トップに戻る
ピックアップニュース一覧
大手旅行会社HISが、SNSで100万人の旅好きに聞いたアンケートをもとに行った「この春に行きたい! 国内の春の絶景ランキング」で、函館の五稜郭公園の桜が堂々1位に選ばれました!

「星型の水堀を囲う1600本もの桜が見事」と紹介された、隣接する五稜郭タワーから俯瞰する絶景は、圧巻の美しさ。桜のアーチの下、堀の周囲を散策するのもおすすめです。

この春は、ぜひ五稜郭公園のお花見にお越しください。

関連記事

JR函館駅前の地元密着型デパート、棒二森屋のアネックス館が2016年3月26日にリニューアル!

1階には新スポット「はこだてスイーツ&cafe」が、3月19日に先行オープン。函館の人気スイーツショップの生菓子がテイクアウトできるほか、イートインスペースでお好きなスイーツが味わえます。地階のおみやげ売り場も、定番みやげのほか、青函連携商品など品ぞろえを拡充。外国人観光客向けのTaxfreeカウンターも設置されます。

アネックス館では、観光や交通など、旅行中に嬉しいインフォメーション機能もアップ。本館地階には「食品館」もありますので、旅の途中で立ち寄ってみてはいかがですか。

営業時間 10~19時
問い合わせ 0138-26-1211
(2016/3/19更新)

続きを見る
北海道新幹線開業に向けてリニューアルが進められてきたJR函館駅の「駅ナカ」が、2016年3月15日にグランドオープン! 

チーズオムレットが人気の「ペイストリー スナッフルス」、塩ラーメンの「函館麺厨房あじさい」など、函館や近郊の人気店がずらりとそろい、函館駅でのお楽しみが広がります。

問い合わせ 北海道キヨスク011-271-3105
(2016/3/15更新)

続きを見る
函館の旅行中、急に雨が降ってきたら......? 市内の交通の拠点である6カ所に、誰でも利用できる貸し傘が設置されます。函館のロゴマークが入った大きめの透明傘で、借りた場所と別の所に返却してもOKです。

設置場所 JR函館駅、JR五稜郭駅、函館空港(出発ロビー・到着ロビー・国際線ロビー)、青函フェリーターミナル、津軽海峡フェリーターミナル、函館バス函館駅前案内所
期間 2016年3月26日~2017年3月31日(予定)
※以降の継続も設置場所ごとに検討
問い合わせ 北海道新幹線新函館開業対策推進機構0138-23-1181

3月26日に開業する北海道新幹線・新函館北斗駅。それに先がけて、駅舎の建物内に北斗市観光交流センターが3月19日にオープンします。

センター内には、観光案内所、地元産品のアンテナショップ、「弁当カフェ」を併設する休憩スペースなどがあり、旅の楽しみがふくらみます。

営業開始 2016年3月19日(土)11時
営業時間 9~19時(3月19日は11時から) 年中無休(予定)
施設案内はこちら(下記にチラシあり)
所在地 北斗市市渡1丁目1番1号
問い合わせ 北斗市観光協会00138-74-3566


160227G02.jpg


明治12年創業の老舗洋食レストラン・五島軒本店で、ゴールデンウィークスペシャルとして、人気の「カレーバイキング」が実施されます。伝統のイギリス風カレー、マイルドなフランス風カレー、ガツンと辛口インドカレーなど、本格派カレーが60分食べ放題!

期間 2016年4月29日(金・祝)~5月1日(日)、5月3日(火・祝)~7日(土)
時間 60分食べ放題。ランチ11:30~14:00(ラストオーダー)、ディナー17:30~20:00(ラストオーダー)
料金 大人1800円、小学生1200円、幼児600円、4歳未満無料
メニュー イギリス風カレー、フランス風カレー、インド風カレー、お子さまカレー、ハヤシビーフ、コーンポタージュスープ、ハンバーグ、ポークカツレツほか
場所 五島軒レストラン雪河亭(末広町4-5)
問い合わせ 五島軒0138-23-1106

関連記事 

2016年4月24日、函館地方気象台によって桜の開花が発表になりました(詳細はこちら)。これは、気象台が定めた五稜郭公園の標本木で観測されたもの。異例に開花が早かった昨年より3日遅く、平年に比べると6日早い開花となりました。また、4月26日には満開が観測されました(詳細はこちら)。


2016年の五稜郭公園・函館公園の夜桜電飾、函館公園の露天営業は、5月10日(火)まで予定されています。

(写真は4月24日撮影。五稜郭公園・箱館奉行所前/編集室A、函館公園・噴水広場/編集室M、桜ケ丘通/田村昌弘)


160424M02.JPG
関連記事

(2016/4/26更新)

160424TAMURA.jpg


2016年3月26日、ついに北海道新幹線が開業しました!
 
東京~新函館北斗が最速4時間2分。北海道から九州まで、新幹線でひとつにつながり、特に関東地方や東北地方から、北海道の旅の可能性が大きく広がります。

函館の観光情報をお伝えしているこのサイトも、トップページのデザインを一新。今後も、新しい函館の旅の魅力をどんどんご紹介していきます。新時代を迎えた函館で、皆様のお越しを心からお待ちしております!!

⇒ブルーインパルスの祝賀飛行の動画はこちら
⇒北海道新幹線情報はこちら

(写真提供:JR北海道)

街歩きを楽しみながら、レストランやカフェで自慢の料理とドリンクを味わう「函館西部地区バル街」。北海道新幹線の開業でにぎわいをみせる2016年春は、4月22日(金)の開催です。

前売りチケットの販売はこれまで1カ月前からでしたが、今回は新幹線開業をふまえて、参加店やプレイガイドなどでの販売を1週間早めの3月15日(火)に開始します。インターネット予約は、これまで通りの1カ月前、3月22日(火)からです。詳細は公式サイトをチェック。

なお、前売りチケットはチケット5枚とマップのセットで、1冊3500円(当日は4000円)。1枚のチケットで1軒の「ピンチョス(つまみ)+1ドリンク」が楽しめます。

冬の間、休業していた函館公園の遊園地「こどものくに」が、3月19日に2016年の営業を開始しました。

園内には、飛行機、観覧車、メリーゴーランドなど12機種の大型遊具がありますが、そのひとつがこの春、嬉しいリニューアル! 観覧車の周囲を走る「新幹線」が、深いグリーンの「やまびこ号」から、エメラルドグリーンにパープルのラインが入った北海道新幹線風「はやぶさ号」にモデルチェンジしました。

4月下旬には桜も咲きはじめて、いっそうにぎやかになる函館公園。ファミリーでの旅行におすすめです。

営業期間 例年3月下旬~11月下旬
営業時間 平日11~16時、土日祝・春休み・夏休み・ゴールデンウィーク中10~17時
休業日 天候不順日
料金 入園料無料、大型遊具1回300円、回数券(8回分)2000円
問い合わせ 函館公園「こどものくに」北海興業0138-22-5039