トップに戻る
ニュース・お知らせ(アーカイブ)の記事一覧
夏は涼しく、冬は温暖で比較的雪が少ない函館は、1年を通じてスポーツをする環境として理想的です。このたび、函館でのスポーツ合宿や大会の開催を検討するための、函館市公式サイトができました。


2015年8月に開業予定の函館アリーナ、函館フットボールパークをはじめとする市内と近郊のスポーツ施設の紹介や、交流試合のセッティングに役立つ市内競技団体一覧、合宿時の宿・弁当・貸し切りバス情報、函館の観光情報など、合宿・大会運営に役立つ情報が盛りだくさん。「強くなるための合宿、みんなが喜ぶ大会運営」を函館で実現しませんか。


2015年8月に誕生する、5000人規模のスポーツ大会、コンサート、コンベンション(会議や催し物)開催が可能な多目的施設「函館アリーナ」。その概要を紹介する動画が公開されました。

函館アリーナ紹介動画(YouTube)⇒こちら

正式オープン前の2015年7月には、函館出身で日本を代表するロックバンドGLAYによるこけら落とし公演が予定されています。今からワクワクしますね。

⇒前回のGLAY函館ライブのはこぶらレポートはこちら
⇒GLAYゆかりの地を訪ねる函館旅ガイドはこちら

旅先で自分のパソコンなどを利用したいとき、Wi-Fiサービスがあると便利ですね。

函館市内の観光施設でもWi-Fiサービスを利用できるところがいろいろありますが、このたび、函館山ロープウェイ山麓駅と金森赤レンガ倉庫でもFREE Wi-Fiサービスがスタート。キャリアを問わず無料でWi-Fiインターネット環境が利用できます。Wi-Fi接続方法は、館内のポスターをご覧ください。

問い合わせ 函館山ロープウェイ0138-23-3105
※山頂展望台のWi-Fiサービスは2016年の改修工事終了後の開通となります。

問い合わせ 金森赤レンガ倉庫0138-27-5530
(2014/11/29更新)

関連情報

当サイトのトップページに掲載している「函館山からのリアルタイム画像」(函館山ロープウェイ提供)。山頂からの現在の眺めが、いつでもどこでもパソコンやスマートフォンから見られると、大好評です。

このたび、カメラがハイビジョンに切り替わり、よりワイドで美しい光景が見られるようになりました。この画像をクリックすると、山頂からの景色が別ウィンドウの大きな画面に! 元町の教会群や坂、緑の島、港の摩周丸など街の細部までよくわかり、遠くには五稜郭タワーも。クリスマスシーズンになれば、ベイエリアのツリーも見えることでしょう。もちろん、視界の悪い時にはそのままの画像が送られてくるので、夜景観賞のチェックにも利用できます。雲海の風景や雪景色など四季の光景や、夕暮れ、朝焼けなどもリアルに映し出すライブカメラ、ぜひチェックしてみてください。⇒トップページはこちら

●画像の更新は2分間隔、最新の画像は、お使いのブラウザで「再読み込み」ボタンまたはキーボードのF5キーを押すと表示されます
●山頂の天候によっては景色が見られない場合もあります
●スマートフォンの場合は、中ほどの「函館山からのリアルタイム画像」バーの+をクリックし、細部はピンチ(指で拡大)してご覧ください


141113G02.jpg

(クリックすると拡大します)

全国で最も魅力的な街は、函館!

ブランド総合研究所による「地域ブランド調査2014」の、市区町村の魅力度ランキングで、函館市が第1位に輝きました。2009年以来、2度目の第1位。続いて2位が札幌市、3位京都市、4位小樽市、5位横浜市......という結果になっています。

秋の函館は、紅葉で街が染まり、夜景もひときわ煌めきを増す時。海の幸、山の幸も豊かな季節を迎えています。魅力いっぱいの函館に、ぜひお越しください!

⇒地域ブランドニュースはこちら

2015年度末開業予定の北海道新幹線のPR動画、「つながる!ひろがる!ドミノ編」が公開されました。

このドミノは、2014年9月17日に、函館と青森の学生がチャレンジした「新幹線ドミノ大会」で制作されたもの。青函トンネルの長さ(53,850メートル)にちなんだ53,850個のドミノを使って、北海道新幹線や沿線地域の魅力を表現しました。スルメイカが倒れたり、海を渡ったりの仰天ドミノをはじめ、青森のねぶた、函館山とロープウェイ、大沼と駒ヶ岳など、ユニークな仕掛け満載の大ドミノは圧巻です。ぜひご覧ください。


函館山の山頂展望台まで3分、極上の眺望へと誘うロープウェイのゴンドラがリニューアルされます。

1997年から運用されている4代目に代わる新ゴンドラは、同じく125人乗りで、ガラス面が大きくなったことによって窓外の風景がよりダイナミックに楽しめます。シルバーメタリックのボディに、ロープウェイの生命線といえるワイヤーロープと函館山の自然がシンプルにデザインされ、周囲の自然、空や雲、夕焼け、夜景などを映しながら運行する姿も人気を呼びそうです。⇒詳細はこちら

新ゴンドラの運行は、函館山ロープウェイの運休期間が終了する2014年11月7日(金)より。

問い合わせ 函館山ロープウェイ0138-23-3105 ⇒ロープウェイ概要

続きを見る
2015年8月のオープンに向けて、現在建設が進められている函館アリーナ。大規模なスポーツ大会やコンサート、各種コンベンション(会議や催し物)の開催が可能な施設として注目されていますが、函館出身で日本を代表するロックバンドGLAYがそのこけら落とし公演を開催することが発表されました。

メインアリーナの最大収容人数は5000人。どんなコンサートになるか、楽しみですね。公演スケジュール、チケット販売の詳細は現在調整中。決まり次第ご案内します。

⇒函館アリーナの詳細はこちら
⇒前回のGLAY函館ライブのはこぶらレポートはこちら
⇒GLAYゆかりの地を訪ねる函館旅ガイドはこちら


140922G02.jpg


ワンコイン(500円)丼が人気の函館朝市「えきに市場」の食堂で、津軽海峡産クロマグロを味わう「函館 海峡まぐろ祭り」が始まりました。 

北海道と本州の間の津軽海峡で獲れる「海峡まぐろ」は、美味しいまぐろの代表として全国的にも注目の的。松前産、戸井産、大間産など、その時期に美味しいまぐろを手軽な価格で食べてほしいと、特別メニューを用意しました。海峡まぐろ丼ぶり、海峡まぐろ刺身定食(税込各980円)、海峡まぐろ三種盛り刺身定食(税込1500円)など。旬の味覚をぜひお楽しみください。

提供店 函館朝市「えきに市場」2階食堂
問い合わせ 0138-22-5330

関連記事


アメリカのミュージシャン、ファレル・ウィリアムスの「HAPPY」が世界中で大ブーム。軽快な音楽に合わせて踊る動画が次々に生まれて話題になっていますが、このたび函館版が誕生しました。

大門グリーンプラザ、五稜郭、八幡坂、公会堂、赤レンガ倉庫、摩周丸、函館山など、おなじみのスポットが登場するほか、函館のみんなの元気な笑顔とはじけるダンスがお楽しみいただけます。

出演、撮影、編集は、全て市民ボランティアによるもの。全編iPhoneで撮影されたという力作です。函館の空気が感じられる動画を、ぜひご覧ください。


?