。

利用者には、トラピスチヌ修道院そばにあるはこだて市民の森売店のソフトクリーム割引券をプレゼント。2019年4月からは、土日祝日のみ函館牛乳あいす118まで行く便が登場しました。

五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス(5系統)
運行期間 通年
運賃
函館駅⇒五稜郭タワー 240円
函館駅⇒トラピスチヌ修道院 300円
函館駅⇒函館空港 300円
函館駅⇒函館牛乳あいす118 400円(土日祝のみ運行)
(五稜郭タワー⇒トラピスチヌ修道院260円)
※函館バス専用一日乗車券(カンパス)、市電・函館バス共通1日・2日乗車券、全国相互利用交通系ICカード、乗継券使用可
運行時刻
夏ダイヤ(2019年4月1日~10月31日)
冬ダイヤは後日発表
問い合わせ 函館バス0138-22-8111

(平日ダイヤ) 

続きを見る
函館は主要な観光スポットを自転車で周れるコンパクトサイズの街。レンタサイクルを利用して、快適に街巡りをしませんか。

「はこりん♪」は坂の街・函館の足として人気の、電動アシストつきレンタサイクル。立ちこぎしても上れない坂でも、スイスイ乗れます。

期間 2019年4月13日(土)~11月24日(日) 
料金 全日(営業時間内)1600円、4時間まで1000円、朝割500円(税込、傷害保険つき)
受付場所と営業時間
函館市地域交流まちづくりセンター(1Fカウンター) 4台
市電「十字街」電停から徒歩2分 0138-22-9700
9時~18時30分(朝割料金返却時間は12時まで)
キラリス函館(1Fショップ「えぞりす」) 6台
函館駅前交差点 0138-27-4777
10時~18時30分(朝割料金返却時間は12時30分まで)
シエスタハコダテ(無印良品) 4台
市電「五稜郭公園前」電停から徒歩1分 0138-51-3025
10時~19時30分(朝割料金返却時間は12時30分まで)

関連記事

函館は主要な観光スポットを自転車で周れるコンパクトサイズの街。レンタサイクルを利用して、快適に街巡りをしませんか。

ベイエリア、金森赤レンガ倉庫群の「BAYはこだて」では、一般タイプ(電動アシストなし)のレンタサイクルサービスを行なっています。

営業期間 2019年4月1日(月)~10月31日(木)
利用時間 10~17時 
料金 1台1000円(受付の際、身分証を提示)
貸出窓口 金森赤レンガ倉庫 BAYはこだてインフォメーション(豊川町11-5) 0138-27-5530(代)

関連記事

函館の隣町・北斗市の人気観光スポット、トラピスト修道院周辺で利用できるレンタサイクルサービスが、2019年度は4月1日から始まります。

道南いさりび鉄道の渡島当別駅からトラピスト修道院までは、徒歩なら20分ほど。レンタサイクルを利用すれば、周辺の景勝地まで含めて快適に周遊可能です。

人気は、電動アシストつき自転車。立ちこぎしてもなかなか上れないような坂でも、スイスイ乗れます。

貸出場所 中田商店(北斗市当別4-1-18) 道南いさりび鉄道 渡島当別駅向かい
貸出期間 2019年4月1日(月)~降雪時
営業時間 9~17時
利用料金 500円(4時間まで)、1000円(4時間以上)
貸出台数 電動アシストつき自転車7台(チャイルドシートつき3台)、マウンテンバイク4台(子供用1台)
※中学生以下の利用は、保護者同伴の場合に限定
問い合わせ 北斗市役所総務部企画課0138-73-3111

続きを見る
函館バスでは、自転車の積み込みができる「サイクリングバス」を函館~江差間で運行します。

バスの車内後方に自転車を10台まで積み込めるようになっており、誰でも気軽に利用できます。函館駅前から江差ターミナルまで、所要時間は2時間30分あまり。函館駅前を6:53に出て、江差に2時間滞在して戻るお手軽プランや、じっくり走り回って函館駅前に21:05に着くバスに乗るじっくりプランなど、お好みの利用法でどうぞ。

マイ自転車と一緒に、みなみ北海道を旅してみませんか。


期間 2019年4月からの土曜・日曜・祝日
運行区間 函館-江差(610系統)
サイクリングバスの時刻表はこちら
料金 通常のバス運賃+500円
問い合わせ 函館バス函館営業所0138-51-3137